あなたの恋人は大丈夫?ギャンブル好きな人の7つの共通点

shutterstock_175854404

ギャンブルが好きな人には、色々な共通点があります。

ギャンブル好きな人というのは、お金がない人でもあるので、お金がない人の共通点ともいえるでしょう。
では、ギャンブル好きな人の共通点を紹介します。

1.「勝ったときの快感」を忘れられない

ギャンブル好きな人は、「勝ったときの快感」を忘れられない人でもあります。
ギャンブルで勝ったとき、人の脳内では「快感」を感じるのです。
「こんなに少ない金額で、これだけのお金になった!」と感じるときは、快感を感じているときなのです。
その快感は、依存症のように付きまといます。
「また同じ快感を味わいたい」と思ってしまえば、またギャンブルに手を出してしまうのです。
その結果が、負けてしまったり、借金を作る原因になってしまうのです。
ギャンブル好きな人の共通点は、やはり「買ったときの快感が忘れられない人」なのでしょう。

2.賭け事が好きな人は、楽してお金を儲けたいと思う人である

賭け事が好きな人は、楽してお金を儲けたいと思う人でもあります。
ギャンブルとは、勝てばすぐに大金が手に入る方法です。
その分負けたときのリスクも高いのですが、楽にお金を稼げるというところにしか目がいかなくなってしまっています。
そのため、ギャンブル好きな人は、リスクを見ずに「楽に稼げる」と思ってしまうのです。
確かに、勝つ事ができれば、パチンコなら座っているだけ、競馬は観戦するだけでお金が手に入ります。
とても楽に稼いでいると思ってしまいますが、やはり、リスクを考えれば、大きな賭けになってしまうでしょう。
ギャンブル好きな人というのは、お金がないから楽してお金を儲けたいという人なのです。

3.ストレスを溜め込みやすい

ストレスを溜め込みやすい人は、ギャンブルが好きな人です。
会社などでストレスを溜めていると、どうしても何かで発散させたいと思ってしまいます。
その方法がギャンブルだと言う人は、ギャンブルが好きな人なのです。
ギャンブルが嫌いな人であれば、他の方法でストレスを発散させるでしょう。
なぜかと言うと、ギャンブルでストレスを発散させたら、「負けたらさらにストレスになってしまう」からです。
負けたときのことを考えられれば、ギャンブルでストレス発散をしようと思わないと思います。
ギャンブル好きな人は、勝ったときの快感でストレスを発散させようとする人なのです。

4.ギャンブルをやめられないほど好きな人は、何らかの虚無感がある人である

賭け事が好きでギャンブルをやめられない人は、何らかの虚無感を持っています。
ギャンブルが好きな人で、特に女性に多いのは、「家事と育児で疲れてしまった」という虚無感を持っている人です。
ギャンブルをして勝てばそれが満足感になり、心の隙間を埋めてくれます。
そのときだけは満足していても、やはり本当に虚無感を消す事ができなくて、またギャンブルをしてしまうのです。
ギャンブルをすることで虚無感を隠している人は、お金がないときでもギャンブルをしてしまいます。
そして借金を作ってしまうのです。
虚無感を隠すためにギャンブルをしても、その虚無感は埋まる事はないのです。

5.即時性を求める

ギャンブルが好きな人は即時性を求める人です。
例えば、宝くじで破綻した人がいないのは、結果が出るまでに時間がかかるからなのです。
パチンコや競馬などは、結果がすぐにわかります。
すぐにお金を手に入れる経験をしたことがあるのであれば、その即時性に惹かれてしまうでしょう。
そして、パチンコや競馬ならすぐにお金が手に入る、と思ってしまうのです。
確かに、買ったらすぐにお金を手に入れることが出来ます。
でも、負ければその分はマイナスになってしまうというリスクがあります。
ギャンブルで即時性を求めている人は、リスクが見えなくなっているのです。

6.賭け事を頻繁にやっている人は、冷静な判断が出来ない

賭け事が好きな人の多くは、冷静な判断が出来ない人です。
パチンコで言えば「何度もリーチがかかるから、もうすぐ当たりだ」と思って、何万円もつぎ込んでしまう人がいます。
こういう人は、冷静な判断が出来ていない人なのです。
パチンコなどで何万円もつぎ込んでしまうときには、冷静な判断が出来ず「目先の事だけ」に囚われてしまいます。
パチンコなどは、必ず当たるものではありません。
5万円をつぎ込んでもあたらない時は当たらないのです。
冷静な判断ができれば、その分、リスクを回避する事ができます。
ギャンブル好きな人は、リスクを見ずに、冷静な判断が出来ない人なのです。

7.低所得者である

ギャンブル好きな人は、低所得者である事が多いのです。
低所得者というのは、「どうにかしてお金を増やそう」と考える人が多いのです。
ですから、ギャンブルで簡単にお金を増やせるのでは、と思ってしまいます。
ですが、ギャンブルは負けるリスクもあるので、お金が増やせるとは限りません。
でも、低所得者は「リスクよりも結果があればいい」と思ってしまうので、リスクを無視して結果だけを考えてしまいます。
その結果、生活費がなくなったりすることがあるのです。
低所得者の人にギャンブル好きが多いのは、収入が低い分を補おうとしてしまうからなのです。

まとめ

1.ギャンブル好きな人は、「勝ったときの快感」を忘れられない
2.賭け事が好きな人は、楽してお金を儲けたいと思う人である
3.ストレスを溜め込みやすい
4.ギャンブルをやめられないほど好きな人は、何らかの虚無感がある人である
5.即時性を求める
6.賭け事を頻繁にやっている人は、冷静な判断が出来ない
7.低所得者である

編集後記

ギャンブル好きな人の共通点を7つ挙げました。
お金がないと、何とかしてお金を増やしたいと思いギャンブルに手を出してしまう人がいるのです。
ギャンブル好きな人の共通点と自分が似ていたら、要注意かもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!