ボリンジャーバンドにおけるボラティリティブレイクアウトとは?

shutterstock_264416831

ボリンジャーバンドにおけるボラティリティブレイクアウトについて

いわゆる手法の一つですね。しかし、一体どういった手法が実際にはボラティリティブレイクアウトとなるのか、いまいちわからないという方も多いかと思います。そこで、今回は初心者の方向けに単語をわかりやすく解説させて頂きます。それでは、ゆっくりご覧ください。

1.ボラティリティを改めて理解する

まず、改めてボラティリティについて復習しておきましょう。

これは、ボリンジャーバンドにおけるいわゆる変動幅の事です。ボラティリティが大きい、という事は変動が大きいという事。バンドが広がれば大きく変動しているという事ですので、ボリンジャーバンドと併せて考えるとわかりやすいですね。

この変動幅についてですが、小さいとスクイーズ、大きいとエクスパンションと呼ばれています。よく、このスクイーズとエクスパンションが交互に変動していく事が多いですね。

まず、ボラティリティブレイクアウトを覚えるにはこのスクイーズとエクスパンションという言葉に慣れる必要があります。FX投資を始めると、今までには全く縁が無かった単語を連続して覚える必要がありますね。

そこで、まずは一つずつ整理して覚えておく必要があるのです。

まず、ボラティリティとは変動幅の事。この変動幅が大きくなるとエクスパンション、小さくなるとスクイーズとなります。そして、これを利用した手法がボラティリティブレイクアウトです。

2.モメンタムについて理解する

次に、モメンタムについてご紹介させて頂きます。

これは、とある性質の事です。まず、相場というのは一度動き出してさえしまえば、基本的にはその方向へ進みます。よほど大きな反対側の影響が無い限りはそのまま進んでいく傾向があるのです。

そして、この性質の事をモメンタムと呼びます。そして、ボラティリティブレイクアウトはこのモメンタムを使った手法の一つなのです。そのため、まずはこのモメンタムについてしっかり理解しておきましょう。

つまり、相場が動き出す瞬間を見極める事こそがボラティリティブレイクアウトで最も重要だという事ですね。しかし、このタイミングを見極める事こそが最も難しいのです。

大きなチャンスになるという事は、一歩間違えれば大きな失敗にもなりかねないという事ですので、リスクがそれだけ大きくなってしまいます。

どうすればこのチャンスを逃さずに済むのか、ボリンジャーバンドは便利なテクニカル分析ですが、読み違えてしまうと大変なマイナスになってしまうので注意しましょう。


基本的に、ボラティリティブレイクアウトとはある一定の値幅を見ていきます。そして、そこが上がったら買い、下がったら売りというのが基本になります。

そこで、エクスパンションやスクイーズといった先ほどの単語が出てきますので、しっかり再確認しておきましょう。

この値幅の計算方法ですが、人それぞれスタイルによって異なります。

例えば、ボリンジャーバンドではなくATRを使ったものの場合は過去一定期間においてのATRの数倍という式もありますね。

このように、人によって異なるという事は、それに付随する手法も人によって取るべき手段が異なるという事です。これはどんなテクニカル分析においても同様です。もちろん、基本というのは存在します。

しかし、個人個人に合わせて数式を使っていくというのも必要ですね。

特に、ボリンジャーバンドだけではなく、他のテクニカル分析を組み合わせて使う場合には、これらの数式も変化する場合があります。ネット上ではこの値幅を出す式においても前例が出ているので参考にしましょう。

では、ボリンジャーバンドを使ってのボラティリティブレイクアウトについてもう少し実践的に考えていきましょう。実際、ボリンジャーバンドは逆張りで使う方が多いのですが、専業トレーダーの中には、ボラティリティブレイクアウトを利用した方がその精度は高いというご意見もあります。

そのため、しっかり覚えておきたいポイントですね。

まず、スクイーズからのエクスパンションを利用します。例えば、エクスパンションが確定した時点でエントリーを行います。そして、勢いがついていくとそこで利食いを検討し始めますね。

しかし、ここで注意したいのは反発があるという事です。FX投資を行う際には、だましと反発はお馴染みですね。この反発を見極めて粘る事によって、大きな利益を出せる可能性も存在しています。シンプルだからこそ迷ってしまうポイントではあるのですが、ここでこそうまくテクニカル分析を組み合わせ、最上の結果を狙っていきましょう。

編集後記

今回はボラティリティブレイクアウトについてご紹介させて頂きました。よく聞く言葉ではあるものの、実際にはどのような手法であるのかいまいちピンと来ないという方も多いのではないでしょうか。ボリンジャーバンドを使っていく上で、基本的な戦略です。プロトレーダーも多く使用している分析法の一つですので、しっかり覚えておきましょう。また、他の分析法と組み合わせて使う場合には、その組み合わせについても注意しておきたいところですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ボリンジャーバンドにおけるボラティリティブレイクアウトとは?
Reader Rating 1 Vote