専業主婦が離婚をする前にしておくべきこととは?

shutterstock_163792355

専業主婦であれば、離婚をする前にいくつか準備をしておくことが必要になります。

準備もないまま別れてしまうと、その後の生活が苦しくなってしまうこともあるのです。
では、専業主婦が離婚をする前にしておくべき準備を紹介します。

1.専業主婦なら離婚前に仕事を始める

専業主婦であれば、離婚をする前に仕事を始めておきましょう。
専業主婦は仕事をしていなくて、夫の収入で生活をしている状況です。
そんな中で離婚をしてしまうと、収入が途絶えてしまうので、生活が出来なくなってしまいます。
生活をしていくためには最低限のお金が必要になるので、仕事は始めておいたほうがいいでしょう。
例えば、慰謝料や財産分与などでお金がもらえると踏んでいたとしても、その金額がいくらになるのか、離婚直後にもらうことができるのかは分かりません。
揉めることもあるので、自分で生活をしていけるくらいの金額は、自分で稼いでおくことが大切になります。
離婚をしたあと、「やっぱり離婚はしなければ良かった」と思うようなことがないように、生活基盤は作っておくべきです。
それがないと、自分だけが生活苦になってしまうこともあるのです。
専業主婦が離婚を考えるときには、まず、仕事を始めて、自分が生活をしていく基盤を作ることが大切になります。

2.離婚の前に自分の親の協力を得られるようにする

離婚をするとき、子どもがいる専業主婦であれば親の協力を得られるようにしておくことも大切です。
働き始めると、子どもがいる場合には子どもの面倒を見る誰かが必要になります。
今は保育所などもいっぱいなので、小さい子どもがいる人は働きづらい環境であると言えるかもしれません。
そんなときに頼りになるのが自分の親です。
パートなどで自分たちの生活を維持したいから、という理由であれば、面倒を見てくれることもあるでしょう。
離婚をするときには、まず、親の協力を得ることが大切です。
自分ひとりで仕事や子育てを行っていくことは難しいかもしれません。
そこに親の協力があれば、少なくとも子どもが一人で留守番ができるような年齢になるまで、安心して預けることが出来る環境があるということになります。
働く上でもその安心というのは確保しておきたいものです。
離婚をしたら自分が働かなければいけない状況になるので、専業主婦であった自分が働く上で心配をする必要がないように、周囲の協力を得る努力をしておきましょう。

3.専業主婦はこれからの生活にかかるお金を計算しておく

専業主婦であれば、これからの生活にかかるお金を計算してから離婚の話を進めていきましょう。
何の計画もなく離婚をしてしまうと、生活が苦しくなる原因になります。
主婦であれば自分や自分と子どもの生活にいくらかかるのかというのは、ある程度把握することが出来ると思います。
なので、その分をしっかり把握して、捻出するための方法を考えておくのです。
出来れば、離婚をしても生活していけるだけの生活基盤を作ってから離婚をするのが望ましいでしょう。
パートであっても、自分ひとりなら暮らしていけるというのであればそれでも十分です。
とりあえずは当面の生活が確保できるような状態にしてから、新しい生活を始めるために離婚をすることをおすすめします。
離婚をする理由は様々で、すぐに離れなければいけない状況もあると思います。
そうではない場合に限っては、生活基盤を確保するために、これからの生活にかかるお金はきちんと計算してから離婚をするようにしましょう。

4.自分名義の貯金を作ってから離婚をする

専業主婦が離婚をするなら、自分名義の貯金を作ってから離婚をするようにしましょう。
貯金もなく、仕事も無いまま離婚をするのは、あまり望ましくありません。
DVなどですぐに離婚をしなければいけないという状況ではない限り、貯金をしてから離婚をすることをオススメします。
この場合、自分名義の貯金を作ることが大切になります。
結婚後の財産は、基本的に夫婦の共有財産となります。
ですから、夫婦で貯めた貯金などは自分のものではなく、夫婦のものになります。
なので、財産分与の対象になってしまい、貯金額は折半になるのです。
ですが、自分名義の貯金であれば、それは自分だけのものになります。
自分名義で貯金をしておくことで、専業主婦が離婚をしても、生活苦に陥らなくて済むようになるのです。
今の時代、仕事がすぐに見つかるわけではありません。
離婚後の生活を保証する意味でも、専業主婦が自分名義の貯金を作っておくことはとても大切なことなのです。

5.専業主婦は離婚後に頼れる行政制度を見つけておく

離婚後に頼ることが出来る行政制度を見つけておくことも、専業主婦には必要なことです。
離婚後には、生活面での支援や子どもに対しての支援を求めることが出来るようになります。
そのような行政支援を調べて、事前に話しを聞いておくことも大切なことになります。
離婚というのは、夫婦が別れるだけの話ではありません。
特に子どもがいる場合には、離婚後の子どもがしっかり育つ環境を整えなければいけません。
そのためには、行政の支援を受けることも検討してください。
母子家庭、父子家庭への支援というのは、どこの行政でも行っています。
就労支援や生活保護などの話も聞いておくことで、万が一のときにも安心して生活をすることができるようになります。
離婚後の生活というのは、今までのようにはいきません。
自分の力で何とかしなければいけないので、生活をしていくために必要な制度は利用しましょう。
専業主婦が離婚をするのであれば、事前に行政の支援制度などを検討しておくことも大切になります。

まとめ

1.専業主婦なら離婚前に仕事を始める
2.離婚の前に自分の親の協力を得られるようにする
3.専業主婦はこれからの生活にかかるお金を計算しておく
4.自分名義の貯金を作ってから離婚をする
5.専業主婦は離婚後に頼れる行政制度を見つけておく

編集後記

専業主婦の離婚というのは、働いている人が離婚をするのとは訳が違います。
なので、その後の生活を考えて、しっかり準備をしておくことが大切なのです。
離婚を考えている専業主婦であれば、その後の生活に目を向けて、どうしたら生活苦に鳴らなくて済むかを考えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!