ニーサ制度がすこし変わって、もっと使えるようになったニーサ!

shutterstock_332414873

ニーサ制度が変更されて、何が変わったのか、何が変わっていないのか

ニーサ、NISAと最近よく耳にしますが、ニーサ講座とは何のことでしょうか。

ニーサ口座による税制優遇により、有利になるらしいけど、どうしたらいいのかわからない。

ニーサが変わったって何が変わったのなどといっていませんか。

ニーサのお得な使い方についてお伝えします。

 

NISAとは

NISAとは、少額投資非課税制度のことで、株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にすることができる制度です、NISA口座で取引をすると税制面からメリットを受けることができます。

ニーサは、イギリス発祥の個人貯蓄口座、ISAを制度の参考にしています。

ジュニアNISA

2016年1月からジュニアNISAの申し込みがスタートしました。

ジュニアNISAとは0歳から19歳までの未成年者専用のNISA口座です。

通常のNISA口座と同じように、配当金、分配金、譲渡益は非課税となり、最長5年間の非課税の恩恵を受けることができます。

投資のすそ野を拡大すること、贈与税がかからない年間110万円までの贈与と年間80万円以内のジュニアNISA投資を組み合わせれば、うまい相続税対策などが組むことが可能になりました。

家族での投資非課税枠が増えて、贈与に用いることができて、長期投資の促進などが狙いとしてあり、十分に恩恵を受けることができる制度です。

NISAの変更点

NISAは、2016年1月からスタートした新制度を導入されて新しくなっています。

2016年1月から、「毎年120万円」までの非課税投資枠が設定されて、投資金額120万円分までの株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)が非課税となります。

2014年からニーサ制度は導入されて、2023年までの10年間に、毎年新たに120万円の非課税枠が追加されていきます。

非課税期間はそれぞれ最大5年となっています。

途中で売却した場合には非課税枠を使ったとみなされて、再利用することはできなくなっています。

さらに、非課税枠を利用しての投資総額は合計で600万円までとなっていて、それ以上の金額は非課税の対象となりません。

非課税枠の繰り越しは基本的に認められておらず、2016年分の非課税枠は2017年に持ち越しなどは行うことができません。

5年間非課税ですが、NISAで買うには、長期投資向けの株や投資信託を選択するのがよいでしょう。

一度売却したら非課税枠が適用されなくなることから短期売買には全く向いていないことがわかかります。

NISAのデメリットのなくしかた

NISAは、配当や分配金、譲渡益が非課税になるという制度です。

しかい、NISA口座内の投資信託や株が値下がりした時にはNISAのデメリットが出てきます。

NISA口座内では損益通算ができませんし、ほかの特定口座などと損益通算することができません。

損益通算とは、一年間の利益と損失を合わせて、課税所得が産出されるのですが、NISA口座内で発生した損失は、ほかの特定口座での損益と通算することができないため、NISA口座内で損失を出すことは非常にもったいないこととなります。

もし、下がってしまった場合には、すぐに損切るか、ナンピン買いでくらいついていくか、翌年の口座にロールオーバーしてしまうなどができます。

NISA口座から特定口座に移管したりするとややこしくなります。

100万円で買った株がニーサ口座内で50万円になったとします。

そして、特定口座へ振り替えをすると、50万円で所得したとみなされます。

そして120万円になったとすると70万円の所得とみなされて全体としては利益が出ているはずなのに、70万円の20パーセント程度が課税されて、28万円が税金で引かれたため、42万円の値上がり益しかとることができず、特定口座で買っていたら値上がり益20万円から8万円の税金で12万円を得ることができましたが、ニーサ口座を使っていたがために、8万円の損失となってしまいます。

このようなことにならないためにも、値上がりする株式、あるいは配当金が多い株式などを狙う対象にすべきであるといえます。

NISAのメリットを駆使する

NISA口座内で発生した配当金、分配金、譲渡益が5年間非課税になることです。

しかし、非課税になるが、損益通算を行うことができません。

先ほどの例でも説明したように、配当金が高いか、今現在の株価よりも下にいって低迷をしないような株式で運用を行う必要があります。

しかし、一時間後の株価もわからないのにどうやって数年後の株価を予想するのでしょうか。

無理といえば、無理な話に聞こえます。

もし、ニーサ口座で運用するとするなら、株主優待か配当金が充実している株式か、これ以上下値がないバリュー株投資のどちらかになるかと思います。

NISAで買われている銘柄

2014年、NISA口座が導入されて2か月たった時に、日本株で買われている銘柄を調べた。

順に、紹介をします。

武田薬品、キャノン、みずほフィナンシャル・グループ。

ソフトバンク、イオン、三菱商事、NTTドコモ、トヨタ、三菱UFJ、三井物産までがこの順番で人気順になっています。

そして11位から20位までは、三井物産、住友商事、日本マイクロニクス、ソニー、あおぞら銀行、ANAホールディングス、JT、エーザイ、日産自動車、コマツ、ニプロまでが20位です。

21位から30位までは、ニプロ、ガンホー・オンライン・エンターテインメント、パナソニック、ホンダ、伊藤忠商事、コロプラ、ユーグレナ、アコーディア・ゴルフ、日本航空、野村ホールディングス、SBIホールディングスまでとなっています。

2015年、NISAの買い付け金額ランキングでは、1位みずほフィナンシャル・グループ、2位三井物産、三位は三菱UFJフィナンシャル・グループとなっています。

4位以下は、オリエンタルランド、東芝、トヨタ自動車、NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデkックス連動型上場投信、イオン、キャノン、シャープ、東京電力、マツダ、丸紅、WTI原油価格連動型上場投信、ANAホールディングス、健康コーポレーション、ゆうちょ銀行、NEXT FUNDS NOMURA原油インデックス連動型上場投信、三菱商事、セブン銀行、日本郵政となっています。

最近の2016年1月の二週目の買い付け金額ランキングは、1位三井物産、2位トヨタ自動車、3位イオン、となっていて4位以下は、NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信、みずほフィナンシャル・グループ、キャノン、三菱UFJフィナンシャル・グループ、住友商事、ゆうちょ銀行、丸紅となっています。

現在、割安株とされている銀行などの銘柄や商社系などに人気が集中していることがわかります。

PBRが一倍を割れているためか、割安株と認識されて人気化していることがわかります。

2014年では原油がものすごく下げてきているので、割安だと認識した人々がWTIの連動型上場投資信託を購入していることが見受けられます。

また、イオン、オリエンタルランド、ANAホールディングス、日本航空などの株主優待が充実している銘柄も人気化していることがうかがえます。

不祥事があったことから安値を付けている、シャープや東芝などの銘柄もニーサで買いが入っています。

これはこの後の電気機器の業界の再編により譲渡益が発生すると見込んでいる人たちの買いが集まっているのでしょうか。

賭けとしては勝てれば譲渡益が非課税で大きな利益を手に入れることができますが、損失が出た場合や長期低迷を続けた場合などにはあまりうれしい結果を手に入れることはできません。

それなりにハイリスクハイリターンな投資をしているといえます。

全体の傾向として新興市場などの銘柄がかなり少ないことがうかがえます。

ハイリスクハイリターンを狙ってニーサ口座を運用することはあまり有意義ではないことを多くの投資家が賢明にも判断していることがわかります。

逆に、ニーサで大きな成長を期待できる銘柄をもって、非課税をフルで活用するという使い方も推奨されている。

そーせい、サイバーダインなどの新興市場の人気銘柄なおです。

ただ、そーせいは単元100株を購入しただけで100万ぐらいなので、そーせいはちょっと大きすぎます。

また、初心者向けとして、JPX400のROEなどが高い銘柄群への投資を行っている投資信託などが有利とされています。

まとめ

ニーサ口座がそもそもどういったものなのか。 それが最近どのように、かわっているのかなどが理解できたでしょうか。 ニーサを使って、税制を優遇してもらえることがわかってすぐに始めなきゃ損をするとお考えになったかもしれません。 すぐに始めたい方は、記事にもありますが、周りの人がどういった株を買っているのかをみて考えて、まねをするなり自分で探すなりで自分のニーサ口座に入れる銘柄を選んでみてはいかがでしょう。 選んだうえで、ニーサ口座を開設してニーサ口座で買い付けて数年待ちましょう。 数年後が楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ニーサ制度がすこし変わって、もっと使えるようになったニーサ!
Reader Rating 1 Vote