オニールの成長株投資を使って億を目指す

オニールの成長株投資でマザーズを使って億を目指しましょう

投資手法には主に、二つの流派があります。

まず一つ目は、「割安な株」を狙っていく割安株投資です。

二つ目は「これから成長していく株」を狙っていく成長株投資です。

この成長株投資について知ることは、成長していく企業の多いマザーズなどを対象とした投資を行ううえで必須のものとなっています。

成長株は割安株投資に比べて「夢やロマン」といったものが多いため、好んで投資に用いる個人投資家が多いです。

 

オニールとはだれか

ウイリアム・オニールは、ウイリアム・オニール&カンパニーの創業者です。

バンローリング者により、成功した投資業界の人物として評価されて、証券投資で得た利益で30歳でニューヨク証券取引所の会員権を所得して投資会社であるウイリアム・オニールを設立しました。

この会社は磁場の新聞であるインベスターズ・ビジネス・デイリーを出版していて、ウェブ上のチャートサービスのマーケットスミスを展開しています。

この会社が出版している週間のチャートブック『Daily Graphs』という週足と日足を乗せた青と緑の表紙のチャートブックをファンドマネージャーは購入していました。

現在の顧客には境の大手機関投資家で資金運用を担当する人です。

オニールの成長株発掘法の要点

株は価格が上昇しているときに買って、決してナンピンはしてはならない。

チャートの形を確認して週足でカップウィズハンドル(コーヒーカップのようなチャート、下降トレンドの終盤にカップの底から株価が上昇していきそのまま上昇はせずにカップの口の部分でいったん下げてカップの柄を形作ります。

このカップから出てきたところが、エントリーすべきポイントです)などの強いパターンのチャートでブレイクアウトしたところを狙う。

市場が低迷しているときに最も下落が少なかったベースパターンの銘柄が良いです。

機関投資家が買い集める時には週の高値と安値の幅が小さくなります。

週単位の出来高を見て、急増しているのが重要です。

EPSの伸び率が重要で、チョッキのEPSが前年同期比で18パーセントから20パーセント程度の伸びであるなら買いを控えるのが良いです。

過去2四半期続けてEPSが増加している銘柄を選ぶ。

年間EPSの上昇が15パーセント程度だったものが40パーセントから50パーセントに増えていたら要チェックです。

売り上げと収益が3四半期で急速に増加していたらチェックです。

2四半期でEPSの増加率が悪化していたらだめです。

オニールのスクリーニング方法、CAN SLIM

オニールの成長株投資のルールの7つをまとめたものがCANSLIMです。

まずはそれぞれを見ていきましょう。

Cは、Current earningsの頭文字で、当期の業績です。

EPS(一株当たり利益)の成長率が前年当期と比べたときに最低でも、18パーセントから20パーセント程度は必要だと説きます。

特別利益、特別損失などの業績に関係のないところでの影響は除外してみます。

大きな伸びの基準としては、70パーセントや90パーセントの伸びをいいます。

利益が単純に二倍近くなっているような卓越している銘柄に投資をしろと言っていますが、最終的には20パーセントから50パーセント程度でもいいよということになっています。

EPSの変化率が加速度を増して増えているようなものが望ましいです。

Aは、Annual earningsで年間の収益です。

一年間の利益、一株当たり利益のEPSが25パーセント程度上昇している株が望ましいです。

過去三年程度にわたってそのような上昇率が維持できていればものすごくよいです。

来年の予想の市場コンセンサスが今年よりも高い株でなければだめだし、株主資本利益率のROE(Return On Equity)が17パーセントはほしいです。

過去五年間の年間収益に著しい成長がみられている銘柄で、過去4年から5年で毎年25パーセントから50パーセントなどの成長がよいとハードルを上げています。

Nは、New product or serviceで新製品、新商品を出しているか。

新製品や新しいサービスを提供していて、消費者や顧客などから支持されて、いわば宗教のようなサポーターがいるような会社がいいです。

株価があっという間に何倍にもなるような相場を狙っているのですから新しい何かの材料が必要で、その材料が製品やサービスの新しいものであればよいということです。

SはSupply and demandでその会社の株式の需給環境が良いか、悪いかです。

発行済み株式数が少なく、需要の多い株を狙います。

発行済み株数が少ない品薄株は上がる時も早く上がりますが、下がるときは急降下していきます。

だから、逃げる時にはすぐに逃げましょう。

LはLeader or laggardの略で、その銘柄がそのセクターのトップを走っているリーダーのような銘柄か、それとも出遅れている銘柄なのか。

有力産業の上位の二社や三社は驚異的な成長を遂げる可能性がありますので、マーケットをけん引するような銘柄であることが重要です。

IはInstitutional sponsorshipの略で機関投資家に好まれているのかです。

大株主のリストに、大手の投信や、機関投資家が入っている銘柄を選ぶことです。

株を最も売買するのか機関投資家です。

投資実績が平均以上の機関投資家が数社持っている会社が安心です。

経験豊かな機関投資家が保有しているのは良い銘柄である可能性が高く、株価が下がっても買い支えをしてくれることが期待できます。

しかし、過剰に機関投資家が保有していると新たに買いを入れてくる資金がいないので将来的に買ってくれそうな余地を残している銘柄が良いです。

MはMarketで一歩下がってマーケットの地合いはいいのかのことです。

どんなにいい銘柄でも、相場全体の地合いがどうしても弱い時には我慢しましょう。

相場が調整局面に入ったら、売れるもの、ポートフォリオの足を引っ張っているものから少し処分して軽くしておくことです。

オニールのリスク管理

オニールはリスク管理を以下のように教えています。

まずは、買値から7パーセントから8パーセント下がったら損切をします。

損を放置しておくというのは、多くの投資家が侵す過ちの中でも最も深刻な間違いであるといい切っています。

一般的な投資家の初心者は、利食いは早く、損切は遅い傾向にあるようです。

評価損を長引かせると一銘柄でも致命傷になる可能性があります。

個別株ではストップ・ロスが必須です。

理由は単純でどこまで下げるのかがわからないからです。

その特定の株価がこの程度の下げで下げ止まるという見込みが当たるという保証は全くなく、損失をどこかでストップさせないと損失は膨れていく恐れがあるため、ストップ・ロスが必要です。

ブレイクアウトで予定数の半分を買って、買値から2パーセントの上昇で残りの半分を買います。

そして、3パーセントの上昇したのを確認してから予定数までの足りない分を買い足します。

ブレイクアウトから5パーセント上げたら買い増しをもうしてはいけません。

ブレイクアウトから1週間から3週間という短期間で20パーセントも躍進するほど強い銘柄は最低でも8週間は持つべきです。

市場が天井を売ったら成り行きで25パーセントを利益確定で現金化します。

売りのサイン

クライマックスストップとは、一日の上昇幅が今までの何か月分かの最大の上昇をすることで、出来高も最大になるような日です。

最初のベース、二回目のベースから18週間が過ぎていて、3回目以降なら12週間以上離れていて、さらに上に窓を開けて寄り付いたら天井が近いです。

週足チャートで急速な株価の上昇が2週間から3週間、もしくは日脚チャートで7日連続か8日連続でついているか、10日中8日が急速な株価の上昇がみられるようなら売りのサインです。

長期の上昇の後の大商いなのに、株価が上昇しなかったり、株式分割後1週間から2週間で25パーセントから50パーセント上がったり、株価下落日の増加がみられたり、大きな上昇の後に株価がその上方チャネルラインを抜けるようなときが天井のサインです。

そして、以上で書いたような天井のサインから落ち始めたらすぐに売りましょう。

20パーセントから30パーセントの上昇で利食いをします。

しかし、機関投資家が保有しており、適切なベースを抜けたポイントから1週間から3週間で20パーセント以上上昇した時にはホールドです。

弱気相場では15パーセントで利食い、3パーセントのマイナスで損切しましょう。

株価上昇してマスコミが騒ぎ始めたり、ツイッターが騒ぎ始めたりしたら売りです。

特定の銘柄に対する期待感が高まったり、その銘柄が継続して上昇することが明らかに見えたりするようでしたら売ります。

四半期の増加率が2四半期連続で著しく鈍ったか、前回音増加率の2分の3になったら売りです。

噂では売ってはいけませんし、売りの過ちを検証しましょう。

まとめ

オニールは、成長株を狙っているのでマザーズ市場やJASDAQ市場などで大いに用いることができる投資法です。 オニールの成長株投資はちょっと条件が厳しくなっていますが、その条件をクリアできた株には全力で買い向かいます。 この分散投資からずれている考え方も割安株投資とは決定的に違うポイントとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

オニールの成長株投資を使って億を目指す
Reader Rating 2 Votes