投資信託でプロにお任せ「忙しいあなたにお勧めできるのが投資信託」

shutterstock_254297140
 

プロにお任せ!簡単にできる投資、投資信託

投資はしたくても忙しい、そんなあなたにお勧めできるのが投資信託です。

プロに任せてお仕事に精を出している間に資産運用をしてもらいましょう。

 

投資信託とは

投資信託とは、さまざまな投資家の資金を集め、その資金を管理する専門の機関に預け、証券や不動産などに投信運用して、収益を上げて、その結果の利益を出資口に応じて配分するものです。

なお、投資信託は、元本が保証されていません。

 投資信託の価格を「基準価格」といいます。

株が1株などと呼ばれる単位があるのと同様、投資信託は、1口と呼ばれる単位があります。

1口1円、10000口が基本で投資信託は組成されます。

基準価格は、1日に1つの価格を公表されます。

 投資信託を持っていると、「分配金」というお金が投資信託の持っている口に応じて支払われます。

株式の配当金のようなものです。

株式との違いは、分配金が支払われると基準価格が下落することです。

この分配金の分配方針などは投資信託ごとに異なります。

運用益を決められた期間ごとに分配する「分配型」と分配せずに再投資する「無分配型」があります。

ここで注意すべきは、分配金には、20%の課税を受けるので、無分配型のほうが税金分有利となります。

分配金のうち「元本払戻金」は課税されません。

 投資信託は追加購入、途中換金ができる「追加型(オープン型)」と呼ばれるものと、募集期間が決められていて、追加購入、途中換金ができない「単位型(ユニット型・クローズ型)」があり、同じ投資方針で毎月募集される「定時定形投資信託」とマーケット環境やニーズなどに応じて募集される「スポット型投資信託」に分けることができる。

現在はオープン型が多くなっています。

組合型などのファンドを作って、そこにお金を預ける者も一般に投資信託と言います。

そのようなものにお金を入れるときは注意が必要です。

 

投資信託の歴史

1860年代のイギリスで始まり、1920年代のアメリカで飛躍的に発展しました。

世界最初の投資信託は、英国で、信託という英国固有の制度を利用して、投資に秀でた期間が近隣や知人の信任を受けて、共同出資金の運用を行うという仕組みとして始まりました。

1929年の世界大恐慌で、投資管理者の暴走や不正が明らかになり、投資管理者の裁量を減らす、固定的単位型投資信託(投資対象をあらかじめ決め、提示)が開発され、オープンエンド(追加購入可能)の仕組みが導入され、ユニット・トラスト(10年程度の信託期間)として商品化され発展をしました。

日本でも第二次世界大戦前から原始的なものは登場したが、戦後の1951年に証券投資信託法が制定され、発展することとなりました。

その誕生は、日本が高度経済成長を遂げる中、社債を発行した企業に対して、設備投資の資金を供給することが目的だったといわれています。

このときに投資信託会社として発足した会社が、四大証券会社と呼ばれた野村證券、大和証券、日興証券、山一証券です。

1959年に、投信業務は子会社の投資信託会社に任されるようになりました。

1980年に誕生した中国ファンド(中期国債ファンド)は、高度成長から成長率が鈍化社会で税収不足を補うための赤字国債へ資金を供給するべく誕生しました。

1998年に、「投資信託および投資法人に関する法律」の改正により契約型、会社型も発行されている。

1998年12月に施行の金融システム改革法により証券会社以外の金融機関、たとえば銀行などにも認められたことにより、販売される窓口が増えています。

投資信託にかかわる手数料と税金

 問う信託では、買う時にかかる「販売手数料」、解約するとき・売る時にかかる「信託財産留保額」、運用機関に支払う「信託報酬」などがあります。

「販売手数料」は、申し込み価格に対して、一定の額が取られます。

投資信託によってはかからないものがあり、販売手数料が0円のものをノーロードといいます。

「信託報酬(運用管理費用)、「監査人報酬」、「売買委託手数料」などが保有しているときにかかります。

「信託報酬(運用管理費用)」は、運用のための費用や資産管理費用、手元に届く資料などの費用や、管理者への報酬になっています。

「監査人報酬」は、法律で監査をすることになっていますので監査にかかわる費用です。

「売買委託手数料」は、組み入れている株式などを売買するときにかかる費用です。

「信託財産留保額」とは、投資信託が組み入れている証券を売却する必要が生じるのでこの売却費用に関して、投資家間の公平性の観点から換金を申し込んだ投資家から一定額を徴収するものです。

 投資信託の収益分配金は、「配当所得」になります。

途中換金か償還時の値上がり益は株式と同じ「譲渡所得」として課税されます。

どちらも税率は、所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%が課税されて、20.315%が課税されます。

株式投資信託の収益分配金、値上がり益、値下がり損、確定申告をするか証券会社の特定口座の場合では、ほかの上場株式や株式投資信託とは損益通算をして課税されます。

公社債投資信託の場合には、収益分配金、途中換金か償還時の値上がり益に対して、株式投資信託と同様に、20.315%が課税されます。

投資信託のメリット

投資信託のメリットとして、よく挙げられていることを紹介します。

一つ目は分散投資ができること。

「全部の卵を一つのかごに入れてはいけない」という格言があります。

もし、手持ちの全部の卵を一つのバスケットにいれて落っことしてしまえばおしまいです。

全部の卵が割れてなくなることでしょう。

しかし、分けていれば何個か生き残る可能性がでてきます。

トヨタやホンダの自動車がだめだったとしても、携帯電話が好調でソフトバンクが伸びるのようなことがあります。

トヨタに全部を投資していると全滅することになりますが、ソフトバンクにも投資をしていることで、何とか救われることになります。

投資にプロに任せることにより運用利回りがいい。

という点が挙げられます。

投資のプロが投資をするので、個人では会社勤めなどで忙しくてマーケットをじっと見ているわけにもいきませんが、プロが運用をして、毎日見ていてくれるので安心して自分の本業をすることができます。

運用成績がもし、とても低いとしたら解約してほかの投資信託に移ればいいだけの話です。

投資信託の買い付けは少量のお金からできる。

個別の株式などでは、投資するときに最低限必要なお金の量が最低購入金額として決められていますが、投資信託は少量から購入することができます。

もう、1万円から購入することができて、非常に便利です。

なので、個人などの少量の金額では、投資できないものにも分散投資をしてくれた上で、投資をしてくれる党言うのが投資信託です。

投資信託のデメリット

投資信託は、手数料が高いです。

投資信託は銀行やいろいろなところで販売されるようになりましたが、手数料が個別の株式に比べて非常に高いです。

投資信託は金融機関に購入時にも手数料が入り、そのあとにも継続的に手数料が入るシステムとなっているため、非常に儲けに重要な商品として設定されています。

また、この手数料にもつながりますが、証券会社の誕生の歴史でも触れましたが、証券会社は投資信託を扱う会社から派生的に生れて、いま運用会社の親会社となってしまっています。

つまり、親会社の都合のいいように投資されているかもしれないという危険が常に付きまとってきます。

というのも、証券会社が自己売買で損を抱えたものをそのまま売り払っているという噂も業界内から多々聞かれることがあることです。

また、投資信託を売りつける証券会社の手数料を取るために、毎月分配型などの投資信託を退職金をもらった世代に売りつけるなどの行為が多発して、問題になりました。

毎月分配型は、毎月の分配金は自分の資本を分配していて、タコが自分の足を食べているのに似ています。

また、そもそも投資信託は元本が保証されていません。

公社債を扱うから安全だというわけでもありません。

エンロンのショックの時には公社債を扱うかなり安全とされていたMMFでも元本割れをしていました。

最後に、タイミングをみはからって売買を行うことがとても困難です。

投資信託の歴史

投資信託の歴史を振り返って、証券会社と投資信託を運用する会社の力関係がどうなっているのかを見てきました。 投資信託は分散投資などができて安全な資産であるかのように見えますが、実際のところは元本割れのリスクなどもあることも承知しなければならないことがわかりました。 しかし、少額で購入することができる点や、分散投資の観点からは、資産として自分の資産の配分にはもってこいの場合もあるということがおわかりいただけでしょうか。 資産を分散して投資して、ずっとマーケットを見ているわけにもいかないという忙しい現代人にとってはありがたい存在かもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

投資信託でプロにお任せ「忙しいあなたにお勧めできるのが投資信託」
Reader Rating 1 Vote