お金がない時は風呂水を使うことで少しでも水道代節約

いくらお金がないとはいえ、止められて一番たまらないライフラインは水道でしょう。

また、お金があっても、水道管破裂や震災で水道を止められたらどうしようもありません。飲み水や料理用の水は、スーパー等でミネラルウォーターを買うことで何とか対応出来ます。しかし、さすがに、風呂の水を飲むわけにはいきません。風呂の水は、捨ててしまうのは勿体ないということで、洗濯用水やトイレの洗浄水に使います。その為に、ホースとポンプを用いて洗濯機に風呂水を汲み入れる為のものもあります。そこで、実際に筆者が借金苦で生活を追われていた時にやっていたことを紹介したいと思います。

洗濯用水に使う場合にやっていたこと

そう、まずは、風呂の水を洗濯に使っていました。しかし、大抵の人は、初回の洗剤を用いての洗浄では風呂水でやっても、その後は、きれいな水道水ですすいだりしていますよね。しかしここは、水道が使えない場合を課程する意味でも、初回の洗浄が終わったら一旦水道の蛇口を止めてしまいます。そして、水をためる時に、手動で洗濯機に風呂水を汲み入れます。但しこの場合、風呂水ですすいだ状態では、時間が経つと洗濯物が臭くなってしまう為、最後のすすぎだけはきれいな水道水で行います。これで風呂桶にたまっている水は全部洗濯でまかなえます。

トイレの洗浄水にも風呂水を

よく、トイレの水を節約する為に、タンクの中にペットボトルを入れるということをやっている人がいますよね? でも、これでは、流れる水が少ない為、十分に流れないこともあり、結局同じことになってしまう場合があります。そこで、なかなか流れない時に、バケツに水を汲んで直接勢いをつけてジャーッと流すという考えを思い出して、風呂の水をタンクにためることをしていました。その際、そこの水道も止めてしまえば、水が流れた直後に風呂水をいっぱいに入れられます。これなら、手間はかかりますが、十分に流れるので、この方がよっぽど節約になるのではないでしょうか?

だったら追い焚き出来る風呂なら追い焚きもしたら?

これは、以前やっていました。しかしこれは、水道代は節約になるものの、当時はガスがプロパンで、ガス代の方がよっぽど高いことに驚いたのです。特に冬期、水が冷え切ったところで追い焚きでお湯を温めていたら、お湯を循環させながら設定温度まで温めるので、とても時間が掛かるわけです。40分くらいかかります。追い焚きは、誰かが入った後、ちょっとぬるくなった時に温める為には良いのですが、最初から温めるのは大変なのです。確かに、単位時間あたりでは、追い焚きよりもお湯張りの方がカロリー量は大きいのですが、お湯張りはおおよそ流量が1分間あたり20リットルなので、10分あれば浸かれるくらいにまでお湯をためることが出来ます。このことは、冬期、ガス代が以上に高く、ガス屋に漏れているんじゃないかって問い合わせたところ、そういうアドバイスを受けたことで知りました。実際、最初から追い焚きで温めるのをやめたら、ガス代が下がっています。

シャワー浴びるのは洗い方によってはお湯張りと大して変わらない

筆者は、お風呂に入る時は、大抵シャワーだけでなくお湯にも浸かります。それは、お湯をためながら体を洗ったり、髪を洗ったり、顔を洗ったり、歯を磨いたりとしています。まずは、体を洗う時は、タオル等に石けんかボディーソープをしみこませて泡を立ててからそれで体をこするのですが、その体をこすっている間はシャワーは出しっぱなしになるわけですから、その出しっぱなしになるお湯を流さず風呂桶にためています。そして、髪を洗う時も、シャンプー前のすすぎやシャンプー後のすすぎ、リンス後のすすぎでシャワーで流す間以外はお湯をためています。そして、洗顔中も髭剃り中も歯磨き中も全て、出しっぱなしになっている分は風呂桶にお湯をためる方に回します。これだけでも十分浸かれるくらい風呂桶にお湯がたまるのです。そして、全てが終わった時に、十分たまった風呂に浸かることで満足感のあるバスタイムにしています。そうです。シャワーだけといっても、出しっぱなしにしていたら、結局、お湯に浸かるのと変わらないくらい水道を使うのです。その都度お湯を止めるという考えもありますが、それでは、一旦お湯が冷たくなったり、反対に熱くなりすぎたりで、適温になるまでお湯を流さなければならないので、あまり効果的とは言えないと思います。

総じて風呂の水の節約は

やはり、節約も決め手は、手間はかかるとはいえ、「満足度」でしょう。洗濯用水は、最後のすすぎだけ綺麗な水を使うことでしっかり洗われ、トイレ用の水はペットボトルでタンクに入る水を少なくするのでは流れきれないこともあるからまるっきり風呂水を使い、かといって最初から追い焚きはガス代がかかるのでここは新しくお湯張り、入浴時は流しっぱなしのお湯は全てお湯張りに回すことでしっかり風呂に浸かる、という工夫をしています。今後、もっと節約出来たらな~と思っています。

まとめ

この記事は、風呂水について書いてきましたが、生活が追われている時、お金はあっても水道が使えない時等、物理的に節約せざるを得ない状況を仮定してのことも行ってきています。それを箇条書きにまとめると次のようになります。

  1. 洗濯においては、最後のすすぎ以外は全て風呂水を使った時があった。
  2. トイレはペットボトルで節水していたら十分に流れないこともあるので風呂水を使う。
  3. 追い焚きは最初から追い焚きではかえってガス代がかかる。水道代よりよっぽど高い。
  4. 入浴時はシャワーだけの場合は、流しっぱなしでは大して変わらない。流しっぱなしの分はお湯張りに回そう。
  5. 節約の決め手は満足度。ある程度の手間は惜しまない。

こんなところです。やはり、風呂水もこうやって利用したことで水道代も随分安くなりましたし、追い焚きをやめたり、流しっぱなしの分のお湯はお湯張りに回したりということで、ガス代が下がり風呂にも浸かれるので、なるべくひもじい気分は抑えたいと思うのでありました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!