結婚するときに必要なお金にまつわる5ポイント

結婚をしようと思ったとき、いくらお金がかかるのか心配してしまう人がいます。

結婚というのは人と人とのつながりが生まれるものですが、それに関わるイベントにはお金がかかるものなのです。

では、結婚をするときにかかってしまうお金について、考えていきたいと思います。

1.結婚をするときには、平均で400万円程度のお金がかかる

一説によると、結婚をするとき、それに伴うイベントなどに関わるお金の総額は、400万円以上であるといわれています。

結婚に関わるイベントで、一番お金がかかるのは挙式です。

式場を決めたり、料理や引き出物を決めたり、新郎新婦のドレスやタキシードを決めたり、これらはすべてにお金がかかるので、結婚式を挙げることが一番大変であるという人も多いのです。

女性は、結婚式のための貯金をしている人がたくさんいます。

やはり、女性としては結婚式でウェディングドレスを着るという夢がある人が多いので、そのための貯金をしているのです。

しかし、結婚式の費用というのは、主に主役である新郎新婦が負担するものなので、男性もそれに向けて貯金をしておかなければいけないのです。

結婚式などにかかる費用は、一般的にどちらが多く出すというわけではなく、2人で平等に負担して、予算の中で行うようにするものなのです。

結婚にかかるお金の金額は大きなものなので、しっかり貯金をしておきましょう。

2.結婚前にはお互いに資金を貯金しておくべきである

結婚前にはお互いに貯金をして、お金を作っておくことが大切になります。

結婚式や披露宴、指輪、新婚旅行など、結婚をするときには何かとお金が必要になります。

お金がないから結婚式をしないというカップルも増えているので、必ずしも結婚にかかる費用が莫大なものになるというわけではありません。

とはいえ、結婚式などを行わないとしても、新婚生活にかかる費用というのは必ず必要になります。

なので、お互いにある程度の貯金がないと、結婚式を挙げたり、新婚生活をしていくのは難しいということになります。

結婚をするにあたって新居に引っ越すという人もいるでしょう。

そういったことを考えると、やはり貯金は必要になります。

結婚をするのにお金は関係ないという話をたまに耳にしますが、現実問題として、生活をしていくうえでお金というのは必ず必要になってくるので、お互いに貯金をして生活費に当てられるお金を作っておいたほうがいいのです。

3.挙式以外でお金がかかるのは新婚旅行である

結婚をするとき、挙式に一番お金がかかるということはすぐに分かると思いますが、次にお金がかかるのは新婚旅行です。

結婚式後の新婚旅行では、旅行費用のほかにお土産代が大きな割合を占めることになります。

新婚旅行のお土産は、基本的に旅行に行くことを知っている人全員に買って来るべきものになります。

なので、必然的にお土産の数は多くなり、その分費用も増えてしまうのです。

新婚旅行では海外に行く人も多いですが、海外旅行の費用とあわせると、新婚旅行だけでも40万円程度はかかってしまうといわれています。

ですから、お土産代を節約したりするなどして、出来るだけ費用は抑えておきたいものです。

新婚旅行にかかるお金を減らしたいと思ったら、まずは予算を設定することです。

その予算の中で、旅行費用とお土産代を捻出するようにすれば、余計に新婚旅行にかかる費用が増えてしまう心配もありません。

何かとお金が必要になる結婚ですが、節約できる部分は節約しましょう。

4.結婚式などで貯金を使い果たしてしまわないようにする

結婚式などを行う前に貯金をしていたとしても、新婚生活を始めるときに預金残高がゼロになってしまっていては元も子もありません。

お金はいくらか余るくらいが一番なので、貯金をすべて使い果たすような式を挙げたり、新婚旅行に行ったりしないようにする必要があります。

結婚式では何かとお金がかかるものですが、そのうちの半分程度はご祝儀などでまかなうことが出来ます。

つまり、後半分の費用を負担すればいいだけなので、式なども出来るだけ節約するようにすれば、貯金を使い果たさなくてもいいのです。

貯金を使い果たしてしまって、またゼロから貯金を始めようと思うと、ある程度の金額をためるためには時間がかかってしまいます。

貯金ゼロのときに、万が一何かがあったとしても、お金を用意することが出来なくなってしまうので、そういった場面でも困ることになります。

結婚式などにかかる費用で貯金を使い果たしてしまわないように、お金に関する部分はきちんと節約をすることが大切なのです。

5.結婚後の新生活に使えるお金を残しておく

新婚生活の事を考えると、その生活に使えるお金を残しておくことは、とても大切なことなのです。

例えば、新婚生活を始めるにあたって、新居に引っ越して家具も一新したとします。

すると、新婚生活を始めるためには、引越し費用や家具を購入する費用などが必要になります。

また、食費などは2人分になり、電気代も水道代も、今まで以上の負担になってしまいます。

2馬力で働いているうちはいいですが、子供が欲しいと思って会社を辞める女性も多いので、必ずしも2人揃って働いて、収入を得ているというわけではありません。

そうなると、その生活に慣れるまでの費用というのは、自分たちの収入だけで賄えないこともあるのです。

また、子供のためにイチから貯金を始めようと思うと、子供を作ろうと思う年齢が高くなってしまうこともあるので、あまりお勧めはできません。

ですから、結婚式などで貯金を使い果たしてしまうのではなく、新婚生活に使えるお金を残しておくことは大切なことなのです。

好きな人同士が一緒にいるための結婚ですが、実際には式を挙げたりすることでお金がかかってしまいます。

なので、ある程度計画を立てておかないと、結婚をするのも大変なのです。

結婚にかかるお金について知っておくことは、そのときに備えるためにも必要なことなのです。

まとめ

1.結婚をするときには、平均で400万円程度のお金がかかる
2.結婚前にはお互いに資金を貯金しておくべきである
3.挙式以外でお金がかかるのは新婚旅行である
4.結婚式などで貯金を使い果たしてしまわないようにする
5.結婚後の新生活に使えるお金を残しておく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

結婚するときに必要なお金にまつわる5ポイント
Reader Rating 0 Votes