専業主婦になるために必要な夫の年収に関する5つの話

shutterstock_230996938

専業主婦になるためには、夫の年収はいくら必要であるか、という議論がされることがあります。

どんな人でも専業主婦になれるかというとそうではなく、ある程度の年収を持つ夫が必要であるということなのです。

では、専業主婦になるために必要な夫の年収にまつわる話を紹介していきたいと思います。

1.夫の年収が600万円なら専業主婦になれるかもしれない

夫の年収が600万円以上であれば、妻は専業主婦になることが出来るという人がたくさんいます。

今の日本において、600万円以上稼いでいるという人は少なく、低所得者層ということは出来ないでしょう。

また、日本の物価や将来的にかかる費用に関する貯蓄額、子供を持ったときにかかる費用などを考えても、年収600
万円以上であれば専業主婦になることができるでしょう。

とはいえ、将来のための貯蓄をしつつ、子供にかかるお金を貯金したりしながら生活をしていくとなると、年収600万円
であれば倹約をしていかなければいけないかもしれません。

贅沢な生活はできなくても、しっかり子供を育てて暮らしていこうと思える人であれば、夫の年収が600万円であっても生活していくことができるでしょう。

ただし、贅沢な生活、悠々自適な生活がしたいと思ったら、600万円では難しいかもしれません。

専業主婦になってどんな生活がしたいのかということを考えてから、夫の年収を考えてみるといいかもしれません。

2.300万円の年収でも専業主婦をしている人もいる

夫の年収が低くても専業主婦が出来ている人もいます。

たとえば、今の日本において年収300万円というと、低所得所としてみなされてしまうでしょう。

ですが、年収300万円の夫であっても専業主婦をしている人というのはいるのです。

生活していけるの?と思う人もいるかもしれませんが、「働くのなら節約をするほうが良い」という人もいるのです。

無理をしないように節約していくことで、年収300万円であっても専業主婦でいることができるのです。

節約などが苦ではなければ、どんなに低い所得であっても生活していくことが出来るといわれています。

将来に備えたりするには少ないので、何かを始めなければいけないかもしれません。

とはいえ、絶対に生活していけないというわけではなく、贅沢をしないで節約をしていくことが出来れば、夫の年収が300万円でも専業主婦をしていくことができるのです。

3.自分の好きに使えるお金が欲しいなら夫の年収に頼る専業主婦にはならないほうがいい

専業主婦になってしまうと、自分の年収というものがなくなってしまうので、自由に使えるお金が少なくなってしまいます。

専業主婦もお小遣い制にしているという人もいます。

ですが、そのお小遣いの出所というのは夫の収入なので、使うのがためらわれるという人もいるのです。

自分で稼いでいたお金を使うのと、夫が稼いだお金を使うのとでは、使う側の気分も違うことがあります。

また、家計費としてとって置いたほうがいいかもしれないという考えから、自分のために使うお金を使わないという人もいるのです。

専業主婦ではなく、パートなどでも働いて、自分でお金を稼いでいたとしたら、自分のために使う分を少しでも確保することが出来るでしょう。

専業主婦であるという引け目を感じて、自分のためにお金を使うことが出来ないというストレスもあります。

ですから、自由に使えるお金が欲しい、引け目なくお金を使いたいと思うのであれば、専業主婦にならず、年収にしたら低所得であっても働いていたほうがいいのかもしれません。

4.子供が欲しいならある程度の貯金がないと専業は厳しいといわれている

将来的に子供が欲しいと思ったらある程度の貯金を作るために、結婚しても専業主婦ではなく働いて世帯収入を上げておく必要があるといわれています。

子供が出来ると、どうしても働けない期間が出来てしまうのが女性です。

そのとき、夫の収入だけに頼ってしまうのでは、何かあったときに備えることは出来ません。

なので、子供が出来る前に、出来るだけ多くの貯金をしておくことは大切なことなのです。

そもそも、子供を産むだけでもお金がかかり、その後も検診などでお金が必要になります。

赤ちゃんにかかる費用というのは少ないものではありません。

夫婦2人で生活をしているときよりも、家計にかかるお金というのは増えてしまうので、夫の収入のみで生活をしていこうと思うと、支出を減らしたりすることにつながるのです。

子供を見ながら節約をしていくのは大変なので、貯金を切り崩して生活をしているという人もいます。

子供が欲しいと思っているのであれば、貯金を少しでも増やすために専業主婦ではなく働いておいて、世帯年収を確保することが大切です。

5.将来の事を考えるなら、専業ではなく兼業で世帯年収を上げるべきである

日本では、老後にかかるお金2000万円とも言われていて、それを考えると専業主婦でい続けるよりは、世帯年収を少しでも増やして貯金をしておくべきであると考えることが出来ます。

老後にかかるお金というのは、普通に生活をしていくだけではなく、万が一のときの事も考えなければいけません。

急な病気で倒れてしまうかもしれないし、老人ホームなどに入居しなければいけないかもしれません。

なので、老後には今以上のお金がかかるといわれているのです。

とはいえ、働ける年齢というのはある程度の上限があり、貯金をしていける年数にも限りがあるのです。

その中でどれだけ貯金を増やすことが出来るかということがポイントになるので、しっかり貯金をしていくためには、専業主婦ではなく、兼業でしっかり働いておくことが大切でしょう。

夫の収入のみに頼って老後も生活していくことが難しくなっている今は、専業主婦ではなく、兼業主婦として働いて、世帯収入を上げて貯金をしておくことが大切なのです。

まとめ

専業主婦をしていくための夫の年収というのは重要なポイントです。 ですが、将来的なことを考えると、2人で働いてしっかり世帯年収を稼いでおくという必要があるでしょう。 今は専業主婦でも、将来的には年収を考えて働いてみることもいいのかもしれません。 1.夫の年収が600万円なら専業主婦になれるかもしれない 2.300万円の年収でも専業主婦をしている人もいる 3.自分の好きに使えるお金が欲しいなら夫の年収に頼る専業主婦にはならないほうがいい 4.子供が欲しいならある程度の貯金がないと専業は厳しいといわれている 5.将来の事を考えるなら、専業ではなく兼業で世帯年収を上げるべきである

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!