猛暑日になるべくお金をかけずに外出する5つの方法

shutterstock_269113451

猛暑日は、暑さが苦手な場合はあまり外に出たくありませんが、時として、逆に遊びたくなることもあります。

かといって、お金がないと、外に出たらお金掛かっちゃうな~、特に、プールや海水浴なんて金掛かるな~と外出するのもためらいます。

プールなら近くに室内プールなり公共のプールなりあることが多いのでまだしも、海水浴なんて海水浴場が近くになければそれだけで足止めになります。

それでもあまり家にいたくないなら。

猛暑日でなるべく金を掛けずに過ごす方法を考えてみましょう。家にばかりいるのも、あまり体にいいものではないので尚更です。

1.暑い日の外出は何もプールや海水浴ばかりではない

夏ならではの遊びといったらもう、すぐに頭に浮かぶのは、海水浴やプールですね。

しかし、お金がないとそうは言っていられません。

プールなら、市営のプールや運動公園のプールだったら比較的安いですが、海水浴は、近くに住んでいる人でないと無理です。

また、海の家に入るのにもお金が掛かりますし、そこでの食事が割高だったりもします。

そこで、暑いからと言って、何が何でも海やプールでなければならないということも考えていきたいと思います。

かといって、軽井沢のような避暑地に行こうにも、今度は交通費が掛かってしまい、それこそリッチな人の過ごし方なので、金を掛けない方法を考えてみましょう。

2.デパート等でウインドーショッピング

はい、買うものがなければデパートなんて行く意味がないだろうと言う方、それはちょっと早合点というものです。

デパートは大体冷房が効いています。そこで涼むがてら、色々なものを見るのもお金を掛けずに気分転換になっていいものです。

もちろん、服の売り場に行けば、買いたい服も出てくることでしょう。

お金があればそこで、欲しくなった服を買っても良いのですが、買えない場合は、ただ我慢ではなく、こんな服もあるんだ~とチェックしておくのも一つの考えです。

また、特に買うものがなくても、ウインドーショッピングは目の保養にもなりますので、決して無意味ではありません。買わない為にウインドーショッピングしてもいいわけですし、ウインドーショッピングするだけならお金は掛かりませんから。

それに、気分転換にもなり涼も取れたりと一石二鳥です。但し、絶対に買ってはいけないというわけではないので、どうしても必要なら買えばいいわけです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2