時間が守れないとお金も無くなって行く不思議。

shutterstock_206029813

お金がない理由。それでも、あなたは働きますか?

家庭を持ちながら働く人にとって、とても大切なのが、時間管理です。

家庭でのスケジュール管理がきっちり出来ている人は、仕事でも納期をきちんと守れる方が多いでしょう。

全ての物事はつながっているので、1つ遅れが出ると、連鎖的に物事がうまく立ち行かなくなってしまって、八方ふさがりになってしまう事もあります。

頭では、きちんとやらなきゃとわかっているけれど、出来ていない自分にイライラ。

一度イライラしだしてしまうと、自分が落ち着いたとしても、家族に感染していて家族がイライラしだす始末。

時間も守って、お金も守って、家族も守って行く方法を考えていきましょう。


家事、どこまでやりますか?

家事を一生懸命すると、世界的に見ると特に日本人は時間かかるそうです。

掃除、洗濯、料理といろいろありますが、それは生活を整える家事、次に子育てや介護などの誰かの世話をする家事、最後に家計管理やイベント企画などのプランニングの家事、大きく分けたらこの3つなのですが、細かく分類していくととても多くなります。

これが日頃のメインの家事ですが、生活を整える家事では、1日に必ず少しずつ掃除の時間を組み込んだり、洗濯は一度ではなく、朝・夜の2回に分けたりすれば、細かいスケジュールにはなりますが、一回当たりの時間は減ります。

それと、反対に、1日の買い物は安い日にまとめ買いして、その日に1週間分のメニューを仕込む事で、無駄は減りますし、買い物のついで買いや行き来の往復時間を別のものに利用する事が出来るようになります。

掃除、洗濯は多少サボっても大丈夫(?)ですが、料理は毎日の事です。

一回の時間が長くなるにつれ、光熱費も上がりますので、料理に関しては、より時間を短くて、美味しいものが作れる、ピクルスや煮込み料理などのほったらかしメニューも組み込みつつ、何種類も品が出せるのが理想でしょう。

次に子育てなどの世話をする家事、これは人と関わるものですので、その人、その人によって違う時間のスケジュールがあり、相手のスケジュールをメインに考えて、自分のスケジュールと綿密に組み立てて行く事によって、時間の遅れを減らしていけるでしょう。

ただし、毎日の事なのですが、人の感情が伴いますので、最も時間の遅れが生じやすい家事と言えるでしょう。

一旦一人一人の一日の流れを書き出して、全員が揃う時間に食事の時間を設け、睡眠の時間を確保して、その遊びや外出の時間を省いた隙間時間に家事を組み込むようにします。

その日の予定はカレンダーに人ごとに色別にかき分けておいて、細かいスケジュールはスケジュール帳か、PCのExcelに打ち込んでおいて、(一から作るのが面倒であれば、Office のテンプレートを利用しても良いでしょう)その画面をスマホで撮影しておけば、写真は拡大機能があるので、外出先でも見直せますし、何かと調整しやすいと考えます。

時々、せかせかしていると失敗して、料理も服も何もかもぐちゃぐちゃになったりしている時に、相手の世話に、と同時に処理しなければならなくて、ますます遅れてしまいます。

それよりかは、今、したい事が出来なくて、物事がすごく遅れているように思えるかもしれませんが、相手に気持ちよく過ごしてもらえれば、後々ゆったりとした気持ちで過ごしてもらえるので、後々自分の時間も増やす事が出来るのです。

最後にプランニングの家事ですが、これをきっちり行う事によって、無駄な時間をいかに減らしていけるかが決まります。

年間計画、月間計画、週間計画、日々の計画と落とし込んでいけば、余裕のあるスケジュールを組みやすくなります。

プランニングで、一旦仕組みを作ってしまえば、それをやるだけなので、効率化が図れます。

例えば、家計簿でも、Excelを使用する際に、全部手打ちでデータを打ち込んでいくのか、関数を利用して、あとは勝手にやってくれるように作っておけば、グラフ化もしやすいですし、予算と収支の結果も比較しやすいでしょう。

よく変換する単語を登録しておくとか、F(ファンクションキー)を利用したり、Homeキー、Shiftキー、Ctrlキーを効果的に利用すれば、日々の入力も効率化できます。

以下に参考になりそうなサイトがありましたので載せておきます。
エクセル大事典 参考URL:http://home.att.ne.jp/zeta/gen/excel/c01p11.htm

イライラの原因の増加

完璧に綺麗にしたいのに、少しずつ少しずつ崩れていく綺麗さ。

片づけても、片づけても、散らかっていく部屋・・・。

『あぁあああーーー!!!!もうやだ!!!』と爆発しそうになります。

余裕のある時は、出来ていたものが、出来なくなっていく。

ある時、‘プッチン’。

『もう何もしたくない』

『一人になりたい』

家事を完全ストライキ。

だけれど、ストライキしたところで、誰もやらないから、放置プレイ。

時間は刻々と過ぎていく・・・。
『あーーーーーー、もういい加減にして!!!』

どんどんキレやすくなって、眉間にしわに、美しくない般若のような姿へと変貌していく事に・・・。

夫婦は大人なので、感情をぶつけ合っても多少大丈夫ですが、お子さんに関しては別です。

将来の人格形成にも大きくかかわってきて、大人になって仕事をするのが嫌になったりする事もあるので、家庭環境は特に気を付ける事が必要です。

分かっていても、なかなか実行するのが難しいです・・・。

しかし、イライラの感染力は病気の感染力よりも強く、早く、あっという間に汚染されます。

感情の波に飲み込まれない様に、うまく家族の協力を仰いだりできる可愛さは失いたくないものです。

やりたい事、やらなければいけない事、どこまで見てみぬふりできますか?

さっきの例のように、爆発してしまっては、元も子もありません。

片目をつぶって、両目をつぶって、どこまで散らかった様子を見てみぬふりが出来るでしょうか。

散らかった部屋をそのまま放置していると、それが普通になり、散らかす事に罪悪感もなくなり、どんどんものが増えていっても気になりません。

ものが増えてしまうと、週に1、2日の休みの日も掃除で潰れてしまう事もしばしば。

もっと他の事がやりたかったのに、とならないためには、やはり使ったその都度、掃除するのが結果時短になるのです。

もしくは、食器洗い機、全自動ロボット掃除機、コードレス掃除機、乾燥機付き洗濯機、フードプロセッサーなどの便利な電化製品を使用すれば時短になるでしょう。

そして、ネットスーパー、デリバリー。

家事代行も利用するのも良いでしょう

しかし、全ての時短を利用し過ぎるとお金はどんどん無くなって行きます。

電化製品が増えれば、月々の光熱費も上がります。

例えば、ネットスーパーの送料無料のために金額合わせにものを購入する事をやめたり、デリバリー、特にピザは店舗まで受け取りに行って、一枚無料でゲットしたりなど、収入に応じて、取捨選択をしましょう。

時間が守れないとかかるお金も余分にかかる

時間が守れないと、徒歩→自転車→バス→タクシー→電車→車→新幹線のように、本来の移動手段から料金がアップした交通手段に変更になりがちです。

自転車や車だと駐輪・駐車代がかかります。

さらに、車の場合はガソリン代もかかりますし、より間に合わせるために高速道路を使用すれば、お金はあっという間に無くなってしまいます。

さらに仕事に遅刻すれば、減給です。

友人などの約束の時間に遅れた場合は、「おごれよ~。」と言われる事もあります。

あとは、銀行の取扱時間に間に合わない場合、時間外手数料を取られます。

家賃・光熱費などの固定費を口座振替にしていて、その日の引き落としに間に合わなかった場合、手数料がかかる場合もあります。

時間に余裕を持つ事でお金も余裕が出てくる

時間に余裕をもって計画的に行動すると、余分なお金は支払う必要がなくなります。

また、電気代の支払いだと早割があったりします。

無理のない計画をもって、予定時間より早く物事が進むと、お互いに心地よいですし、隙間時間で副業等、別のやりたい事が出来たりするので、結果、お金も貯まったりもします。

私自身も時間を守れるよう心がけていきたいです。

時間を守ることの大切さをまとめてみましたが、いかがでしたか?

時間が守れないと、予定していた物事がすべてずれ込んでいき、それを間に合わせるために、通常よりもお金がかかる事が多くなってくるでしょう。 また、感情的にイライラしながら行動するので、疲労も倍、お金を使う時の心地よさも半減、と言う事になるのであまり良い事はありません。 時間を守れるように、行動を見直していきましょう。 ご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

時間が守れないとお金も無くなって行く不思議。
Reader Rating 1 Vote