誰かに必要とされてからお金は増える

shutterstock_249011923

誰かに必要とされてからお金の増える状態を呼び込みます

お金は黙っていたら入ってくることはありません。

それは誰かが間違えていれてしまっただけです。

見に覚えのない入金は確実に忘れているだけのことで何かしら起因があるのです。

俗に言うマルサは数字はうそをつかないといいます。

物質と同じですから動きも停滞も必ずそこには規則があると言います。

ゆえに稼いでもいないのにお金が流れてくるわけは無いのです。

そうしたお金の事件では、政治家はしらないと言うことをニュースでよく見ますが、最近では見に覚えが無いといいます。

何故入ってきたのかがわからないと度忘れを強調していいわけをしてます。

それはつまり、必ず何らかの形でお金は動くものだと言うことを意味してもいます。

つまりもしお金を増やしたいと思うのであれば増やすきっかけになることをしなければならないということです。
どんな方法があるのでしょう?

転職

一番はお金がたくさん入る職業に就くことです。

今手取りが20万であるならば単純に21万、25万といった具合に多くなる仕事に就くことです。

つべこべはいえません。

条件だの制度だの自分のコンセントに合う仕事といった自己の価値観を会社に求めてはいけないのです。

自己の価値観は金額だけです。幾ら幾ら欲しいからその仕事をえらぶということです。

食べなければ死んでしまう状態の時に、カレーじゃなきゃ嫌だとか、やっぱり味噌ラーメンがいいなどという人はいません。

生きるためのエネルギーになるのならば人の肉だって食べて生き抜くしかない、どこかで映画化された状況と同じなのです。

副業

今の仕事をしながら増やしたい場合にはどうでしょう?

止めて仕事を変えなければならないほど逼迫はしていない。しかし、仕事が出来る余力はあるので働きたい場合には、
副業としてアルバイト等をするのがいいです。

会社によっては禁止されていることですが、友人の引越しの手伝いや地域の清掃に参加して手当てをもらうなど、明細に関わる類の物ではないケースだってあります。

また、ネット利用による古物の個人的放出であれば常習的ではないのでうるさくいわれることではありません。

これは車の下取りと同じ理屈で、中古車などを売る場合の差額が発生すること等です。40万で売れた自分の車で30万で新しく車を買った場合には収入が生まれます。

その他古物に関わらず、自分の描いた絵が幾ら幾らで買い手が決まったと言う作品に関する収益もそうです。

すべて本業以外の副業の類になるのです。

持っているものの運用

資産運用という方法もあります。この場合には生業以外にある財産を利用した営業活動です。例えば土地を持っている場合には駐車場にしたりアパートにしたりして土地を家賃売り上げから活用させる方法なのです。

もちろん株式投資ということもあります。

しかし、実際には土地は管理しなければ価値はありません。放って置けば草はボーボー、アスファルトはひび割れ欠落、駐車場無いの利用者同士のトラブルにも駆けつけなければなりません。

大家であればこれもまた建物管理から苦情や改善を余儀なくされるのです。

金品に関する売り買いも博打のニュアンスが強いですから損をすることも多々あります。

運用といえば聞こえはいいですがそれほど手硬いものではないのです。

むしろ大地主のように立派な建物や広大な土地を保持し、その運用自体が生業である人のみが売り上げとして莫大な金額を上げることだとさえいえます。

多機能が一番いい

最近の傾向ではしっかりと働くあるいは、長く働くと言う安定が前提にあります。サラリーマンは生涯2億円近く稼ぐと言います。

そんなおいしい職業をまじめにやらないで副業などは賢い選択ではないのです。

まずは、その会社で一番の稼ぎ手になることをやってから次のステップに行くべきです。

もし、次のステップまで待てないと言うのならば、配偶者が居れば共働きしかありません。共同で稼いで収入を増やすことで一気に問題は解決です。

独り身でそうした稼ぎ手が居ない場合には、自分を稼がせる道具に見立てるしかありません。

機能の充実です。

エアコンは最近は埃まで吸い取ると言います。ある種の掃除機です。

スマホは電話だけではなくカメラもつきビデオも付き、インターネットも出来ます。全てパソコン並みに高速で処理できます。

エクセル機能やPDF機能までついています。

このように一つのものがいくつ物機能を持ち合わせることで利用価値をたかめる、多機能な自分を磨き上げればいいのです。

最近のOLでは英語や簿記の資格をとること以外に一見関係のない野菜のソムリエ教室に通い資格を取ったり、
クレーンや重機を操る学校に通ったりするケースもでてきました。

出世のチャンスをつかむためで、日本の企業内では関係のない分野でも、
海外支店に行けばその資格によって様々なシュチュエーションに対応できる現場サイド的な発想があるといいます。

語学まで堪能であれば小さな事務所で現場に赴き指示を出せるエキスパートとして重宝がられます。

別に転職するための資格取りなどではないのです。

利用価値のあるスタンスをつくる

まだ余力があるのであれば、個人HP作成を行ったうえのアフォリエイト収入と言うことだってあります。

金額がつき額にして少ないのは最初だけです。

ブログやHPでヒット率の高い人はそれだけ広告をうってもらえるチャンスが多いですし実績がでればコンスタントな
掲載も行えます。

ブログやHPで使われる埋め込み式のネイティブ広告などはまさに格好の収入源です。

また写真技術が優れているという特技があるのならばそれを利用して業者に売り込むあるいはネットで販売することも可能です。

面白画像や映像を買う業者もいるくらいですが、企業やサイトでは無断写真転載はNGです。

お金を払ってそれを使用するのが常識です。

インターネットは文字による情報提供が2割にも満たない代わりに、見て判断しその内容の説明文章が着いて始めて価値がある、まるでカタログのような世界です。

ですから必要な画像を持っていることがインターネットでは重宝がられるわけです。

その会社にとって居なければならない人になること

どんな世界であれ、物になるにはそうとうな時間と経験がいります。3年や5年程度でその会社のことや仕事をわかったような口のきき方で非難してはいけません。 当然収入が少ないなどもってのほかです。 少ないのは少ない能力しか持ち合わせていないのだから仕方ありません。 ゆえにまずは能力を高める修行だと思い、皆が働く倍の努力をすることが先決です。それでも実生活で苦労するのならば配偶者との共稼ぎを。 居なければ会社に影響が出ない程度に副業をということです。しかし本業を必死にやっていくと出世も早く気が付けば副業はやっていられないという事になっていると思います。 なぜならば、先人の先輩たちでどんどんトップに上り詰める人で浮気をした人などいないからです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

誰かに必要とされてからお金は増える
Reader Rating 1 Vote