株の初心者がまずおさえておきたい5つのリスクとは?

shutterstock_249010804

株の初心者がまずおさえておきたい5つのリスクとは?

お金を増やしたいと思う方の中で、株の投資を考えている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

株のメリットは沢山ありますが、デメリットについて知っておくことで、健全な株式投資を心がけることが可能になるかと思います。

株のデメリットは、やはりリスクがあることです。正直、ノーリスクの投資はありません。

しかし、そのリスクとしっかり付き合っていくことで、リスクを最小限に抑えることは可能です。

リスクを押さえた上で投資を行えば、安心な部分も大きいですね。

ぜひ株をするにおいては、リスクを十分頭に入れた上で取り組むようにしましょう。

では、株を行うにあたって、リスクはどのようなものがあるのでしょうか?

大まかに5点、抑えておきたいリスクがあると考えます。

<株のリスク>
株のリスク その1:株価が下がると損をする
株のリスク その2:株主優待は見直される可能性がある
株のリスク その3:株を売りたくても売れない
株のリスク その4:倒産したら株の価値がなくなる
株のリスク その5:上場廃止したら株式市場で株が取引できなくなる

上記5点について、それぞれ説明していきます。

株のリスク その1:株価が下がると損をする

当然、買った株の値段よりも、株の値段が下がった状態で売却すると損をします。

ただ株は上下することは当たり前です。

株が下がったから、これ以上下がるのが不安なのですぐ売る、なんてことはおすすめしません。

待ちすぎて更に下がってしまうと状況は悪化してしまいますが、逆にもしかしたらその株は再度上がるかもしれません。

目先の株の値動きに惑わされるのではなく、なぜ下がったのか、そして今後どうなりそうか?についてを根拠をもとに考えるようにしましょう。

会社の事業戦略はどうなのか?

仮にある事業に失敗したとして、代替案や戦略は妥当なものなのか、評価に値するものなのか?

株を保持しているその会社がこれから期待もできるのか、それとも状況は厳しいものであるのかを、しっかりと調べて理解した上で、判断する必要があります。

株が下がったとき、売るのか保持するのか、見極めが難しくもあり、面白くもあるタイミングです。

そもそも考え方としては、様々な状況においても対応できるように、株式の分散をして、投資をすることも1つの手段です。

例えば、株価は円安や円高に左右されることは大いにあります。

仮に円安に好影響で推移する企業の株ばかりをもっていると、仮に円高になった場合、持っている株は一気に下がってしまいます。

ですから、円安に影響を受ける株に偏って株を持つのではなく、円安に左右されそうな株に加えて、円高に左右されそうな株、両方を持つことで、円安や円高に影響を受けにくい株式の投資のやり方になります。

または電気やガスなど、日常必要とされるものを扱う、景気の影響を受けにくい企業もおすすめです。

ただ東日本大震災のように、大きな災害が起き、株価が影響を受ける可能性ないとは言い切れません。

どちらにせよリスクがない株はありませんが、可能な限りリスクを下げる方法として、上記のような分散して株を購入するやり方は一つの戦略例として頭に入れておくとよいでしょう。

株のリスク その2:株主優待は見直される可能性がある


株を持つ目的の1つとして、株主優待があります。

しかしこの株主優待は、状況によっては廃止されたり、変わることがあります。

例えば過去において、株主優待自体がなくなったものがあります。

また株主優待券である食品券に対して、それまでなかった条件である「土日祝日は除く」の制限がついたり、商品カードが2万円分だったものが15,000円分になったりなど業績に応じて変わる時があります。

株主優待が企業の状況によって変わる件に関しては、企業側が持つ権利になりますので、株主側に選択する権限はありません。

株主優待は、株を長期間放置することで、その株主優待の内容は良くなっていくことが通例です。

しかし、株を買った企業が利益が出ない場合、もしくは何らかの事情で株主優待が出せなくなった場合などは、株主優待がもらえないというケースは十分にあり得ます。

必ず株を買ったから株主優待がもらえる、株を長期保有するから、株主優待はどんどんよくなるという保証はありません。

必ずしも100%株主優待がもらえるわけでは無い部分に関しては理解しておくべきでしょう。

株のリスク その3:株を売りたくても売れない

株を売りたくても、売れない場合があります。それは流動性のリスクと言われるものです。

出来高という言葉をご存知でしょうか?出来高とは、株の売買が行われる数のことを指します。

その出来高が少ない場合、注意が必要です。株を所有していて、株を売りたいと思っても、買う側が少なく、売れない場合があります。

株を売りたいのに、買う人がいないから売れないと言う状況はなかなか辛い状況です。

株を購入するにあたっては、この出来高の部分に関してもしっかり確認するようにしましょう。

株のリスク その4:倒産したら株の価値がなくなる

倒産したら株の価値がなくなります。これは最も悲惨なパターンです。

つまり、株を買って投資をしたにも関わらず、その企業が倒産し、投資した株の価値がなくなル可能性があるということです。

数十万、数百万投資した株が全てパーになります。考えただけでぞっとしますね。

ですから、株を購入する際は、倒産する可能性が低い企業の株を購入するべきでしょう。

選択肢として、株式市場から選ぶことも良いでしょう。

日本には様々な株式市場があります。東証一部、東証二部、マザーズ、ジャズダックなど、複数の株式市場があります。

その中でも、一部上場と言われる、東証一部に上場している企業は、安定しているだけあって、倒産する可能性は低いと言えるでしょう。

ですからどこに上場しているかという部分に関しても考え、リスクを考慮したうえで選択した方が良いでしょう。

また、決算書を見て、購入を検討する企業の現金や、自己資本率など、財務状態をチェックするようにしましょう。

経営状況を把握するにあたっては、売り上げや利益といった情報だけでなく、資産や負債、株主資本などの、財務指標を知り、数値を読み取る必要があります。

PER、PBR、ROEなどの経営指標も、把握するようにしましょう。

マネジメントをする立場になるについれ経営者と会話をする機会も増えていくでしょうから、上記の指標は遅かれ早かれ知っておいておいた方が良い指標でしょう。

※PERとは、Price Earnings Ratioの略称で株価収益率です。

利益と株価の関係を表現する数値で、割安性を図ることができます。

※PBRとは、会社の純資産と株価の関係を表しており、こちらも割安性を図ることができます。

※Roeは株主資本利益率のことで、企業の収益性を測る指標です。

株主資本つまり自己資本が、利益にどれだけつながったのかを示す指標になります。

株のリスク その5:上場廃止したら株式市場で株が取引できなくなる

持っている株の会社が上場廃止した場合、その株の価値はどうなるのでしょうか?倒産した場合は、上記に記載した通り株の価値はゼロとなります。

倒産はせず存続して、上場廃止になった場合、株の価値自体は、その会社の時価総額に基づく理論株価となります。

その株価を基本とし、自分以外の他の人と直接取引において売買は可能です。

ただし、市場を通しての売買はできません。日本全国を回って、欲しい人を探せばまだ取引ができるという形です。

日本全国を回らなくても、今はインターネットがありますから、オークションに出品するなどして、どうにか売買は可能といえば可能です。

しかしこの場合上場廃止になる前に、やはり損失が出る事は承知の上で、早々に売却する方向で考えるのが良いでしょう。

ちなみに、上場廃止になっても、再度上場する可能性もあります。

株が無価値になるかと言えばそうではありません。

ですが決して安心できる状態ではないので、よほど理由がない限りは、上場廃止した株の保持は、おすすめできません。

株を買うリスクを抑えて、分散して購入しよう!

株のリスクについて、いかがでしたか? 株価が下がると損をするかもしれないですし、期待していた株主優待は見直される可能性があるかもしれません。 株を売りたくても売れない状況に陥るかもしれませんし、株を持っている企業が倒産して、株の価値がなくなるかもしれません。 大問題が出来て、上場廃止したら株式市場で株が取引できなくなる可能性もあります。 株は、売買したり落ちしたりしておくことで利益になりますが、もちろん上記のようなリスクもあります。 ただリスクに対しては、いかに低く抑えるかを考えるべきだと言えるでしょう。 株を持つにおいて、リスク分散も重要です。 まずはご自身が興味のある株から購入することをおすすめしますが、リスク分散という考え方を下に、円安に影響する企業の株、円高に影響する企業の株、電気ガス系の安定株など、分散して購入するとよいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

株の初心者がまずおさえておきたい5つのリスクとは?
Reader Rating 1 Vote