ダイエットから学ぶお金持ちへのなり方!基礎編

shutterstock_248388418

ダイエットと貯蓄は似た原理を持っている

お金持ちになりたいと言う方はいらっしゃいますか?

あるいはお金持ちとまでは言わずとも今よりももう少し余裕を持った生活がしたいという方はいらっしゃいませんか?

恐らく人類の殆どすべてがこの質問に「YES]と答えることでしょう。

その為世界中で色々なお金持ちになる方法やその心得が紹介されており、多くの人がそれらに興味関心を持っていると思いますが中々お金持ちになると言うのは難しいです。

そしてもう一つ、お金持ちになるという事と同じぐらい多くの人が望んでいて、その方法が色々あり、それについて多くの人が興味関心を寄せているのに中々実現するのが難しいと言うものにダイエットと言うものがあります。

この二つの事柄実は非常に良く似ていて物事の置き換えが出来たらどちらかで成功できる人はもう片方でも成功することもそんなに難しいことはないといえます。

今回はそうしたお金持ちへのなり方をダイエットを成功させることから学ぶと言うテーマでお金持ちへのなり方と言うものを考察してみました。

ダイエットの失敗する要因はお金持ちになれる要因

お金持ちになることとダイエットを成功させることが似ていると言う理由はその二つの事柄が「全く」逆の性質を持っている事がポイントです。

例えば貯金はしようとしても中々溜まっていかないのに、体につく脂肪は貯めようとしなくてもいとも簡単についていきます。

例えばお金を少しでも使わないようにしようとしていても気がつくと使いすぎてしまうのに、脂肪燃焼という事で得られるエネルギーは使いすぎるぐらいで行こうと心がけていても中々使うのが難しいです。

他にも全くの逆という事がお金持ちになることとダイエットを成功させることには非常に多く、脂肪とお金の減りやすさと増えやすさが逆転したら世界中はお金持ちで溢れていくことに違いないでしょう。

しかし全くの逆という事は法則的にはとても良く煮ているという事が言えます。

数学、物理、化学など数式を用いて答えを出すことする学問に触れたことがある人であるなら分かるように関係性が「全く」の逆であるのなら、「ちょっと似ている」、「非常に似ている」と言うよりも「同じ」に近いものなのです。

その為ダイエットの敵となりうる要素を味方につけ、味方になりうる要素を排除すると言う考え方が実行できたらお金持ちになることが出来るといえるでしょう。

ではダイエットにおいてなにをする事が重要なのかを次に考えて見ましょう。

ダイエットの敵対要素はお金持ちになるための鍵

お金持ちになる方法をダイエットから学ぶに当り、まずはダイエット成功のために心がけるべき要素と言うのを考えてみました。

言い方を変えるならダイエットが失敗する要因はお金持ちになるために必要な要員だからです。

そして多くの人が知っているようにダイエットが失敗する圧倒的に大きな要素を閉めているものは栄養素のとりすぎです。

有名なところで言うならば糖質、脂質、タンパク質のとりすぎはダイエットをするからには絶対に避けたいことの一つ。

生きていく上である程度はどれも必要なものですが、必要以上に摂取すると非常に強いストレスを抱える「見た目への悪影響」を及ぼす訳です。

その為ダイエットを成功させるためにはこうした栄養素の過剰摂取をとめることから始める人も多いでしょう。

ならばお金持ちになるためにはそれとは逆に、こうした最低限必要以上の栄養素を取り込めばいいわけです。

それはつまり収入を上げるということになります。

しかし栄養素の高くないものほど沢山食べてもダイエットに悪影響がないように、お金持ちになるためにもまた、一回の収入が対して高くないものばかり行っていてもなることが出来ません。

例えばお菓子やジュースと言った高カロリー、高糖質、高脂肪な食べ物、飲み物は寒天のようなダイエット食品と同じ量をとった時に比べてダイエット失敗の要因となりやすいわけで、高い収入を得ることができるものが出来ればできるほどお金持ちに派なりやすいと言えるでしょう。

しかしそんな事は誰もが分かることであり、出来るものなら誰もがやっている事でしょう。

そこで注目したいのは低収入でもお金持ちになれる方法の模索であり、ダイエットで考えるならヘルシーな低カロリー、低糖質、低脂肪な物を食べて太る方法を考える事と同じであると言えるでしょう。

こうしたダイエットに効果的なものだけ食べて太る方法で最も簡単な事は食べ過ぎること。

つまり小さな収入しか得ることができずともお金持ちになるには沢山の小さな収入を得る方法を作ることにこそあると言えます。

塵も積もれば山となると言う言葉通り、例え一度の収入が10円であってもそれを1日100回こなすことが出来たら1000円、1000回出来たら1万円、1万回出来たら10万円の収入になります。

こうした回数をこなすときに重要な要素のひとつがながら作業や片手間作業。

収入の作り方として考えるなら副業と言われるものがそれにあたる訳です。

複数同時にこなしていけば最終的に一つ一つやるよりも多くの回数こなすことができますので少ない収入でも積み重ねる回数が多く出来ます。

もっと楽な方法として時間経過のノルマ達成や人に手伝ってもらうと言う方法の選択があります。

所謂不労所得と言うのがそれにあたり、自分が他の事をしている間にもドンドン小さな収入を得ることが出来るといえるでしょう。

こうした事から小さな収入でお金持ちになるためにはその小さな収入をどれほど自分が得ることができるかを追求することが必要であるとダイエットから学ぶことが出来ます。

大きな収入一つを数日かけてやるよりも、小さな収入を1日多数やることの方がお財布を太らせるには効果的である事もあるのです。

ダイエットの成功要素はお金持ちから遠ざかる要因

お金持ちになるためにダイエットから学べる要因2つ目はダイエットの成功要因にあります。

ダイエットするための基本は食事制限にこそありますが、消費エネルギーの増大もまた鍵となりうる要因です。

それはつまりお金持ちになるためには消費を抑えることこそが要因となると言えるでしょう。

消費となるものを押さえる節約と言う行動を心がけている人からしたらなんて当たり前の事を言っているんだと思うかもしれませんが、その節約するポイントを効果的にするための要因がダイエットから学ぶことができるのです。

基本的に人間は生きているだけである程度のカロリーを消費しています。

心臓を動かすにも必要ですし、運動や肉体労働ばかりがカロリーを消費することばかりではありません。

しかしダイエットをするときにはどうしても積極的なカロリー消費、運動や肉体労働がオススメされているように、お金の消費もそうした効果の大きなものに焦点を当てなくては対した節約になりません。

例えば一ヶ月の電気代や食費を最低限に抑えようとしたところで月に一度外食をするとコツコツ小さな節約をしてもあっさりそれと同等か、それを上回るお金を消費することになります。

大きな消費をするために小さな消費をコツコツ抑えると言うのはダイエットで考えるなら生きる上で必要となる心臓や消化器官を動かすための最低限の消費カロリー量を底上げして、運動をしないという方法と同じ事。

これで大きなダイエット結果を出そうと思う人はそんなにいないでしょうし、はっきりとしたダイエット効果を出したい人は積極的なカロリー消費、運動や肉体労働を増やすことが当たり前の事。

そうして考えてみるとお金持ちになる為、あるいは少しでも生活を楽にするために小さな節約ばかりに囚われて中々効果が上がらないという人の多くは、大きな消費をする事が抑えれていないという事があるのです。

エンゲル係数ばかりに気を取られ、毎月のお酒やタバコ、ブランド物と言った嗜好品や贅沢品と言われるものを購入してしまったりしてはいませんか?

小さな消費より、まずは大きな消費を削ること「だけ」を意識しないと中々お金持ちにはなれません。

お金を特別なものと思うからこそお金持ちにはなれない

お金持ちになるための方法をダイエットから学んでみようという事で3つの事柄を紹介してみました。 今回は基礎編としてまずは「お金持ちになることとダイエットで成功することの関係性」からはじまり、ダイエットをする上で重要となる摂取カロリーと消費カロリーがお金持ちになるための収入と消費と同じ考え方をする事ができるということの紹介でしたが、これだけの事を見たり聞いたりしただけでお金持ちなれたり、生活が楽になる人は恐らくすくない事でしょう。 しかし今の自分のしている事を見直すきっかけにはなったと思います。 何事にも法則と言うものは存在しており、その法則に則った行動こそが成功するための秘訣です。 お金持ちになるという事でもそれは同じ。 物事の関連性やそうした法則と言うものを考え、それに沿った行動をする事が今の自分にちゃんと出来ているかを見直すこと。 それがお金持ちになるために、今の生活に少し余裕を持たせるためにまずは必要なことなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ダイエットから学ぶお金持ちへのなり方!基礎編
Reader Rating 1 Vote