これがホントのお金の増やし方!ポイントカードはお金を増やす?それとも減らす?


お金を増やす方法間違ってはいませんか?

世の中にはお金を増やすために色々な人がいろいろな事を試しています。

インターネットをちょっと調べたら、それこそ膨大なお金を増やす方法が紹介されていますが、

その数に比例してお金持ちがいるのかと言うとそんな事もありません。

それは何もインターネットを調べて出てくるお金を増やすための方法が難しかったり、

一部の人しか出来ないといった理由からではありません。

そもそも「間違っている」からです。

しかし実際にそうした

インターネットで紹介されているお金の増やし方で

お金を増やすことに成功した人もいない訳ではないというのもまたポイントです

その理由はお金の増やし方として紹介されている方法そのものが間違っていると言うのではなく、

紹介されている方法への考え方を間違いやすいからという事に他なりません。

今回はそんなお金を増やすための方法として実に当たり前のように世間で言われているようなことをしても、

お金が増えないという理由について考察して御紹介させていただきます。

あなたのお金の増やす方法への考え方は間違ってしまっていませんか?

ポイントカードはお金を増やす?それとも減らす?

お金を増やすための必須アイテムとして、

節約するための第一歩としてよく言われているもののひとつがポイントカード。

このポイントカードを活用すると言うことはお金を増やす方法として正しいのか?

それとも間違っているのか?

方法自体は正しいです。

しかし「ポイントを貯めることがお金を増やすことに繋がるという考え方」は間違いです。

そもそもまず企業が損をするために営業活動を行ったり、

商品開発をする事がないように、

ポイントカードと言うシステムは企業のために得があるから作られています。

単純に考えてポイントカードを発行すると、企業サイドは次のようなメリットがあります。

一つ目は、

「自店、あるいは自社グループで買いものするとポイントが貯まってお得だ」と思わせることでお客様を囲いこめること。

こうした顧客獲得効果が発揮されれば当然の事ながら売り上げは増え企業の利益は上がります。

しかしポイントが付くからといって必要ない物まで買ってしまったり、

わざわざ時間をかけて遠いお店に出かけるという事は無駄な消費を「お得だから」と思わせて誘発する罠でもあります。

二つ目は、

登録した個人情報の取得です。

住所やメールアドレスなどの個人情報を得ることができたら広範囲にチラシを配るなどと言った場合の広告宣伝費を、

ダイレクトメールを送ったりする事で節約することが出来ます。

たまたま目に入った情報に

  • 「会員様限定」
  • 「本日限定」

    なんて書いてあったらいつも以上にお店に行く動機付けが企業としてはできるわけです。

もちろん客の側にも、

ポイントが貯まれば割引きなどの特典を受けられたり、

ポイント会員だけのサービスを受けられるなどのメリットがあります。

しかし、「ポイントを貯めることがお金を増やすこと」と考えてしまうと

ポイントカードに振りまわれ、お金を増やすどころか減らす消費活動の増加と言う現象を引き起こします。

今持っているポイントカードを全部捨てろとは言いませんが、

ポイント収集癖がある人は一旦ポイントカードを封印して一ヶ月ほど生活してみて、

自分はポイントカードでお金を増やすことが出来ているのか客観的な数字で考えてみた方がいいでしょう。

定期預金はお金を増やす?それとも減らす?

さて、マイナス金利政策が話題を呼んでいますので、

このお金の増やし方はもうできないと思っている人も多くなってきましたが、

それ以前から定期預金はお金を増やすものでは実はなかったのです。

定期預金は、元本が保証されているため預けたお金が目減りすることはありませんし、

簡単におろすことも出来ませんので節約効果を期待できると思っていた人も多いと思いますが、

預けていてお金が増えるという性質は定期金利にはありません。

これをはっきりと教えてくれるものが「金利の72の法則」という計算方法で

その計算式に当てはめると如何に定期金利がお金を増やすことが出来ないのかが分かります。

「金利の72法則」とはなんなのかを簡単に説明しますと、

お金が2倍になる期間が簡単にわかる便利な算式で「72÷金利=年数」で表すものです。

例えば金利が1%の場合、

100万円を預けて、

倍の200万円になるのに何年かかるのかをこれで計算してみましょう。

すると「72÷1%=72年」となりますので生まれたときから100万円預けていても大体死ぬまでかかって倍になる計算です。

マイナス金利以前よりの日本の低金利政策化の平均金利をご存知ですか?

殆どの皆さんが一つは口座を持っている三菱東京UFJや三井住友と言ったメガバンクで0.03%、金利が高いとし言われる自分銀行、

楽天銀行と言ったネットバンクで0.3%です。

つまり現代では金利の高さを考えるなら、

生まれて直ぐに自分の定期預金の銀行口座をあなたが作ったと仮定しても、

生きているうちに預金が倍になることはないということが分かります。

定期預金といえども元本割れリスクがゼロではありませんし、

銀行が破産したり倒産する可能性も上昇しつつある現代ではとても安全でお金を増やせる方法とは言いがたいところがあるのです。

どうしてもお金を使い込んでしまうから「使わないようにするため」に使う。

これだけを目的として利用するなら多少のリスクはあるものの効果はあると言えるでしょう。

しかしお金を増やすための方法とは定期預金は言えないのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2