お金に振り回されない生き方をするための5つの考え方

shutterstock_145719323

お金がないという人は、お金に振り回されることが多い人生を歩んできたのではないでしょうか?

お金に振り回されていると、それだけで心も疲れてしまいます。
お金に振り回されないで生きるためには、どうしたらいいのでしょうか?

1.お金のために働かない

まず、今、あなたは何のために働いていますか?

お金のために働いているのでしょうか?

それとも、生活のためでしょうか?

お金に振り回されてしまう人は、お金のために働いている人です。

生活がある以上、お金はどうしても必要なものですが、お金がないからといってまったく生活できないわけではありません。

生活をしていく上で最低限のお金さえあれば、十分に生活をしていくことは出来るのです。

さて、お金に恵まれる人や、お金に困らない人というのは、自分のためや幸せ、やりがいのために働いています。

自分の好きなことを仕事にしたり、やりがいを感じられる仕事をしているのです。

もちろん、仕事をしていく上では大変なこともありますが、好きなことだからこそ続けることが出来るのです。

お金に振り回されないようにするためには、お金のためではなく、幸せのために働きましょう。

2.お金は便利な道具である

お金というものを、どのように考えているかということでも、その人がお金に振り回されてしまうかどうかと言うことを知ることが出来ます。

お金がただの道具であると考えられる人は、お金に振り回されない人でしょう。

でも、お金があることが幸せの基準だったり、お金がなければ意味がないと思っている人であれば、お金に振り回されてしまうかもしれません。

お金というのは、昔、物々交換をしていたときに、もっと便利になるようにという思いで開発されたものです。

物々交換が、今はお金とモノのやり取りに変わっただけなのです。

つまり、モノがお金に変わったということになるので、お金はただの道具でしかありません。

ただの道具が、どうして幸せの基準になるのでしょうか?

あればあったで困るものではありませんが、自分が必要な分だけお金があればいいと考えられればいいのです。

3.自分が主役になる

お金に振り回されている人の人生は、どうしてもお金が主役です。

どんな物事を測るためにも、お金がものさしになってしまいます。

他の人と付き合うときでも、お金が基準になってしまいます。

そんな生活をしていたら、すごく疲れてしまうと思いませんか?

幸せな生活を送っている人は、お金持ちの人だけではありません。

自分を人生の主役として考えられる人ほど、幸せな生活をすることが出来ているのです。

お金に振り回されていると、色々なものを見落としてしまいます。

お金が基準になってしまうと、本当に素晴らしいものが見えなくなってしまいます。

そうなってしまっては意味がないので、自分の幸せとは何なのかを知ることが大切なのです。

お金がなくても健康で家族がいれば幸せという人は、自分が主役の人生を歩んでいます。

お金が主役の人生か、自分が主役の人生か、どちらが幸せか考えてみましょう。

4.貯めるより使う

お金というのは、天下の回りものと言われています。

つまり、貯めこむだけ貯めこんでいれば、お金は回ってこないのです。

例えば、ある人が商品を買ったお金が、そのお店の人の給料になり、その給料で何かを買ったお金が、他の人の売上になる、と言った風に、お金は常に世の中を回っていくものです。

でも、途中で貯金ばかりをしている人がいたら、その人のところでお金はストップしてしまいます。

すると、他の人が何かを買うことも出来ないので、いずれは貯金をすることもできなくなってしまうのです。

この流れが、世界中で起きているので、お金は天下の回りものと言われているのです。

経済活動を円滑にするためにも、お金は貯めるだけではなく、使うものです。

ものを買うことばかりではなく、投資をすることもいいでしょう。

5.人のためにお金を使う

お金を使わなければ、お金は増えていくことがないのです。自分のためにお金を使う人と、人のためにお金を使う人では、どちらの方が人望があると思いますか?

人生の主役はお金ではないので、自分がどれだけ人に好かれる人になれるか、というのも幸せの基準になると思います。

人望なんてなくても良い、という人もいますが、本当にそうでしょうか?

困ったときに助けてくれる人がいれば、その人は幸せな人だと思います。

困ったときに誰も助けてくれない人は、どんなにお金持ちであっても寂しい人生になってしまうのではないでしょうか。

お金と言うのは、人のために使うものだと言われています。

お金持ちの人は、人のためにお金を使うことが自然に出来ているので、慈善事業などを行うことが多いのです。

お金持ちの人ばかりではなく、ちょっとしたことでも人のためにお金を使うことが出来る人は、お金に振り回されず、幸せな人生を過ごすことが出来ると思
います。

私達が生きることの本質は、「幸せになること」です。

ですから、お金のために生きているのではないと言うことをしっかり自覚しましょう。

お金が主役の人生ではなく、自分が主役の人生を歩むことができれば、幸せになることが出来るのです。

まとめ

1.お金のために働かない 2.お金は便利な道具である 3.自分が主役になる 4.貯めるより使う 5.人のためにお金を使う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金に振り回されない生き方をするための5つの考え方
Reader Rating 1 Vote