株式市場にはびこるアノマリーを分析して利用して投資に役立てよう

shutterstock_316295534

株式市場のアノマリーを、アノマリー分析

株式市場では、なぜかどういうわけか同じような動きをすることがよくあります。

そういったものをアノマリーと言います。

このアノマリーを生かして投資することでパフォーマンスが良くできるでしょう。

アノマリーとは

投資手法は、ファンダメンタル分析、テクニカル分析があってとっても有名です。

どちらにも当てはまらない分析手法がアノマリーと呼ばれています。

どうしてそうなるのかを説明することができない動きを用いた投資法、アノマリーです。

日経平均の年間での動き方のアノマリー

日経平均株価のアノマリーについてみてみましょう。

まず、1月から3月ごろまで前年末での上昇分だけ反動で下げます。

しかし、3月末の配当取りの買いで上昇。

そして4月から6月までは、4月第一週は機関投資家の売りから始まります。

そのあと、ゴールデンウィークまで上昇します。

5月の半ばからヘッジファンドの売りに伴う売りの加速があり、4月5月ごろにピークを打ちます。

7月から9月にかけては、方向性の出にくい相場で、外国の投資家がバカンスを取ってお休みになる時期になっていて相場での取引量が減って、下げがきます。

そして、10月から12月にかけて、10月、11月ヘッジファンド決算売りで下げるが年末に向けて買われ、クリスマス商戦追い風となって上げ相場が展開されます。

これらの動きとして、機関投資家や外国人投資家などの事情で株を売買するタイミングが毎年決まっているからその通りに株価が動きやすい。

アノマリーを信じる投資家が多くなっているので、そのアノマリーを信じて動く投資家の資金の流れが市場の流れをアノマリーニそうようにする。

また、これらについてさらに詳しく見ていきましょう。

「1月効果」といわれるものがあります。

毎年、12月末から1月の第1週目の終わりまで相場が上昇するというアノマリーです。

年末には税金対策で株を売って利益確定、損失確定などが増えるが、新年を迎えて売られた資金が再度マーケットに戻ってくるからと考えられています。

12月末ごろに受け渡し日が新年になってから上昇が始まり、この大納会に向けて株価が上昇することを「掉尾の一振」といわれます。

ここで、掉尾とは、「物事が最後になって盛んになること」とされていますが、最近ではサンタクロースラリーと一般に言います。

大発会に高値を付けてそのあとに下がることが多くなっています。

この下げは1月の中旬が底となりやすいです。

また、1月は小型株の株価が上がる、1月の相場が堅調ならその年の相場は堅調などともいわれています。

「節分天井、彼岸底」といわれる2月と3月のアノマリーがあります。

節分ごろ(2月上旬)に高値を付けて、彼岸(3月中旬)に底値を付けるというアノマリーです。

1月効果で投資資金が流入しても、2月上旬には上場企業の決算が出尽くし、材料出尽くし、3月決算にかけて売りが出てくるが、3月下旬の配当や優待取りを目指した資金が買いで入ってきて相場を上げるという説明がなされることがあります。

それが終わると、「4月効果、新年度相場」が始まります。

日本株は4月の新年度に上昇しやすいというアノマリー、新年度で新規投資マネーが入るからと説明されています。

昭和の日の前営業日からゴールデンウィーク明けの上昇率は2001年から2006年までの統計では1.08パーセント上昇していることがわかります。

彼岸底でポジションを整理した資金が入ってくるからともいわれています。

5月になると、「鯉幟の季節が過ぎたら株は売り/Sell in May」と呼ばれる時期になります。

5月の相場は荒れます。

理由はヘッジファンドなどの決算が5月に集中しているからです。

暑くなってくると、「夏枯れ相場」が7月、8月にきます。

夏バテを相場もしています。

買いが入りにくくなり、出来高が減少します。

そして9月23日の秋分の日、に「彼岸底」を打ちます。

これは彼岸の時期に中間決算のピークを迎えて底を打ちます。

そして、「頭を垂れる稲穂相場」がきます。

9月の売りが一巡した後に10月は買いが先行します。

これらのことから、12月の初めに打って、クリスマス前に買い戻し、大発会で売却をすることにより、アノマリーでは儲けることができるということが統計的に表れています。

そして、日経平均は12月下旬に底値か1月11から15日に底をつけるため、その時期に購入をして、ゴールデンウィーク明けに売りをして、ゴールデンウィーク明けに空売りをして12月下旬のクリスマス前に買い戻しをすると一年間の年間を通して設けることができるというアノマリーがあるようです。

 

アニメとアノマリー

日本のアニメが株価に影響をしているというものがあります。

アニメはサザエさんと、自ブリの映画です。

まず、サザエさんは視聴率が高くなると株価は低調で逆に視聴率が低くなると株価は上がるという反比例の関係にあるという関係です。

これはサザエさんを見ているということは家族が家に揃っているということで、外出をせずに家にこもっているから消費の面から株価によくない影響を与えていると考えられます。

そして、ジブリの映画ではジブリの放送があると次の日の相場が荒れるといわれます。

これはジブリアニメは金曜日に放送されることが多いため、アメリカの雇用統計と重なるからか、悪いニュースは基本的に週末に出やすいためか、これらが影響していると考えられています。

細かいアノマリー

大型株への投資よりも小型株への投資の方がパフォーマンスが良いというアノマリーがあります。

小型株は時価総額が低く流動性の低い銘柄です
週末効果で、悪いニュースが週末の休日にでやすく休日に発表すると株式市場での取引まで時間があるため休日にでます。

そのため、月曜日は株価が低いことが多いです。

また、月曜日の収益率が低い「月曜日の株安」の現象は実際に観測されています。

月曜日の株安は、ほかの曜日に比べても下がることが多くて、値動き自体も大きいです。

そして、水曜日は反発をすることが多く、週末からの下げすぎに対する株価の反発がおこります。

木曜日以降の収益率を確かめると、「週末への株高」を観測することができます。

「買い」を入れる時には月曜日の終値、「売り」を入れるならば金曜日の始まり値が有効であるというアノマリーも観測することができます。

SQ(Special Quotation、特別清算指数、最終清算指数)値は、日経225先物取引の3月、6月、9月、12月の、オプション取引においては毎月の、第二金曜日の始まり値の現物指数の値段によって決まります。

SQの金曜日の寄り付きでは、愛艇取引による現物株の売りがでてきますが、その売り玉をファンドなどが買い取り、SQの金曜日の出来高は普段よりも2倍から3倍の大きさになることがおおく、3月、6月、9月、12月のSQをメジャーSQといいます。

SQ値は、出来高が多い価格帯なのでSQ値を株価の節目に見る投資家が多く、SQ値は上値抵抗線、下値抵抗線などになることが多いです。

支持線になりやすいです。

TOM(turn of the month)効果と呼ばれるものもあります。

TOM効果とは、株価は、月末、月初の数日間に上昇することが多く、月末、月初はほかの期間に比べてパフォーマンスが良いとされています。

英国のバークレイズが調べたようです。

TOM運用日本株式ファンドなるものがファンドとして組成されるぐらいには有効な戦略のようです。

月末の4営業日と月はじめの2営業日の計6営業日のみ日経平均を保有し、それ以外の時期には短期債権に投資するというファンドです。

月末から、4営業日前の取引終了時点の終値近くで日経平均先物を買って、月はじめの2営業日後に日経平均先物を売るという戦略のようです。

特にTOM効果が出やすい個別銘柄は、ジャフコ(8595)、アマダ(6113)、日立金属(5486)、東急不動産(8815)、ソフトバンク(9984)、東急建物(8804)、三菱UFJリース(8593)などによく出るといわれています。

アノマリーについてまとめました。

アノマリー分析は、さまざまなものが行われていますが、なぜかそうなるという不思議な現象かもしれませんし、確率的な「たまたま」が「偶然」に「連続」して発生しているだけの現象かもしれません。 ただ、バークレイズなどの外資金融機関が目をつけるぐらいの大きさのアノマリー、発生の確実性がそれなりに期待することができるアノマリーも存在しているということがわかりました。 実際には、その他の大きな流れや、細かなノイズといったものの影響により見えないかもしれません。 しかし、見えた時にはこのようなアノマリーとして知られるようになるかも知れません。 まだまだ、マーケットには探されていないアノマリーが多くあることでしょう。 探して設けるのも一興かもしれませんね。>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

株式市場にはびこるアノマリーを分析して利用して投資に役立てよう
Reader Rating 1 Vote