FX投資でスキャルピングを活用するための4つの考え

FX投資におけるテクニック『スキャルピング』について

この言葉の語源はなんとアメリカのインディアン。スカルといえば頭蓋骨。頭の皮を薄く剥いていくというイメージですね。実際に、大きな利益ではなく薄くても確実に利益をもぎ取る事を主体にしたテクニックなのです。では、実際にどのようなテクニックを使っていくのかをご紹介させて頂きます。

スキャルピングが行える生活リズムかどうかを考える

まず、スキャルピングを行う際に覚えておかなければならないのが相場の持つ特性や習性です。例えば、一定の期間内というのはしっかり一定方向に動く習性を持っているのです。

そこでスキャルピングの登場です。例えば、慣性の法則を想像してみてください。滑りだしたら、そのまま一定方向に動いていきます。これを狙うのがスキャルピングなのです。

FXにも様々な期間があります。長い期間で考える方もいますし、いわゆるデイトレードと呼ばれている短期での取引もあります。しかし、スキャルピングの場合はそれよりも更に短い期間を狙っていくのです。

そこで考えておきたいのが自分はどの期間を利用した手法に最も合っているかという点です。まず、この手法を使うには集中して見る事が求められます。そこで、本業を他に持っている場合にはあまり向いていません。

逆に、主婦の方のように自由に使える時間が多い方が向いています。実際に主婦の方でスキャルピングを活用し、多くの利益を出した方もいらっしゃいます。まずは、この手法が自分の生活スタイルに合っているかどうかを考えましょう。

集中力や素早い判断が行えるのかどうかを確認する

スキャルピングは若い方に向いていると考えている方も多くいらっしゃいます。

例えば、多くのテクニカル分析というのは知識や経験が求められます。スキャルピングを使用する際も同様でやはりそれらが必要になります。しかし、どちらかというと瞬発力を必要とするテクニックなのです。

スキャルピングを行う際にはチャンスを見逃さないように、常に相場を見続ける必要があります。これは、慣れていない方にとってはなかなか苦痛です。更に、集中してモニターを見続けるというのも、実はかなり体力を消耗してしまいます。

そこで、集中力が欠けてしまうと、うまく利益を出す事が出来ません。

そこで、必要となるのは相場を見続ける集中力と反射神経の高さです。判断に迷っているとチャンスを失うだけではなく、ロスの危険性も出てきてしまいます。

そこで、その両方を自分が兼ね備えているのかどうかもスキャルピングを使用する上で重要な要素となるでしょう。

ちなみに、何かしらのトラブルを予想する事も大切です。最低限の証拠金だけを入れておくようにしておきましょう。トラブルがあった時には強制ロスカットで終われる形にしておくのが理想的ですね。

スキャルピングには適した時間帯がある

スキャルピングには、実は行うのに向いた時間帯があるのです。

そのため、その時間帯に自分が行えるのかどうかというのも重要です。まず、行うにはどの時間帯でも可能です。しかし、なるべく利益を出すのであれば、ある程度動いている時ではないといけません。

そこで、動きやすい時間帯を狙うというのがテクニックの1つです。しかし、逆に利益は少なくても良いからしっかり覚えたいという初心者の方であれば、あえてその時間を外すという事も可能です。

このポイントとなる時間ですが、ドル円が買われやすくなる東京指標発表や、大口顧客の取引によって値が大きく動く事もあるロンドンフィキシング等を狙っていくのが基本になります。

しかし、初心者の方であればまずは東京やヨーロッパの市場をおすすめ致します。なぜなら、大きく動いた場合に対応出来る力が必要になるからです。その点、東京市場やヨーロッパ市場は比較的穏やかであり、尚且つ予測がしやすいというメリットがあります。

まずは、こういった市場で特徴を掴んでから向いている時間帯に挑戦してみてください。

通貨ペアとチャートを判断する

では、実際にどの通貨ペアがスキャルピングに向いているのか、またどのチャートを利用すれば良いのかご紹介致します。

まず、スキャルピングの特徴は掴んで頂けたでしょうか。つまり、瞬間的に動くそのチャンスを逃さないテクニックなのです。そのため、一定以上値動きがある通貨ペアを選ぶ必要があります。

また、忘れてはいけないのがコストの問題です。何度も取引をしていくため、コストがかさんでしまいます。そこで、ドル/円のようなコストの小さいペアを選びましょう。

チャートは、ボリンジャーバンドと併用して見ていくのが好ましいです。ボリンジャーバンドはいわゆるテクニカル指標の1つで、計5本で構成されています。標準偏差と変動率が盛りこんであるため、非常に便利で使い勝手が良く、基本的な指標とされています。

まずはどの通貨ペアを選ぶののかを決め、チャートを設定すれば後はタイミングを読んで取引を行うだけです。初心者の方であればトレンドに沿っていくのが無難ですね。また、何よりスキャルピングそのものに慣れていくのが大切なのです。

まとめ

  • スキャルピングが行える生活リズムかどうかを考える
  • 集中力や素早い判断が行えるのかどうかを確認する
  • スキャルピングには適した時間帯がある
  • 通貨ペアとチャートを判断する

編集後記

今回はスキャルピングについてご紹介させて頂きました。

実際にFXのテクニックの中でも有名なうちの1つです。特に、確実性が高いとしてこの手法を用いて成功する方も出ています。そういった方の動向が注目されている事もありますね。

時間がある方限定にはなってしまうものの、リスクも低く初心者の方にもおすすめできるテクニックの1つですので是非実践してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

FX投資でスキャルピングを活用するための4つの考え
Reader Rating 1 Vote