伝説の投資家のギャンをまねて億を目指す投資方法

伝説の投資家のギャンの投資方法について

ギャンはアメリカの投資家で伝説ともいわれている人です。

投資をして彼はものすごく設けていました。

その投資方法は現在にも生きるところが多いです。

すこしでも生きたものとして吸収しましょう。

ギャンとは

ウィリアムDギャンは、米国の伝説になった相場師です。

1878年のテキサス生まれです。

24のルールで彼は有名になっています。

1900年代の前半に活躍した伝説のトレーダーですが現在でもその投資方法は有効性が高いといわれています。

ギャンの有名なものの一つに、「価値は時間に等しい」というものがあります。

これは価格が方向を変えるためには相応の時間が必要であることを教えています。

ギャンの価値あるルール

一つ目のルールは、「資金と損失の限度」にかんしてのルールは1回売買における損失の限度は総資金の十分の一までに抑える。

二つ目のルールは「ストップロスは必須」で、損失が増えすぎないように損失の限度内にストップロスを入れるようにします。

三つめは、「オーバーポジションは禁止」で、資金配分にあったポジション量を心がける。

過剰な取引をして前資金を失うようなことがないようにする。

三つめは「トレーリングストップ」といって、ストップロスを引き上げて利益が損失にならないようにする。

四つ目のルールは、「トレンドフォロー」といって、トレンドに逆らって下がり続けているものの逆張り投資は厳禁とする。

迷いは禁物で迷ったときは手仕舞いをして取引をしない。

七つ目のルールは「流動性のないものには手を出さない」です。

活発に売買されて値動きのあるものを取引すること。

八つ目のルールは「リスク分散」です。

資金を一極集中させるよりもいくつかの銘柄に分散させたほうがリスクは小さく済みます。

九つ目に「指値注文の禁止」です。

機関投資家のように一日中ずっと張り付いていられるなら別ですが、ずっとみることができるわけではないなら指値注文は個人投資家ではその限りではないので禁止です。

十番目のルールは、「手仕舞いルール」です。

理由もなく手仕舞いをしないし、自分なりのルールを作ってそれに従って手仕舞いをします。

十一番目のルールは、「利益を売買につぎ込まない」です。

利益が出て余剰資金ができた時には売買資金とは別勘定としてみましょう。

十二番目のルールは、「小利益の売買はしない」です。

スワップ金利狙いやスキャルピング取引を戒めます。

十三番目のルールは、「ナンピンはしない」です。

値下がりするたびに買い増しをすることをナンピンといいます。

難平は、難しいという字があてられていることからもわかりますが難しいです。

相場が反転すれば利益が出ますがリスクが高すぎるので行ってはいけません。

十四番目のルールは、「待つこと」です。

我慢できないからと言って、無駄な売買をしてはいけません。

待つことをしましょう。

十五番目のルールは、小さな利益と大きな損失は避けます。

小さな利益ではすぐにひっくり返ってしまうし、損失が出たからといって持ち続けていると大きな損失になってしまいます。

これらは避けるようにしましょう。

十六番目のルールは、ストップロスのキャンセルの禁止です。

売買の現在値がストップのロスカットの水準にまで落ちてくると迷いやためらいなどが生じてしまいますが、決してキャンセルしてはいけません。

十七番目のルールは頻繁に取引をしないことです。

頻繁な売買は手数料やスプレッドがかかるだけではなくて、失敗率も増えてしまうために禁止です。

十八番目にショートの活用が推奨されています。

買うことのロングだけではなくて、売りのショートでも儲けるチャンスを作ります。

十九番目のルールは、「値ごろ感で売買はしない」です。

安値覚え、高値覚えと言って戒められていますが、つまりはそういうことです。

安値だからと言って、それ以上安くならないとは限らないし、高値だからといってそれ以上高値を追わないというわけではないのです。

二十番目のルールは、「ピラミテッィング(買い増し、売り増し)のタイミング」についてです。

トレンドができる前だと、自分のポジションの逆を行ってしまう場合もあります。

そのため、買うにしても売るにしてもトレンドが形成されるようなラインを突き抜けて突破したことを確認してから突撃しましょう。

二十一番目のルールは、ピラミテッィングの選択です。

銘柄によって、強いトレンドや弱いトレンドなどで上昇トレンドや下降トレンドなどを描いています。

その中でも強いトレンドを持っているものを積極的に選びましょう。

二十二番目のルールは、ヘッジの両建ての禁止です。

損失を減らそうとして同じ銘柄の反対売買を行ってはいけません。

次に、二十三番目のルールは、「理由とルールに基づいた売買」です。

自分のルールを定めて、それに従って売買を行います。

二十四番目のルールは、「利益確保後の売買禁止」で、十分な利益を確保したら無駄な売買を行ってはいけません。

二十五番目のルールでは「天底の憶測禁止」です。

天井や底を勝手に憶測してもそれが外れた場合には泥沼にはまってしまいます。

二十六番目のルールに、「うわさや不確かな助言での売買の禁止」です。

うわさ話や信憑性のない話を聞いてそれで動いてはいけません。

自分自身で慎重に判断を行いましょう。

二十七番目のルールは、「損切後は売買資金を減らす」です。

損失を出した時点で相場を読むことができていないし、外しているから損失が出ているのに無理に勝負を仕掛けるのは危険です。

最後の二十八番目のルールは、「不適切なポジションメイクや手仕舞いの禁止」です。

たとえ一時利益が乗っていたとしても、間違った取引はほとんどの場合で損失になります。

ギャンの相場をするときの心構え

ギャンの相場を張るときの心構えとして11個のことを心構えとして述べています。

1  何事にも乱されない強靭な心を持つこと。

2  友人と付き合っていく中で、自分にない何かを発見するよう努力すること。

3  物事をすべて良い方に考えるようにすること。

その楽観的な考え方が成功のコツである。

4  最善を考え、最善を尽くし、最善を期待すること。

5  他人の成功にも自分のことのように目一杯喜ぶこと。

6  過去の失敗は忘れ、ここから先の輝かしい将来のことを考えること。

7  常に元気で、笑顔を忘れないこと。

8  他人を非難する暇があったら、自分の仕事に没頭すること。

9  心配し過ぎず、怒ることに躊躇せず、怖いものは怖いと言うこと。

過剰に幸福過ぎないこと。

10 自分を信じ、不言実行を実践すること。

11 自分が正しいと信じてやっている限り、必ず良い結果が生まれると信じること。

ギャンのタイムサイクル理論

相場の動きには、周期などの循環が存在すると考えて、次のような言葉を残しています。

「未来は単に過去の出来事の繰り返しに過ぎず、すべての事象は大サイクルと 小サイクルの組み合わせで成立しています。

新しいサイクルが始まるのは、 価格の極端な乱高下の直後と言えます。

最高値と最安値はともに過去の長い時間 の結果として現れるものであり、この最高値と最安値へと至る期間には一定のサイクルがあります。

」と残しています。

高値から次の高値までの期間や安値を付けてから次の安値までの期間などのサイクルがありました。

大きなサイクルでは、90年、60年、45年、30年、20年などのサイクルが存在して、小さなサイクルは1年、2年、3年、5年、7年などのサイクルが存在しています。

ギャンは、高値や安値からの一年目を非常に重要視していました。

一年という時が循環してトレンドの変化がみられると考えて、この理論と関連したものにアニバーサリーデイトがあります。

これは過去の高値、安値を付けた同じ月に、重要なトレンドの転換である天井や底などの減少が起きるという考え方です。

また、これらの周期の理論を応用して、抵抗を受けるラインを算出することができるとしました。

重要な値動きのうち極端な高値と極端な安値をまず取ります。

次にその高値から安値を差し引き、レンジを算出してその変動の幅を8分割し、1/8の分割点、12.5%、25%、37.5%、50% 62.5%、75%、87.5%といった数字を算出します。

それが支持水準(サポートライン)、抵抗水準 (レジスタンスライン)あるいは買い場、売り場となります。

価格がそれらの ポイント付近で止まれば、トレンドの転換を示していると考え、それが売買ポイ ントと考えます。

まとめ

伝説になった投資家、ギャンの投資方法のルールについて理解できましたでしょうか。 ほかの伝説ともなっているような投資家のルールとも共通しているところも多いと思います。 現在のトレードでも、失敗したときはポジションを減らすというのは損失額を減らすという点でも重要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

伝説の投資家のギャンをまねて億を目指す投資方法
Reader Rating 1 Vote