貴金属の輝きと投資「貴金属取引について知らないと高騰を見逃してしまう?」

shutterstock_246978733

貴金属の輝きと人間のあくなき欲求の投資でお金を増やす

あなたの指輪、腕輪などに使われている金やプラチナは毎日取引されていて、値段がついています。

その値段がついている金属は鉄、非鉄金属などと呼ばれます。

非鉄金属の中でも貴重とされる貴金属取引について、商品取引、現物取引などとよばれる取引について貴金属がきらめくように、取引所のマーケットボードも毎秒取引が成立して輝いています。

貴金属取引について、知らないと放置している貴金属の高騰を見逃してしまいます。

貴金属でないが重要な鉄の歴史

 鉄は、Feと元素記号で書き、地殻中にもっとも大量に存在しています。金属元素ではアルミニウムの次に地球上に存在しています。

科学的に活性であって、すぐ酸化などをする。酸化鉄になりサビと呼ばれるものを形成する。炭素含有量の高いものは鋼と呼ばれる。

鉄は、人類の歴史に重要にかかわっています。

紀元前から中国では農具などに鋳造されていました。

鋼は、刀剣や農具に使用され、戦争の勝利、農業生産高の増加で人類の歴史に大いにかかわってきました。

16世紀に欧米で製鉄技術が発達すると同時に、鉄は鉄砲を作り海外植民地侵略へと歴史を開きました。

鉄は文化を開くと同時に、戦争をより高度にしました。

産業の中心、一番大事な心臓を意味するものとして、高度経済性成長期には、鉄は「産業の米」と呼ばれるようになりました。

非鉄金属の中の貴金属

一方、鉄ではない金属を一般に非鉄金属という。学術上の区分ではなく、近代社会で鉄が非常に重要な役割をしていたため、鉄にのみを単独で扱う会社と鉄以外を扱う会社に分かれたことにより、非鉄金属と呼ばれました。

この中でも貴重なものを貴金属という。

貴金属とは、化学的な反応しにくい金属であり、産出量、地球に存在している量が少ないために希少性があると思われている金属です。

貴金属は、金、プラチナ、銀などを指します。

金の歴史とその価値

金の語源は、金(元素記号Au)は、ラテン語の「灼熱の夜明け」の意味を持つaurumからきています。

また、このaurumはヘブライ語の光を意味するorか赤を意味するausから来たものといわれています。

金の英語とドイツ語であるgoldはサンスクリット語の輝くの意味jvalitaです。

日本語は黄金だがこの語源は、五色の金である、黄金(金)、白金(銀)、赤金(銅)、黒金(鉄)、青金(鉛)の最たるものとしての黄金からきています。

金は、もっとも人類史上で人間にとって付き合いの長い金属です。金の産出量と埋蔵量はオリンピックの公式50mプールで3杯程度しか算出されていない希少金属です。

黄金に輝くことから自然の中で見つけることができるため、早くから人類が見つけることができました

『旧約聖書』ですら金に関する記述が存在します。

世界最古の文明といわれる、メソポタミアのシュメール人は紀元前3000年ころから金で作られた兜を作成していたことがわかっていいます。

また、トロイ、クレタなどのエーゲ文明も金製品多く残しており、ギリシア人は、初めて金を貨幣として用いていました。

その金を通貨として使用する制度はローマに受け継がれた。

中国でも、紀元前17世紀ごろに存在した、甲骨文字などを使っていた殷王朝では、金の使用が盛んになり、古代朝鮮は金製品の装飾品などが多く作られました。

これは、金の性質である加工のしやすさ、その金色の輝き、美しさ、化学的な安定性、体積あたりの重さ、希少性が高いことなどの理由により装飾品、財宝などとして尊重されたことによるものです。

古代インドでは、金に対して魔力があると信じて崇拝の対象になった。金は、人間の異常な欲望の対象となり、中世の時代になると、錬金術が流行しました。

ヨーロッパの国による大航海時代とは、金を求めたヨーロッパ人の冒険です。

1816年にイギリスが金本位制度を導入したことにより、世界各国が金本位制度を導入し、経済の中心を金は占めることになる時代がありました。

金本位制度の時代には、金が唯一の国際通貨であり、管理通貨制度の時代に入っても国際通貨としての金はその存在が認められていた。

1971年8月15日にアメリカ合衆国のニクソン大統領が何の事前の動きもなく、ドル紙幣と金の兌換(交換)を取りやめることを宣言したことにより金の国際的な地位は低下をたどる。

現在は、金本位制度は廃止され、管理通貨制度になっています。

白金の歴史とその価値

一方、日本では指輪で使われることの多い白金は、比較的人類史上では新しい金属です。

白金のプラチナ(platina)の語源は、スペインが南米を侵略して植民地化していたときに、ヨーロッパ文明に発見された。

スペイン語の銀を意味するplataの一般に使われた単語であるplatinaから来ている。

性質は、銀より硬く、赤熱した白金は、水素、酸素やヘリウムなどを吸収し、吸収した水素や酸素を活性化することから触媒として使われています。

白金があることにより、化学反応を早く進めることができるということです。

自動車の燃料電池者などに使われているなどの話は有名で、工業製品にも多く使われています。

金と白金の値段の推移

数年前から金の価格が何倍となっていて話題になり、金を買うことをうたうショップが増加したと思いますが、価格についてみてみましょう。

金や白金の値段は、1グラム当たりいくらでお店などでは掲示されています。1グラムは1円玉と同じ重さです。田中貴金属のデータを参照して調べてみます。

金は1975年には、1グラム当たり1365円-1835円で取引されていました。

1985年には2650円-2800円、1995年には、1070-1343円、2005年には1433円-2088円、2014年は、4142円-4745円で取引されています。

 白金は、1975年には1グラム当たり、1485円-2100円で取引されて、1985年には2105円-2630円、1995年には1219円-1539円、2005年には2871円-3968円で取引されていました。

2014年は4298円-4977円で取引されました。

 かなり安定的に上昇している珍しい商品であるといえます。

金の取引の形態

 永遠の輝きを持つ金や白金が買いたい!自分も手に入れたい!といったときにどうしたらいいでしょうか。

一般に取引されているものなのでお金を支払えば購入する事ができますが、どうしたらいいでしょうか。

金取引は、地金か、金貨で買うのが一般的です。地金とは、金属の延べ棒をイメージしてください。

金貨は金でできた硬貨ですが、実はこの金貨は額面があって硬貨としての能力を持っていることもありますが、貴金属として取引したほうが高く評価してもらえます。

金地金、白金地金は5g,10g,20g,50g,100g,200g,300g,500g,1kgの種類が存在します。

金貨は1枚当たり1toz(トロイオンス)という重さで取引されています。

この1トロイオンスは、31.1035gのことです。1/2オンス、1/4オンス、1/10オンスのものも販売されています。

金地金を専業で販売買取している会社は、田中貴金属、三菱マテリアルのGOLDPARK、第一商品などがあります。

白金の取り扱い会社は、第一商品が取り扱っていないので、田中貴金属、三菱マテリアルのGOLDPARKなどです。

これらの店舗に行くことにより、購入する事ができます。

デパートなどに特約店が入っている場合も多くあるのでデパートでも買うことができます。

金貨を持ったときの喜びは、言い表すことができません。

たしかに、この輝きを持った宝飾品などがあって、権威を示したり、錬金術がはやったり戦争が行われたりしてきたのを感じることができます。

ただ、地金、コインは紛失の心配が怖いところです。

小額を積み立てて金を購入する「純金積み立て」が商社、地金専門店、証券会社、銀行などで取り扱われるようになっています。

ドルコスト平均法という、一定額を常に一定期間ごとに買い付けを行う方法があります。

金や白金に絞って投資すると決めているならば、ドルコスト平均法を用いることができます。

実際にドルコスト平均法は積み立てのときに威力を発揮することが知られています。

高いときには、ちょっとしか購入する事ができないが、安いときには多く購入して全体額としてみたときには効率の良い投資ができるという理論です。

また、ETFなどの上場投資信託や金の先物などもあります。

ETFとは上場投資信託のことで、日々東証で取引をすることができる投資信託です。

ETFは、金では、国内金先物価格連動型上場投信(1683)、純金上場投信(現物国内保管型)(1540)、SPDRゴールド・シェア(1326)、金価格連動型上場投信(1328)が東京証券取引所で購入する事ができます。

白金では、NEXTFUNDS日経・東商取白金指数連動型上場投信(1682)があります。

それぞれの最低購入金額は、数万円から買えるものがほとんどなので、地金やコインを買うことに比べたら管理する不安もないので、オススメできます。

リスクが高い先物は商品先物として取引をしなければならないので、リスクが高すぎるので紹介を控えます。

 

貴金属の輝きと投資

  金属の中でも希少性が高く、取引価格が成立していて一般に購入できる金と白金(プラチナ)の投資について歴史から現在の取引形態について説明しました。 金はとても人間との付き合いは長く、白金は比較的歴史の浅い金属です。 他の投資に比べて比較的安定的に上昇している歴史があります。 また、地金硬貨をもったときの満たされた感じは言葉で表現できません。 あなたも金、白金の輝きに見とれてみませんか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

貴金属の輝きと投資「貴金属取引について知らないと高騰を見逃してしまう?」
Reader Rating 1 Vote