一攫千金と幸福度は比例するのか?簡単に大金を手に入れる4つのポイント


一攫千金という言葉正しく理解していますか?

世の中にはお金にまつわる様々な言葉がございます。

億万長者とか一攫千金とか良く耳にすると思いますが意外とそのお金についての言葉って間違って使っている事ってあるものです。

今回注目したい言葉は一攫千金。

勿論その言葉の意味だけを語って終わってしまうというのは味気なさ過ぎますので、今回はついでと言っては何ですが正しい一攫千金と言う言葉と幸せの関係と言うものまでを考察してみました。

多くの人の夢でもあり、時には悪夢ともなることもある一攫千金あなたは正しく理解することが出来ていますか?

一攫千金とは?

そもそも「一攫千金しよう」と思ってもそれがどういうことなのかをしらないとできないわけですから、

まず始めに一攫千金と言う言葉について簡単に説明していきます。

一攫千金と言う言葉の意味は「一度にたやすく巨額の利益を得ることのたとえ」です。

一攫千金の「一攫」とは、「一度につかむこと」であり、要するにただそれだけの事でと言う意味を持った言葉です。

ちなみに「攫」が常用漢字でないことから、「つかむ」に近い「得る」の意がある「獲」の字を代用し、

「一獲千金」と書くこともありますが本来の「いっかくせんきん」は「一攫千金」と言う漢字を用います。

千金は言うまでもないと思いますが、

「凄い大金」を意味した言葉であって似たような言葉として実は「一攫万金」と言う言葉も存在します。

更に言うならこの一攫千金の「攫」と言う字は「攫う(さらう)」という文字であり、

「利益を横から掻っ攫う」とか「残りの全て攫う」と言うように「持っていく」とか「取り上げる」と言う意味を持った漢字でもあり、

主に独占するとか奪い取ると言った意味合いで使われる漢字です。

そんな事からなんとなく想像がつくと思いますが厳密に言うと積み上げて築いたもので大金を作っても一攫千金とは言いませんし、

選ばれた人だけがやれることをした結果や困難を乗り越えた結果大きな資産を作り出しても一攫千金とは実は言えません。

あくまでも一攫千金と言う言葉の意味は

「一度で」しかも「たやすく」というのがポイントであり、

「濡れ手で粟」と言った言葉と同じ意味の言葉であり、

大金を手に入れるための方法は限定されていると考える事も出来ます。

そのため

「長年の苦労が実ってついに大きな仕事で一攫千金した」

あるいは

「時代を動かした彼は一攫千金する事ができた」

と言うのは正しい言葉の使い方であるようで実は誤用であるといえるのです。

では次からはいよいよ正しく一攫千金するための方法について入っていきます。

たやすく大金を掴むには

一攫千金と言うものが「たやすく」しかも「一度」で「大金」を手に入れることであるために、

一攫千金するための方法と言うのは実に限られた方法でしか出来ないという事ができるといえます。

例えばその際たる例はギャンブルです。

ギャンブルとは特定の遊戯をするときにその結果に対して金銭などを賭け合い勝ったものがその金銭などを手に入れることが出来る事。

勝つことが出来れば「たやすく一度に大金を」手に入れることが出来るので、

これは正に正しい一攫千金するための方法であるという事ができます。

投資と言うのもまた近いところがあるといえます。

何せ投資と言う行為は自分自身が何かせずとも投資した相手が結果を出せばいいわけですから「たやすく一度に大金を」手に入れることが出来る方法です。

勿論ギャンブルと投資を混同するつもりは毛頭ありませんが、

投資も運用方法次第ではギャンブルと同じレベルになるという面を持っているため

今回の記事ではあえて「たやすく」と言う言葉を使わせていただいているのはご了承下さい。

他に考えられるパターンとして言うならば

自分自身が価値を感じれていなかったとしてもその価値を突如知ったり、

突如価値のあるものだと評価されることで一攫千金をすると言うケースも考えられます。

例えば

「祖父のコレクションしていたかなり年代物のレコードを処分しようとしていたらそれが数百万円の価値である事が分かり、一攫千金した」

とか

「貰い物の良く分からないブランド品を質屋に持っていったら数十万円になって一攫千金した」

と言うのも正しい一攫千金であると言えるでしょう。

そして何より一攫千金と言う言葉を聞いて多くの人が思い浮かべる「宝くじ」もまた正しい一攫千金するための方法の一つであると言えるでしょう。

こうして考えてみると正しく一攫千金するためになにが必要なのかと言いますと「運」であるという事以外には言えません。

その為、正しく一攫千金すると言うのは運によってお金を手に入れることであるとも言え、

一攫千金すると言うのは狙って出来る事ではないという事ができます。

そうして考えるならばそもそも

「一攫千金を狙う」

と言う言葉や

「一攫千金を目指す」

と言う言葉は間違っています。

一攫千金はあくまで過去形による「した」でなくてはなりません。

それは一体どういう事なのかという事は次は解説させていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2