株式の分割!株式分割のイベントを使ってお金を増やそう

shutterstock_208013950

成長している株の、株式分割でお金を増やす方法について

成長している会社の株式はとても上がることがあります。

とても上がった株式は個人投資家が買えなかったり、取引量がなくなってしまったりといろいろと不便なことがあります。

そんな不便なときには株式分割をして単元あたりの株価を下げることがあります。

そしてなぜか株価が上がることもしばしばあります。

株式分割について知ることは自分の利益になることもしばしばあるでしょう。

株式分割とは

株式分割とは、会社が発行済み株式数の総数を増やして、増やしたぶんの株式を株主の持っている株式に応じて、無償で分配する制度です。

発行されている株式、流通している株式数の1単元あたりの大きさを小さくするものです。

株式分割と似ている制度に、株式無償割り当てがあります。

この、株式無償割り当てとの株式分割の違いについて説明します。

株式分割では、増加する株式の種類は、株式分割では同種の株式が割り当てられます。

一方、株式無所割り当てでは、違う種類の株式を割り当てることも可能となっています。

たとえば、普通株式を持っている株主に対して優先株式を発行することができます。

株式分割では、会社が自分で発行した株式を自分で持っている、自己株式についても分割して事故株式の株数も増えるのに対して、株式無償割り当てでは自己株式に対しては割り当てが生じません。

この、株式分割は、市場での流動性を高めることを目的として実行されます。

どうして、流動性が高まるのかといえば、単元あたりの値段が下がるためです。

どういうことかというと、1株10,000円で1単元100株の株式があったとします。

このとき、この株式をマーケットで買おうと思ったときには、10,000円かける100株で、1,000,000円、百万円が必要となっています。

もし、この株式を1対2に分割したとします。

わかりやすく株式の価値の変動はないものとします。

その場合には、この株式の価値は100株で1,000,000円だったのが、1,000,000円の価値を持つ株式200株に、分割により変わりました。

このとき株価は、1,000,000円割ることの、200株により、5,000円になりました。

また、このときの単元での売買金額に違いが生じたことにお気づきでしょうか。

この株式の単元は、100株でした。

100株、1株あたりの株価が5,000円のとき、単元での売買に必要なお金は、100株かけることの、5000円で500,000円になります。

株式分割をするときの半分のお金で売買をすることができるようになりました。

1,000,000円ないと最小単元すら変えなかった会社の株式がいまや500,000円で買えるようになりました。

これにより、購入することができるようになった個人投資家が増えて、市場での流動性が上がるようになります。

株式分割のメリット

自分が持っている株式で株式分割が起こった場合のめりとについて考えてみたいと思います。

主なメリットは三つほどあります。

一つ目は先ほども述べたように、流動性があがることです。

流動性がない市場では、適正な価格になっていない場合があります。

しかし、流動性が高まることにより、株価は適正な値段になることができます。

二つ目は、配当金が増える可能性があるということです。

業績が好調なため株価が上がりすぎて個人投資家が変えなくなっている会社が株式分割をします。

こういう会社は増配があります。

ただ、普通の増配とは違います。

前年まで100株に対して、1000円の配当金を支払っている会社があったとします。

その会社は業績が絶好調だとします。

そして、業績が絶好調なため、株価も絶好調になっていると仮定します。

そして、この絶好調会社では、1対2の株式分割を期中にしたとします。

そして、迎えた株式分割後初めての配当金支払の額を公表するときには、絶好調なときには株式分割前と同程度の配当が実施されます。

つまり、配当が2倍入るということです。

その辺の増配とはかなり異なっているのがわかるかと思います。

そして三つ目は、保有株が増えることにより、戦略の自由度が増えることがあげられます。

株式分割前では100株で最小単元なため、売る時には打ってしまってその後値上がりしても指をくわえて眺めているぐらいですが、株式分割がなされると現在の株価で100株打ったとしても、もう100株は残っているということができます。

株式分割のスケジュール

株式分割のスケジュールや日程を抑えておかないと、分割する日に株式を持っていないなんてことになりますので、きちんと確認しましょう。

まず、株式分割のことの始まりは、株式分割の発表が行われることから始まります。

これは、会社のホームページのIR情報などに掲載されたり、ニュースになったりすることによって知ることができます。

そして、しばらくは株式分割を意識した相場が展開されます。

そして、権利つき売買最終日を迎えることになります。

この権利つき売買最終日は文字通り、権利確定日に株式の受け渡しをして、持っていることができる最終の日です。

分割基準日の権利確定から5営業日前の日です。

この権利つき売買最終日の15時までに持っておくと、株式分割の権利を所得することができます。

次のマーケットが開いている日を、権利落ち日といいます。

この権利落ち日での取引で株式を買ったとしても株式分割の権利を所得することはできません。

この日から取引の株価は以前までの株価に対して、分割数で割った株価になっています。

この日は親株のみ、元から持っている株式のみの取引で増えた分の株式は取引することができません。

そしてしばらくすると権利確定日が着ます。

この日は株主名簿に名前が載る日です。

権利付最終日での売買の株式の受け渡しをする日です。

効力発生日により、新しい株式が入って、分割後の株式が手に入ることになります。

株式分割の事例

株式分割で有名な会社は、セブンイレブンです。

株価が1万円を超えると、株式分割を実施していて、1979年の10月の上場から現在までに16回の株式分割を実施しています。

上場していたときに、1000株を保有していたとしたら、今では、3万8000株になっていて、180万円程度だった株式が、今では1億5000万円程度になるとされています。

すさまじい威力ですね。

セブンイレブンは、80年、81年、82年、83年、84年、86年、88年、89年、90年、91年、92年、93年、94年、95年、96年、99年と株式分割を実施しています。

また、ヤフーも1999年以降3月末と9月末に毎年のように、株式分割をしています。

今のライブドアであるエッジは、2001年5月に1:3の株式分割をして、2003年6月に1:10の株式分割をしていました。

今では禁止されましたが、100分割を実施しました。

株式分割の最近の事例について、見ていきましょう。

株式分割前1週間と、株式分割後1週間、そして株式分割後2週間の騰落率を見ていきます。

JASDAQ”の、9474日本通信1:100の株式分割で騰落率は、それぞれ株式分割前の騰落率は29.52パーセント、株式分割後1週間の騰落率は126.06パーセント、株式分割後2週間後の騰落率は83.51パーセントとなっています。

東証一部の7813レシップHLDは、1:2の株式分割で、株式分割前の騰落率は5.95パーセント、株式分割後1週間の騰落率は59.80パーセント、株式分割後2週間後の騰落率は25.41パーセントとなっています。

マザーズの8925アルデプロは、1:10の株式分割で、株式分割前の騰落率は54.54パーセントの上昇だったのに対して、株式分割後の一週間は56.52パーセントの上昇、そして2週間後の騰落率でさえ、22.83パーセントとなっています。

このように、株式分割前から株式分割を意識した取引が活発になり、株式分割後も上昇が続きます。

すさまじい上昇相場が発生することがおわかりいただけましたでしょうか。

株式分割をすると株価が上がることが多い

株式分割をすると株価が上がることが多いということがお分かりいただけたかと思います。 株式分割は成長している、成長真只中の企業で行われる株式イベントとなっております。 成長している企業の株式は高く評価されて高いから誰も変えないみたいな状況になることがかなりあります。 個人投資家が買えなくなることと、マーケットでの流動性がなくならないことを防ぐ目的で株式分割が行われます。 株式分割は成長していることと、株価が評価されていることがわかります。 そのような機会をできるだけ逃さないように、株式分割の情報が出たら、この成長している株式はいずれまた上がってくるのだろうなぐらいには、感じていただけるようになると株式分割のイベントが理解できたといえるのではないでしょうか。 JASDAQや、マザーズなどの新興市場ではいろいろな株式イベントがあるので、ぜひ株式ベントに参加して、自分の取引の成果を上げるようにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

株式の分割!株式分割のイベントを使ってお金を増やそう
Reader Rating 2 Votes