マイナス金利の日本の現状とFXへの多大な影響

マイナス金利がFXへともたらす強烈な悪影響

マイナス金利が日本の経済を好転させるどころか徐々に悪化させているという事は多くの知識人のみならず、ちょっとお金について本格的に調べ、考えている人であったら知っている事であり、口にしている事だと言えます。

ここ最近の日本は色々と経済的な影響のある大きな変化を起こしていると言えるでしょう。

消費税の増税、貯蓄税や死亡税の議論、軽減税率と言う制度の導入、マイナンバー制度の開始、TPPへの合意など大きく取り上げられ、殆どの日本人なら聞いたことぐらいはあると言えるものを取り上げてもこれだけあります。

しかしそんな経済的な影響のある大きな変化の中でもマイナス金利の導入が何よりも恐ろしいものであると言っても過言ではありません。

マイナス金利は何もマイナスにしているものが金利だけではなく、本質的には円ベースの資産を全てマイナスにすることに他ならず、日本円を持っている時点で損をすると言う状態に他ならないからです。

そもそもマイナス金利の導入によって、一般銀行が日銀に一定以上預けているお金にはその時点で事実上の手数料が課されるため、銀行は顧客に預金してもらうというインセンティブを失っています。

言ってしまえばマイナス金利にしました、なので日本円を持っていた人は罰金です。

と言っているのと同じことになるわけですね。

更にそんな中で貯蓄税導入検討と言う一体国民をどうしたいのかが理解できないことも起こっているわけですが、今回はもっと身近で今では多くの人が手を出しているあるものへのマイナス金利と言うものがもたらす影響についてご紹介していきたいと思います。

そのもの身近なものは何かと言いますとFXです。

安部政権の根幹を成すアベノミクスの円安株高の流れを私達庶民もチャンスとする事ができるとして広まって言ったこのFXですが、アベノミクスを支援してきた黒田バズーカの誤射、あるいは後方爆風や発射後の燃えカスによる被害でかなりの悪影響を受けることになりました。

今回はそんなマイナス金利とFXとの関係について触れていきたいと思います。

あなたの今のFXの資産状況、まだ大丈夫でしょうか?

FXでお金を儲ける事ができるのは増えた分だけであるので

マイナス金利がFXに悪影響を及ぼすポイントはまずFXでお金を儲ける事ができるのは増えた分だけであるの事に関係しています。

何を当たり前の事を言っているのかと思うと思いますが、意外と良く分かっていない人も多いです。

と言うのも円と言うお金が価値を失っていくのだから外貨にしておくと言うのは有効な手段、という事までは分かると思いますが、その外貨を手に入れるために必要な日本円が今まで以上に必要になってきたという事が起こるわけで、今まで以上に元を取るためのハードルが上がるという事だからです。

分かりやすくするため数字で考えて見ましょう。

例えば1万円でドルを100ドル買ったとします。

するとドルの価値が1セントと上がったときの儲けが10円あったとしましょう。

単純に考えて100万円買っていたならそれだけで1000円儲けた訳で、1000万円買っていたなら1万円の儲けです。

こうしたところに投資できる資産が多ければ多いほど大きな儲けが出せるという事が言えるわけですが、この基準が下がってくるとどういう事になるのかを考えて見ましょう。

マイナス金利になってFXで100ドルを手に入れるためには1万円ではなく1万1000円必要になったと仮定するとどうなるでしょう?

儲けは同じく1セントと上がったときの儲けが10円あったとするなら単純に考えて1セント価値上がったときに10円儲けるために必要な初期投資が1000円多くなっているという事が分かるでしょうか?

この法則に則って考えるならFXで1セント上がったときに1000円儲ける為には110万円必要になる訳で、1万円の儲けを出すためには1100万円必要になってくる訳です。

コレはあくまで極端に分かりやすい数字を入れて考えただけですが、FXでお金を稼ぐ法則に則って考えるのであるならマイナス金利で日本円の価値が下がると、そもそも外貨を手に入れるために必要な金額が上がる訳で、FXでお金を儲けるために必要なそもそもの金額が大きくなるという事です。

こうして考えてみるとFXでお金稼ぐことが難しくなると言う悪影響をマイナス金利は齎しているという事が分かります。

FXでお金を稼いでも日本人が使うのは日本円なので

FXへマイナス金利が与える悪影響の二つ目として日本人は結局日本円で使うことが多いことが関係しています。

結局のところ日本円を外貨に変えて儲けを出しても、日本で物を買うなら日本円が必要であり、マイナス金利と言うものはインフレを起こす事で必要な日本円を増やす要因になります。

それってつまり、今まで以上にお金が必要になってくるので稼がなくてはいけないお金が増えるという事になる訳です。

コレを説明するためにマイナス金利がどうしてインフレを起こすのかという事について説明します。

まずそもそも日銀の行っている量的緩和政策は事実上財政ファイナンス、あるいはマネタイゼーションであるという事を理解して下さい。

マネタイゼーションとは中央銀行が通貨を増発して国債を引き受けることにより、政府の財政赤字を解消することであり、国の財政支出拡大とマネタイゼーションを組み合わせて行うことで、景気浮揚とデフレ脱却の効果が見込めるわけですが通貨の信認が低下し、程度の差こそあれどインフレを招くことは確実です。

マイナス金利は通貨発行量を増やす訳ではありませんが、「お金の価値を落して多くの人に行き渡らせて使わせる」と言う目的と効果は同じです。

目的と効果が同じならば起こる結果も同じであり、インフレが起こると言うのはちょっと考えれば誰もが行き着く結論です。

そうでなくても日本の平均給料の微増と消費税と言うすべてのものの売買に関る税金の上昇はすでにインフレを起こしている状態であると考える事ができるわけで、日本で生活に必要なお金はコレから益々増えていくという事は間違いなく誰もが実感している通りです。

しかしFXでお金を稼ぐと言う行為はインフレの影響で給料が上がるような仕組みとは全くの別物。

一国の経済情勢にだけ影響されないと言うのは長所であると同時に短所でもあり、インフレが酷くなってくる国の人がFXを利用して充分な利益を上げるのは逆に困難であるという事ができるのです。

勝率が同じぐらいであるのに一定以上の回数勝ち続けなくてはいけない、あるいは大きな価値を狙わなくてはいけないという事がどれほど不利な事なのか説明するまでもないでしょう。

マイナス金利はこうした面でもFXでお金を稼ぐことを難しくしているものなのです。

FXで勝つための選択肢が減る

マイナス金利はFXで勝つための選択肢を確実に減らしています。

突然ですが、FXで勝つための要素、あるいは高い勝率を手に入れるために必要な条件と言うのを考えた事がありますか?

FXについてそうしたことは色々と言われていますがその中のひとつが勝てる選択肢が多い状況にある時が上げられます。

例えばドル、ユーロ、元、ポンド、円と言う五つの通貨のうちドルを買うことが勝つための条件である場合、それが正解であると知らない人はこの時点で勝率5分の1です。

より細かい事を言うのであればそれぞれに売りと買いのポジションがある訳ですから実際のところは10の選択肢の中からたった1つの正解を選ぶことになるのでそう考えると勝率は10分の1になります。

勿論今一体どの通貨を持っていて、どのポジションを持つのかがもっと複雑な関係性を持ってくるわけですが、この時点で「勝てる」選択肢が減るという事がFXにおいて重要な勝つための要素という事は分かっていただけたでしょう。

マイナス金利は日本円の信用性と、その価値を落すことになる訳ですから日本円を買うという事が「負け」の選択肢になるケースが当然一つ増えることがわかります。

しかし負けの選択肢が増えたら勝つ選択肢が増えるのかと言うと勿論そんな事はありません。

各国の経済状況は当然独立しており、ある程度の相関性をそれぞれの国がもっていはするものの一国の通貨の価値の減退が必ず他の国の通貨の価値の上昇になるとも限らないからです。

例えば日本の円がマイナス金利でどれほど価値を落しても、それ以上に難民問題でポンドが価値を落せば日本円とポンドが負けの選択肢になる訳ですし、もしかしたらそれと同じかそれ以上にテロの影響でユーロが価値を落すことだってありえます。

負けの要素が増えるという事は必ずしも勝ちの要素を増やす要因とはならない。

全ての物事がそうであるようにFXにおいてもそれは言えます。

マイナス金利の影響でもし今後、日本円を買うことが勝つ選択肢とならないのであるとするならそれは一つの勝つ機会の喪失であり、FXにマイナス金利は悪影響を及ぼすと考える事ができます。
 

これからFXに手を出すのなら

以上の事からマイナス金利はFXで勝つために悪影響を及ぼしているという事が言えます。 より言うのであるなら更にこうしたことを考えた人がFXに手を出しにくくなり、FX全体に流れるお金が減るという事もまたFXで勝つために悪影響を及ぼすという事も言えます。 分け合うパイは大きければ大きいほど多くの人が沢山食べることができ、一人の人が食べる量がどれほど偏ったとしてもそれ以上にパイを用意することが出来たら独り占めを避けることができるのです。 FXへのマイナス金利の影響はその逆でパイを縮小することにもなっています。 その為既にFXである程度の外貨を持っている人はその外貨の運用で利ざやを稼ぐことは出来てもこれから始める人はそうは行きません。 マイナス金利によって既に日本においてはFXでお金を稼ぐという事で後発の人は先発の人より圧倒的に不利なスタートをする事になります。 もしこれから始めようと言う人は今まで以上にシビアに注意深く関っていく意識がなければお金を稼ぐどころかお金を失うリスクが非常に高くなっています。 もしこれからはじめようと思っている方、せめてそうした現状把握をした上で始めることをお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

マイナス金利の日本の現状とFXへの多大な影響
Reader Rating 2 Votes