葬式があるのにお金がない!対処法7選

shutterstock_247891975

葬式に出席しなければいけないとき、葬式を出すとき、お金がない!

という事態になった事がある人も居ると思います。
思った以上に葬式にはお金がかかってしまうものです。
葬式があるのにお金がないという状況になってしまったときの対処法について、紹介しようと思います。

1.親に借りる

葬式があるのにお金がないなら、親に借りる事もできます。
例えば、知人の葬式に行くときなどは、香典を持っていかなければなりません。
友人・知人であれば3000円〜5000円程度、取引先であれば1万円程度の金額を包みます。
親族であれば、こちらも1万円程度を包む事になります。
あまり大きな金額ではありませんが、生活がギリギリというときには、それだけのお金を出す事が大変な場合もあるでしょう。
そういったときには、親に借りることも考えてください。
葬式に行くのだけどお金がないと、きちんと事情を話せばお金を貸してくれるでしょう。

2.カードローンを利用する

葬式があるのにお金がないなら、カードローンを利用しましょう。
カードローンはすぐにお金を借りる事ができる便利なものです。
もし、手持ちのお金を使ってしまったら生活が苦しくなってしまうという場合には、カードローンで必要な分だけを借りるようにしましょう。
葬式のためですから、必要以上に借りることはありません。
そして、給料日などに返済をすることで、利息も少なくて済むのです。
5000円から1万円程度の金額であれば、1ヶ月借りたとしても1000円にならない程度の利息しか付かないでしょう。
葬式があるのにお金がないという場合には、カードローンを利用して香典を用意しましょう。

3.香典で賄うことを考える

葬式なのにお金がないなら、香典で賄うことができます。
一般的に、葬式を行う場合、弔客がいれば費用は150万円から、多くて200万円程度かかる事もあります。
亡くなられた方がたくさんの人に慕われていた場合には、葬式の規模も大きくなり、その分費用もかかってしまいます。
ですが、普通、葬式の費用は香典で賄うことが出来るのです。
弔客が多ければ、その分、香典の金額も増えることになります。
葬式費用として貯めていたであろうお金と、香典を合わせる事で、十分に賄うことが出来るのです。
葬式を出すのにお金がないと心配するのであれば、香典で賄うことを考えてみてください。

4.家族葬や密葬を行う

葬式なのにお金がないなら、家族葬や密葬を行いましょう。
規模が大きくなれば、それだけ掛かる費用も増えるのが葬式です。
弔客に振舞う食べ物なども、大きな金額になってしまうこともあります。
ですが、家族葬や密葬であれば、参加する人数も少なく、その分、費用を抑える事ができます。
家族葬を行う場合の費用は、40万円〜100万円の間くらいですから、規模の大きな葬式よりも低く抑える事ができます。
密葬の場合にかかる費用も、家族葬と同じくらいと考えていいでしょう。
家族だけで送り出したいというときや、お金がないときの葬式は、家族葬や密葬を行いましょう。

5.市民葬を利用する

葬式なのにお金がないなら、市民葬を利用しましょう。
市民葬は各市区と葬儀会社が提携して行っているもので、ある程度の規約に定められて金額などが決められています。
亡くなられた方の住んでいた市や、対象の市区で葬儀を行う場合に利用することができます。
費用は50万円程度に抑える事ができるので、お金がないときに葬式をしなければいけなくなったら、相談をしてみるといいでしょう。
決められた祭壇や飾りの他に、骨壷や火葬費用が減額されるというメリットもあります。
お金がないのに葬式をしなければ、となってしまったときには、市民葬を利用してみてください。

6.市の補助金制度を利用する

葬式なのにお金がないなら、市の補助金制度を利用しましょう。
国民健康保険に加入している場合には、「葬祭費」を受け取る事ができます。
各市町村の国民健康保険課に問い合わせをして、手続きを行ってください。
補助される金額は3〜7万円ほどになります。
社会保険に加入している場合には、「埋葬費」を受け取る事ができます。
管轄の社会保険管理事務所と、職場で手続きを行います。
埋葬費の支給額は、亡くなられた方の1ヶ月の標準報酬額(10万円〜98万円まで)を受け取る事ができます。
葬式なのにお金がないというときには、市町村の補助金制度を利用してください。

7.生活保護の葬祭扶助を利用する

葬式なのにお金がないなら、生活保護の葬祭扶助を利用しましょう。
生活保護受給者であれば、「葬祭扶助」という制度があります。
火葬や埋葬にかかるお金や葬祭のために必要なお金を扶助してもらう事ができる制度です。
自力で葬儀の費用を集める事ができないという生活保護受給者は、利用することができます。
葬式をしなければいけないのにお金がないときには、葬祭扶助を利用するために、相談をしてみるといいでしょう。

まとめ

1.親に借りることもできる
2.カードローンを利用する
3.香典で賄うことを考える
4.家族葬や密葬を行う
5.市民葬を利用する
6.市の補助金制度を利用する
7.生活保護の葬祭扶助を利用する

編集後記

葬式があるのにお金がない、という状況は、誰にでも起こりうることです。
特に、自分達が葬式を出す立場になったときには、お金の問題で一番頭を悩ませるでしょう。
まずは、色々な補助制度などを利用してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!