機関投資家に追随して仕手のちょうちん持ちをすると楽に儲かるかも

shutterstock_113791957

機関投資家や仕手筋と呼ばれる人たちについていくと、宝の山にめぐり合える

機関投資家や仕手筋という人たちの一部には、意図的に株価を動かすことができるぐらいの大量のお金と株式を持っている人たちがいます。

その人たちについていくと宝のやまかもしれません。

株価を釣りあげたり、イナゴタワーを作ったり、チャートをきれいに描くように爆発させたり、イナゴたちを蹴落としたりして、保有銘柄のチャートをきれいに上昇をさせるようにしてくれる時もあります。

敵にはしたくないです。

仕手株とは

仕手株とは、大きな資金を持っている機関投資家や仕手筋と呼ばれる仕手戦を専門とする投資家が、ある特定の銘柄に大量の買いや売りを入れて株の値段を急激に上げたり下げたりさせている株のことです。

仕手株の特徴は、株価の急騰と急落が同時に起こることが上げられます。

仕手筋の特徴に資金量が豊富やことや、投資家心理を捕らえるのがうまかったり、筋のよくないマスコミとつながっていたりすることがあります。

株価の急騰、急落が起こるので、個人投資家が短期で利益を得るチャンスだとばかりに資金を入れても、損をするのは個人投資家となっています。

また、急騰急落がニュースなどによらずに、特に理由がなく急騰を始めることが一番の特徴となっています。

業績も振るわず、株価もあまりあがらないでずっと同じような値段で放置されているような株がターゲットになります。

仕手株になりやすい銘柄は、小型株で、発行済み株式数が6000万株未満の株か、時価総額が低い銘柄が狙われます。

これは、仕手戦を繰り広げる仕手筋、機関投資家の資金で株価操作を行うことができるからです。

また、信用取引ができる銘柄で行われることが多いです。

制度信用取引ができる銘柄だと持っていない株を売るから売りをしている売り手もいます。

ふみ上げ相場というから売りをした人が損失に耐えかねて買い戻してさらにあがる相場に持ち込むことができます。

ふみ上げ相場期待の信用買いと、空売りでの損が我慢できず買い戻しの買いが合わさり、株価が高騰していきます。

そこで起爆させた仕手筋が売って儲けるために制度信用がある銘柄が狙われます。

信用売りが多くなっているのは業績がよくない銘柄が売られるので、業績がよくない銘柄が狙われます。

オーナーが安定株主の場合にも仕掛けの対称になりやすいです。

仕手筋の仕込みは、市場に人気がでないうちに購入を行い、安値で仕込みを始めます。

これを「玉集め(ぎょくあつめ)」といいます。

仕込み枚数は豊富な資金で仕込みますので、一気に買い集めると売買高に現れて、マーケットに仕込みがばれてしまうので、慎重に隠密に実施されます。

安く、多くの枚数を集めるのかがして筋の勝負のポイントとなっています。

次に行うのは、ターゲットの銘柄を市場で目立たせるように、出来高を急激に増やします。

売買高を増やすときには株価を上げないように、自分たちの仕込みコストが上がらないように実施します。

信用取引ができる銘柄では仕手対象銘柄をわざと空売りして売ることもあり、つなぎ売りに過ぎませんが、空売りが増えて踏み上げを期待した投資家がえさにつられて入ってきます。

売買高ランキングや値上がりランキングなどに乗せて投資家の注目を集めて自分の売り注文により売り板も厚くなり出来高も急増させることを「玉ころがし」といいます。

その後、仕手筋は、情報操作を行います。

よくないマスコミとつながりがあると大相場到来などと情報を流し、ネットの掲示板にも買いのあおりを書き始めます。

急騰をし始めたら、仕手筋は目立たなく売ります。

このときの出来高が増えているのは、一般投資家の買いと仕手筋の売りが交錯しています。

さまざまなうわさが飛び交うようになり、仕手筋をおう「提灯買い」が始まります。

その跡にふるい落としが実施されます。

ふるい落としとは

ふるい落としは、大口投資家や仕手筋が株価が上がりやすくするための無駄な玉削りと玉集めをするためにわざと空売りや、売りをぶつけてきて、株価をさげて安く入手することです。

また、「浮動株」を少なくして、自分たちの都合のいい相場を作ろうとしています。

ある銘柄はニュースがでて出来高を伴ってあがってしまった。

まだあがると思われるが、提灯買いが高値で買ったしこりの玉が多くて、少しあげただけで利食いの売りがでてなかなかあがりにくくなっているときに、冷やしの玉を入れて振るいかけが行われます。

板の動きが怪しくなります。

チャートで見ていると、上値でふたをして買い集められているような感じのチャートができて、過去に出来高が上がって上昇している銘柄となってくると振るい落としにかけられていると考えてもあながち間違いではないかもしれません。

下げて弱気な人たちが売って、それを仕掛けた大口や仕手筋が買います。

少しあげても、売り玉が軽くなってきて、一気に抵抗線を突破させて次の段階へとシフトします。

浮動株をあるい程度支配したときには、仕手筋はもう一度玉ころがしを始めて、株価のつり上げを行い、さらなる揺さぶりをかけてきます。

「玉ころがし」と「振るい落とし」、さまざまな情報のうわさ、心理戦によって個人投資家が高値で買いを入れてくるように仕向けます。

ただ、一本調子であがり続けると売りが極端に少なくなり、仕手筋は持っている株を売るチャンスを逃すことになります。

そのために株をまとめて売って下げるふるい落としをします。

機関投資家の売りや買いは、普通は一気には出てきません。

打って少し買い戻すという行為を何度も繰り返すことで、売り崩しを図ります。

高値の売り玉を半分ぐらいのこして回転を繰り返して水準を下げていくと株価は下がって自分の購入単価を下げて量を増やすことに成功することができます。

信用の振り落としは、最多売買価格帯から20パーセント下方までが基本です。

個人でのロスカット率が20パーセント程度になっていると予測してのことです。

20パーセントに到達した時点で三分の一はふるい落とされてしまいます。

信用建でまだしぶとい人を落とすために30パーセントから35パーセント下げさせて追証に追い込みます。

ただ、安値の付近では新規の買いが沸いてくることが機関投資家や仕手筋から見るとやっかいです。

機関投資家の持ち玉がどのあたりにあるのかというと、板で節目ごとに大きな買い玉や売り玉があるとそれが機関投資家の玉です。

買戻しをしようとしているときには大きな玉を並べておいて底に向かって売り崩しを図っていく。

逆に、売りをするときには高値付近で大きな玉をぶつけてくらいついていくように見せて、その大きな売り玉も自分のものなので自作自演と呼ばれています。

仕手筋の使うアルゴリズム

仕手筋は余りたくない価格で大量の株を集めなくてはなりません。

また、目立つ行為をする行為もできません。

そこで、現在では仕込みの時期にアルゴリズムが使われます。

アルゴリズムは自動的に売買発注をしてくれるものですが、人間の反応速度をはるかに超えるスピードできます。

ただ、すべての仕手筋が使っているわけでも、アルゴリズム取引があったから仕手筋というわけでもないことに注意してください。

板の上に指値を出して、すぐに上に繰るような注文があったとしたら、アルゴリズム取引を疑っても間違いがないかもしれません。

このアルゴリズムを買いアルゴリズムといいます。

ただ、注意すべきはだましのアルゴリズムがあることもあり、買いのアルゴリズムだと思っていたのに、売りのアルゴリズムだったなんてこともあります。

また、買いアルゴが板に生息しているからといって、上がるとは限りません。

アルゴが発動して上がった後に、売りのアルゴが全戻しをしてくるのは買いと売りのアルゴリズムを両方あわせて、ひとつのアルゴリズムが形成されています。

大ロットで試しに指値を入れてアルゴリズムを確認すると見せ玉だと疑われることになるので、ためしはしないほうがいいかもしれないし、約定しても投資は自己責任です。

まとめ

仕手筋についていくことができれば、彼らが緻密にチャートを組んだり、イナゴを蹴散らせたり、弱気の投資家をふるい落としたりとした努力をつかみ取ることができます。 しかし、彼らも余計な人たちがくっついて提灯がいると嫌な場合も多いので、ふるい落としにかけてきます。 ふるい落としに堪えることができる人、ファンドが本気で逃げたわけではないと見抜くことができる能力がある人のみが利益を手にすることができます。 ついていこうとするときはいいですが、ふるい落としでふるい落としだと見分けることができないと指をくわえてるぐらいしかできなくなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

機関投資家に追随して仕手のちょうちん持ちをすると楽に儲かるかも
Reader Rating 4 Votes