FX投資は難しくない!旅行に行きながら為替相場を理解する考え方

shutterstock_145171495

漠然とお金がないと悩む人も旅行のときにみる為替レートでFXを検討!

 旅行などに行くときに両替をしますね。

そのときのレートについてきちんと注意をしてみていますか。

レートは時々刻々と変化しています。

そのレートでお金を動かそうという金融取引を為替取引といいます。

その為替相場で儲けたり、損をしたり少しはしたのではないでしょうか。

その為替相場で取引をする外国為替証拠金の歴史と規制の理由、為替相場での先物の取引の税務上の扱いと、あなたの旅行で使える外貨をもっと大きくすることができるFX口座の利用方法をお教えします。

外国為替証拠金取引(FX)とは

 FXとは、外国為替証拠金取引と日本語で言います。

語源は、Foreign eXchangeからFXとなっています。

外国為替という以上、為替取引をしています。

為替取引は日本円とアメリカドルを交換することのような外国のお金と日本のお金を交換することです。

東京証券取引所のような為替市場は存在していません。

為替は銀行が他の銀行と個別に取引する銀行間取引の形です。

これをインターバンク市場といいます。

インターバンク市場では、それぞれの銀行がドルを買うなら、1ドルをいくらで日本円と交換するのか、逆に日本円いくらなら1ドルと交換するのかを提示し合っています。

このようなインターバンク市場には、ほかにコール市場、手形市場などがあります。

 証拠金取引とは、株式の信用取引と近いものです。

株式の委託保証金は3分の1を証拠金として拘束されますが、レバレッジ率は3倍ですが、FXは25倍と大分レバリッジの倍率が違うことがわかります。

10倍のレバレッジをかけたときに、自分の証拠金の9倍のお金を借り入れて運用していることになります。

当然、そのお金の金利を支払う必要性があります。

 このように、為替取引を、証拠金で信用取引として取引できるシステムを外国為替要古今取引とよび、FXと一般に言います。

外国為替証拠金取引の歴史

日本では、1998年4月の「外国為替および外国貿易法」改正によりはじまることとなりました。

一般に為替相場は銀行間取引のインターバンク市場と呼ばれるマーケットで為替取引が行われています。

その売買単位を小口化して証拠金を担保として個人投資家が為替市場に参入できるようにした金融商品です。

1998年にひまわり証券が日本で最初にFXを導入しました。

業界全体が急拡大したため、法整備や規制が存在しないまま拡大をし続けて、FX業界で破綻する業者が出始めました。

2005年前後にはFXを取り扱う会社が200社を超えるほどになりましたが、2008年のリーマンショックによりFX関連の会社が倒産や顧客資産の持ち逃げなどをする会社が増えたことにより、2009年4月には信託保全が義務付けられました。

また同時にロスカット・ルール、レバレッジの規制が行われました。

最大25までの取引までと規制が入ることとなりました。

そして、現在はすべてのFX取引会社で25倍までのレバレッジしかかけられなくなっています。

昔は、400倍、500倍などと法外に高い倍率のFX取引会社が存在していた模様だが、現在はすべて規制されて最高倍率25倍と一律になっています。

外国為替証拠金取引(FX)の手数料

売買手数料、口座維持費、スプレッド、スワップが費用としてかかります。

売買手数料は、売買の注文が約定したときにかかる手数料です。

ただし、この売買手数料は、最近では0円が当たり前になってしまって0円のFX取り扱い企業がとても多くなっています。

 FX取引会社を比較するときには、スプレッドに注意をする必要があります。

為替取引の特徴として相手通貨を1単位、1ドル、1ユーロを買ったときに、インターバンク市場での取引価格との差額をスプレッドといいます。

このスプレッドが全体に対してかかるので、一番高いコストとなっています。

 スワップとは、他の人の資金を使って、売買して外国通貨を持ったり、売ったりしている金利部分のコストです。

金利の高い通貨を買って金利の低い通貨を売っていれば、その差の金利を入手することができます。

しかし、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば自分がその金利の差額を支払うことになります。

FX取引の始め方

 レバレッジは低いものからはじめないと、怪我をしたときに大事故になります。

初めはレバレッジ1から3倍程度で初めて、10倍、25倍としておくことをお勧めします。

取引に慣れてからレバレッジをかけてシステムを理解してからレバレッジや取引額を大きくすることをお勧めします。

FX取引の税務申告

 FX取引でも、株式と同様の3年間の繰越控除が受けることができます。

株式取引では、損失を出した年に確定申告を税務署に提出すると、損失分が繰り越せて、翌年度意向のFX取引などの利益と通算して、利益を出して、税金が安くなります。

 ただし、株式とFXの損益通算はできません。

株式を売却したときにかかる税金は、譲渡所得です。

しかし、FXの取引の利益は、申告分離課税です。

つまり、FXの損益は、日経平均先物取引や商品先物取引となら損益通算をすることができます。

 株式の場合には、20万円を超えた人は、確定申告をする義務があります。

あるいは、損を出した人は、確定申告をすると税金が返ってきたりすることがあるし、あるいは損益を繰り越して翌年度以降の利益を減らす減税効果をもたらすことができます。

 また、税務申告で重要なものは、必要経費を申告できることです。

FXの税務申告をするときに、必要経費の申告をすることができます。

必要経費は、業者へのさまざまな手数料が代表的ですが、ほかにも、通信費やプロバイダ費用、資料を購入するためにかかった費用なども必要経費として計上することができます。

 源泉徴収という株式の取引では利益が出るとすぐに税金が聴取されるシステムがありますが、FX取引会社の口座にはありません。

 FX取引会社の口座での課税対象の種類は3種類あります。

一つ目は、決算しない限り風いたしようとならない種類があります。

このタイプは、含み益もスワップも決算しない限りは課税対象となりません。

一番わかりやすいです。

二つ目は、含み益は対象とされないがスワップは課税対象となる種類があります。

含み益課税対象にはなりませんが、スワップは課税対象になります。

最後は、決算しなくとも、含み益とスワップが課税対象なる種類があります。

この種類は値洗いというシステムを採用しているFX取引会社にあります。

 FXの利益は、雑所得に分類されます。

税率は、20.315%で、15%の所得税と5%の住民税と0.315$の復興特別所得税がかかります。

FX取引口座で両替をする

 FX取引のみでFX取引用口座を使うだけでなく、日常にFXをしている恩恵をもたらす方法があります。

海外旅行に行くときに両替で困ったり、手数料が高かったりして木になりますよね。

 マネーパートナーズでは、FXの手数料で外貨両替をしてその外貨を外貨として受け取ることができます。

マネーパートナーズでは、FXを利用しているので、銀行や空港の両替所に比べてはるかにやすい手数料で両替をすることができます。

たとえば、米ドルを1000ドル分買うとしたとき、手数料は、1ドル20銭なので、200円ですみます。

空港にある両替所では2円60銭とられています。

マネーパートナーズで両替したときに比べて、100倍もコストが違うことがわかりました。

次に、銀行の手数料を考えます。

銀行は、50銭の手数料を取られています。

なお、安いといわれている金券ショップですが、今回計算したところ、1米ドルにたいして2円の手数料がかかっています。

銀行よりも悪い結果となっていました。

これを考えると、旅行に行くときにはFXで両替して、旅行に行ったほうが、手数料が安くなることがわかりました。

 なお、このマネーパートナーズで両替した後の受け取り方は、外貨預金口座に出勤して引き出す方法と、成田空港で直接受け取ることができる。

旅行気分でFX投資

 FX取引は、外国為替証拠金取引といい、為替取引と証拠金取引の信用取引が合わさっているものである。 為替取引はインターバンク市場で取引されていて、東京証券取引所のような設備はありません。 証拠金取引のレバレッジはFXの会社が増えて不当な業者が存在したため、レバレッジが規制されました。 そのため、レバレッジの倍率は最高倍率が25倍と規制を受けることとなりました。 FXの取引をするときはレバレッジが低いものから初めることをお勧めします。 FXの損益は、株式などの損益と通算することはできません。 損益通算できるものは、日経平均先物や商品先物などの取引の損益のみとなっています。 FX口座で、旅行に行くときに必要な外国通貨を両替で手に入れることができます。 そのときの手数料は、銀行や、空港にある両替所、また金券ショップに比べても安い手数料ですむことがわかりました。  海外ニュースに関心を持っていらっしゃったり、旅行などに行くときに為替相場を見ていらっしゃるならば、外国為替証拠金取引で、その為替相場への理解を活かすことも考えてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

FX投資は難しくない!旅行に行きながら為替相場を理解する考え方
Reader Rating 1 Vote