小遣いが欲しい!サラリーマンの自由さがどんどんなくなる辛さ!

shutterstock_156031895

小遣いは自分で稼げ!様々な金融商品で頑張る男たち

FXがここまで日本で根付いた理由は、ネット証券の相次ぐ低スプレッドにあります。

危険もあるデリィバティブ、ですが金融庁の規制が25倍までという枠を決めたことから、小遣い稼ぎのいいアイテムになっているのも確かでしょう。

FXはオススメか?

FXは円と米ドルの為替取引の際のレートが毎日刻々と変わることから、その間で買ったり売ったりする差益で儲けようとするもの。

ただ、1万円程度の日本円では100ドルにも満たない米ドルしか購入できません。ですが、レバレッジは最高で25倍なため、1万円でも2,500ドル弱のお金が購入できるわけです。

このレバレッジのおかげで、10万円を元手に25,000ドルもの米ドルを購入し、逆にドルを売り円を買う際に為替レートで有利ならば、儲けが出てきます。この儲けは25倍分ですが、これを続けることで、着実に自分のお金の何倍もの利益を生み続けることができるわけです。

最近はマニアック通貨である南アフリカ共和国のランド、あるいはトルコリラも取引されています。ですが、基軸通貨である米ドル、英ポンド、ユーロと日本円の4極に絞って為替取引をすることが基本。

豪ドルも面白い外貨ではありますが、為替取引量が4極よりも少ないことがネック。やはり動きがある方が儲けや損切りのタイミングで掴みやすいのです。

FXは多くの人が利用していること、そしてネット証券でも簡単に口座が作れることから、まずはデモ体験するのがよいでしょう。これは体験しなければわからないことだらけですが、まずは10万円の軍資金が必要です。

日経225オプション取引も面白い

日経225オプションは、プロがよくやるもの…というのが多くの人の考え方です。

ですが、これこそ、システムトレードに任せるのが手っ取り早いといわれている金融商品の一つです。

言ってみれば、FX、はデイトレードの商品。そして日経225オプションは、マンスリートレードの商品として考えるのがよい、と言われます。まず、大事なのはポジション取りです。どこに最初の駒を置くのか、それさえ決まれば問題はありません。

FXと違うのは24時間取引が行われているのではないため、月一回の売り買いだけでも利益を確定してよいところです。素人はむしろFXよりもこちらを行なうべき、という専門家もいるほどです。

FXで失敗する人の典型は

基本的に、FX取引で借金を重ねるということは、物理的にはあり得ない話です。なぜならば、投資金額とレバレッジを考えても、もしバイバイで損切り必要と思われる前に、証券会社からロスカット通告があります。

つまり、口座にある残金が、証拠金とよばれる「基本料金」以下になる前に、取引が停止されるシステムがあるからです。

つまり、FXはお金を借りてまで取引させるようなものではないし、証券会社も顧客にお金を貸し付けるわけではありません。

要は、売り買いの際に顧客側が「いまロスカットされてしまえば、いままでの稼ぎが無駄になるので、追い銭を出しても買い支えたい」と、慌てて最寄りのATMにお金をつぎ込んで取引を続けさせることが原因です。

確かに、円高ドル安の局面で、どんどんドルを買い増ししていたところ、ますます円高が進んでしまった場合、売るに売れない状況が発生します。

つまり、いままで買っていたドルがどんどん価値を下げてしまい、利益が吹っ飛んでしまうことがあるのです。ですが、円高に振れれば、次はドル高に触れる…と誰しも考えますから「いまは我慢して買いだ!」となります。

ですが、手持ちのお金がないならば、キャッシングをしてまで投機し続けようと考えるのが勝負師。

そうしているうちに利益確定をしなければならず、なんとかトントンにまで戻したものの、借金だけは残ってしまう…ということがよくあります。これがFXでの借金地獄の一丁目、というものです。

 

アルバイトは大事

小遣いを稼ぐにはどうすればいいんでしょうか?やはり、これは趣味と実益をかねるものが一番でしょう。パソコン教室の講師をしている人もいれば、合唱団の指揮を専門にお金をもらっている人もいます。

週末だけちょこっとバイトをするのだったら、やはり楽できるものが一番です。

ネットでは「せどり」もいいですが、ヤフオクなどではいちどでも評判が悪ければ、あとあと取引がなくなってしまいます。ですから慎重に行うのが絶対でしょう。

サラリーマンとして働く人が、どんな人生を歩みたいのか、それをよく考えてバイトしよう

学生時代のアルバイトと、社会人のアルバイトは全く趣が違います。

まず、体力勝負ではないもの。持っている資格を活かすもの。そして、できれば有給を使って行うなど、計画的に行えるものが一番でしょう。アルバイト情報などはあてになりません。

特殊な技能者が一番です。

サラリーマンの小遣い

FXは巷で人気な金融商品ですが、どうしてもギャンブル性が高くなってしまう欠点があります。ですから、10万円という持参金以外では勝負しないなどの制約をつけてやりましょう。 あるいはシストレなどの「コンピュータ任せ」で行うなど、月に3万円ほどが儲かるような程度で始めるのがよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

小遣いが欲しい!サラリーマンの自由さがどんどんなくなる辛さ!
Reader Rating 1 Vote