お金を素直に受け取る5の方法「お金に対するメンタルブロックとは?」


皆さんはお金に対してメンタルブロックをかけてしまっていませんか?

実は多くの方がそういった問題を抱えているのです。ブロックをかけてしまっていれば、お金との縁も遠くなってしまうでしょう。では、メンタルブロックを外してお金ともっと仲良くなるためには何を考えるべきなのでしょうか。

1.お金の正体について考える

まずはお金の本当の正体について考えていきましょう。日本ではお金について悪いイメージを持ってしまっている方が多いかと思います。しかし、それこそが問題なのです。こういった先入観でイメージを持ってしまうというのは非常に悪い考え方なのですね。
では、お金の正体とは本当にネガティブな存在なのでしょうか。確かにバランスを崩してしまうと良くありません。しかし、お金がある事によって得られる幸せというのも多いのではないでしょうか。
夢を叶える為にも希望を叶える為にも常にお金は必要になります。この時点で本当はポジティブな物だという事がわかるのではないでしょうか。本当はポジティブな存在のはずなのに、いつの間にかマイナスなイメージを持ってしまっている。これは、先入観が大きく影響しているのです。お金に対するメンタルブロックを解除するには、まず先入観を断ち切るようにしましょう。

2.自分の中の問題と向き合う

お金に対してのメンタルブロックを外すには、自分の中の問題と向き合う必要があります。他に何か問題がある事が、お金に関する考えを歪めてしまっている可能性があるのです。例えば、中には自分のコンプレックスが気になっているという方も多いのではないでしょうか。もちろんコンプレックスは誰にでもあります。しかし、それが強くなると卑屈な考えを持ってしまう事もあるのです。
卑屈な考えというのは、その分野だけではなく違う分野にも影響を及ぼします。例えば、容姿がコンプレックスになると人間関係に対しても卑屈な考えを持ってしまいがち。自分なんか、と思ってしまう事もあるのではないでしょうか。
このようにマイナスなイメージが連鎖してしまうというのは実はよくある事なのです。しかし、連鎖していくのはマイナスだけではありません。プラスイメージも連鎖していくのですから、他の問題でも改善していく事を考えていきましょう。

3.お金を怖いと思わない

お金を怖いと思わない事もメンタルブロックを外す際に非常に重要になります。では、何故怖いのでしょうか。もし宝くじに高額当選したら、周りの方の態度が変わると思っていませんか?確かにお金は魔物だと表現されてしまう事もあります。しかし、それはあくまで使い方が間違っているからです。普通に向き合っていれば私達を幸せにしてくれるものなのです。
怖いもの、というイメージは実は非常に多くの方が持っています。毎日使っている物なのに不思議ですよね。しかし、それがブロックをかけてしまっているのです。あくまで私達を幸せにしてくれる為の物であり、怖がる必要はありません。それどころかあなたの人生にとって大切なパートナーになるのです。
よく考えてみましょう。今までお金を持っている事で嫌な思いをした事はありますか?殆どの方は嬉しい事ばかりだったはず。何かトラブルがあったとしても、それはお金ではなく人間が問題だったのではないでしょうか。

4.利益よりも奉仕を考える

お金がうまく回る国というのは、利益を得るよりも奉仕について考えている方が多いと言われています。例えば、利益を得たとしてそのままにしている企業よりも、得た利益の一部を社会に還元している企業が多い国の方がお金が回るという事です。これは考えれば良くわかりますね。そして、お金が回るようになればより企業も安定して経営が出来るようになるのです。
しかし、それが出来る人も企業も限られているのではないでしょうか。そんな中、本当のお金持ちというのは常に奉仕を考えています。多くの方が社会への還元を行っています。あのハリウッドのセレブ達も、自分達も問題を抱えている方も多いです。しかし、そんな中でも社会への還元に関してはしっかり行っている方ばかりなのです。
社会や他者への還元を考える事で、お金に対しての考えというのはより穏やかになり、メンタルブロックを外す要因の1つになるのではないでしょうか。

5.お金の稼ぎ方を考える

お金の稼ぎ方についてもしっかり考える事によって、メンタルブロックが外れます。基本的に、10万円というお金を稼ぐとなると多くの方は時間で考えるのではないでしょうか。今現在働いている方であれば、時給から計算して何時間働けば10万円になるのかを算出しますね。
しかし、お金持ちというのは時間で考えないのです。10万円を稼ぐ為にはどんな方法を使えば良いのかその手段を考えるのです。時間ではなく、手段を考える。これは成功する為には非常に重要な才能の1つです。
例えば、10万円という例を出しましたがそれが1億円になったらどうでしょうか。流石に時間ではなく手法を考えるようになるかと思います。しかし、金額は関係ありません。どんなに少ない金額だったとしても、時間ではなく手法で考える癖を付ける必要があるのです。

まとめ

1.お金の正体について考える
2.自分の中の問題と向き合う
3.お金を怖いと思わない
4.利益よりも奉仕を考える
5.お金の稼ぎ方を考える

編集後記

多くの方が抱えているお金に対するメンタルブロック。このブロックが外れるとお金に対しての考え方が変わり、より受け取りやすくなると言われています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!