お金を増やす方法「複数の収入源を持つ為に必要な事とは?」

shutterstock_277863239

お金は拾えばもうかりますよ。

簡単なことです。入る場所をふやすしかありません。
ドラえもんでもいれば特別な方法でふやせるかもしれません。

タイムマシンで未来にいき、確実にあたる数字選択式の宝くじを把握しておけばいいからです。

しかしそれは現実的ではありません。

また、銀行にあるお金を許可なく、自分のものにする方法もあるでしょう。

しかしそれは、犯罪によって増やすことですから、賠償しなければなりません。

しかも入ってきた以上に過酷な代償です。
ではもっと堅実はやりかたはないのでしょうか?

収入源を見出す作業

あくまでも現実的なやり方を考えたとき人のとる行動はいくつもないものなのです。

収入源が今以上の仕事に帰る。
勤め先がゆするならアルバイトを掛け持つ。

配偶者がして働いていないのでしたら共働きにする。
さらには不要なものを処分してお金にかえる。

お金とは便利なものです。
物々交換をしていては広大な土地が無い限りやっていけないものです。

お金にとって返られるものはその価値の対価として支払われるのですから、対価となるものを増やすしかないのです。

持っているものを処分するとは増やす作業の合理的なやり方といえます。
車や家をお金と交換する事だって立派な収入方法です。

収入源を見出せれば今すぐにやれそうなことからやるべきです。

一番の儲け上手者がいます。

ただ、だまっていたら増殖してふえてくるという他人まかせなやり方で増やそうと考える人はとてもおおいはずです。

一番は株やfxです。
しかし、これはギャンブルと同じですからそうそう儲かるばかりなことではありません。儲かったらラッキーといった、宝くじ的なものです。

そうは言ってもそのことに終始考え及ぶ人もいます。理由は楽だからです。

仕事とは汗水流して、嫌なことも我慢して、相手のことを思いやってという仕事の三段活用を避けたいという人ならば研究してやる方がよほどいいものです。

資産活用、土地活用と言う方法もあります。

転売や家賃収入といくこともあります。
決して悪いことではなく、その物件を買って維持できるだけのパワーや考えがある人が行うべきことなのです。

特にそのやり方で成功させる人がいます。
会社経営者です。社長です。

何千人も使いやらせて儲ける体制を作り上げた最高のエキスパートです。

自分なりに出来そうなことをやる

怠けて、労せずしてお金を増やそうとするのは嫌だ。
そうは言ってもあまりにも辛い、朝から新聞配達をしてお金を増やすようなことをしていたら日中会社にいって仕事している最中に死んでしまうかもしれません。

中間で無いものかを考える。
それは殆どこうした悩みを抱えている人が選ぶ道だと思います。

簡単な方法はインターネットを利用した方法です。
以外に調べたり、あるいは知識がないと進まないものゆえ自分なりに働いている感は持てることでしょう。

内容的にはアフォリエイトや情報提供です。

ブログやSNS等をもっていればそこに広告を貼り付けて宣伝とあるいは商品購入の流れからお金が入るということです。

情報提供とは飲食関連の穴場や旅先の穴場情報から、そうした場所の写真撮影付内容の掲示です。

口コミで広めることもわずかならがら収入が入ってきます。

好きこそ(隙こそ)ものが売れるのです。

一番肝心なことは、好きであることです。

メインの仕事を持っているのですから、せめて副業に関しては辛くなるような嫌々やるような仕事は駄目です。
作業と楽しく趣味の延長でやれるようなことでお金が入ってくる道を作ることが出来たならば最高です。

趣味といえば、その趣味を同じように求める人がいるかどうか、仮にいたらどの程度の人口なのか考えて調べてみるのもいいです。

釣りが好きで細かな道具を手製で作るほどの愛好家。
ならばそれを丁寧に作って売ればいいのです。

フライフィッシングという西洋の毛ばり釣りがあります。

仕掛けはいたってシンプルで針には鳥の羽をきれいに巻いて、水面に向かい投げ込むだけです。

水面に着地した毛ばりがまるで空を飛ぶ虫のように見え、魚が誤って釣られてしまうというものです。

小さな大豆ぐらいの大きさしかないその針は作らなければ釣りにならず買えば中々の値段です。
ゆえに手製になるのですが全員が作れるものではありません。

シーズンになると家族でやってみようというグループが増えます。

しかし、初心者ゆえに作れません。彼らはそうした状況の中高いお金を払って買うのです。

消耗品ですから買っても買っても足りないのです。もしリーズナブルで買えたらな大喜びです。
そうした人はネットで情報を収集しますから、格安で販売してあげれば一発でファンになると思います。

この毛ばりでこれだけの魚がこんな状態で釣れましたなる、ノウハウ付きの紹介ページで掲載すればトップになること請け合いです。

世の中には本来はタダはない

よく縁日や駐車場に来る屋台の撤収日に、その現場に時間差で行ったものです。

理由は砂利が敷き詰められたそうした場所は小銭が石のデザインと色彩にまぎれて転がっていることが多いからです。
主婦が買い物した時に誤っておとした10円や50円そうしたものを子供の時に良く拾っていました。

拾得物の着服ですから本当はいけません。

しかし、実際にはお金というものはお金に換わるものという形が全く異なった状態で落ちているものなのです。

道端に生える雑草の代名詞、ノビル。春先のそれはきれいな場所で伸びて活きていれば立派な食材になります。
ちょっとした料理教室で振舞えば「エシャロット」なるおしゃれな名前にかわります。

先生の目にかかれば商品として生まれ変わったりもします。つまりこの世の中のものはただは無いのです。

お金の悪口はいけません。確実に入るためには頭をさげていかなければなりません。

経済を勉強しない人は駄目です。 経済とは何を売ったら儲かるか四六時中考えることです。 何がもとめられ、何が不要なのか。不要の中で再利用あるいは処分するとどれだけロスが出てあるいはコスト高になるのか。 一々会社がするような事を個人でやるのです。 勤め人でしたら会社があたえる作業をこなせばお給料がもらえることでしょう。 しかし、お金を増やすとなった場合には一起業家としてお金を稼ぐ側に回らなければならないのです。 増やすということは棚においておいたお金がまるで賽銭箱が増えるかのように増えるものではありません。 自分から賽銭箱をもって持っている人から回収してくるようなシステムを作らない限り増えないものなのだということを覚えて置いてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金を増やす方法「複数の収入源を持つ為に必要な事とは?」
Reader Rating 7 Votes