ちょっとした工夫であり合わせのものを使って安く美味しいものを


組み合わせによって意外な美味しさのものがあり

お金がない時は、なかなか買い物に出られませんよね? そんな時、あるもので何かを作ろうと考えるしかありません。或いは、これとこれがあるから、○○だけ買ってきて足して、という感じのことを考えるでしょう。あり合わせのもので美味しいものを考えるのもまた楽しいものです。そこで、今まで経験したもので、意外な美味しさを楽しめる組み合わせを紹介したいと思います。

まずはトロリとコクのあるどんぶり飯を

まず、これが思いついたのは、この日は特にお金がなかったわけではないのですが、食材が結構尽きていて、外は悪天候で出られずに困っていた時でした。お金はあっても、外が悪天候で買い物に出られなければ、結局あり合わせのものを考えなければなりませんよね? その時、冷蔵庫には卵、わけぎとあり、他には、おかかと焼き海苔がありました。そこで、まずはご飯を炊いてどんぶりによそい、真ん中に卵黄を1個乗せて、あとはおかかを振り掛けて、はさみで細切りにした海苔と刻んだわけぎを乗せて、醤油を掛けて食べてみたら、これが結構いけて、卵黄のコクでちょっとリッチな気分になります。わけぎではなく、葱でもいけます。この時に乗せる卵は、温泉卵があれば、更に美味しく食べられるでしょう。前に、とある高速道路のサービスエリアで、しらす丼というのがあり、それは、どんぶり飯に釜揚げしらすといくらの醤油漬けとわけぎが乗っていて、病みつきになったことがあるのですが、卵黄のまったりとした風味がそれを思い出される気分でした。

蒲焼き丼を食べたければこんなものも

鰻丼または鰻重が食べたくても、ここのところ、中国産の鰻でさえも高騰していてなかなか食べられませんよね? ちなみに、スーパー等で売られている鰻の蒲焼きは、鰻の専門店で食事するよりは安く売られていますが、電子レンジで温めるのでは決して美味しい鰻蒲焼きにはなりません。ご存知の方も多いと思いますが、フライパンで少量の酒を振って蒸すことで、こんがりとした焼きたてのような美味しい蒲焼きになりますので、なるべく安く鰻が食べたければこの方法を使うと良いです。筆者の近所に住む主婦で、「スーパーで売っている鰻はなかなか美味しくないのよ~。やっぱり安い鰻はダメね。」という人がいて、どんな温め方をしているのか聞いたら電子レンジでチンしていると言うので、この方法を教えてあげたらその主婦と仲良くしているおばさん達にも教えたようで、「とっても美味しくなったわ」と複数の主婦から喜びの声をいただきました。鰻が買えない場合は、それこそ、鰻のタレと山椒だけをご飯に掛けて食べるのもいいでしょう。ちょっとわびしいかも知れませんが、自己満足にはなると思います。更には、豚バラ肉の蒲焼きというのが時々スーパーで見られます。薄切りの豚バラ肉をタレに漬け込んであって、それを焼いて、付属の鰻のタレと山椒を掛けて食べれば、鰻を食べた気分とまではいきませんが、400円程度で2人分は作れるのでお勧めです。また、秋刀魚の蒲焼きの缶詰があれば、これを温めてご飯に乗せて食べるのも結構いけます。

ツナ缶もご飯のお供になかなかいけるもの

ツナ缶は、大体1個100円程度で買えます。健康にはノンオイルの方が良く、料理に使う場合も、料理によってはノンオイルの方が良いですが、ここは一つ、コクと口当たりの為に、普通のツナ缶を使いましょう。まずは、中身を満たしている油と汁を軽く捨てます。そして、小皿に盛って刻んだ葱を混ぜて醤油を掛けたものは、それだけでご飯がよく進みます。また、節約の為ではなくても、赤飯やおこわのお供にもなかなかいけて、他に色々なおかずがなくてもいいくらいになります。ツナ缶に醤油をかけただけでもいけますが、刻み葱を加えれば、風味が増して食欲も増進されます。他には、小学校等の飯盒炊さん実習で、肉は腐りやすいからということで、肉の代わりにツナ缶を使うということもやりましたよね? これは、普通のカレーでも、ツナカレーとしてやってもなかなかいけるでしょう。カレーが食べたいが肉の用意が出来ない時なんて、ツナ缶があればカレーが出来ます。また、ご飯のお供ではありませんが、大根と刻み葱と茹でうどんがあれば、更にバターを用いることで、茹でたうどんに熱いままバターを絡ませ、そこに大根おろしとツナと刻み葱を乗せて、醤油を掛けてよく混ぜて食べるものなかなか美味しいです。

SPAMは沖縄ではツナ缶並に安いらしい

本州では概ね、SPAMは300円~400円で売られていて、筆者はそれが普通だと思っていました。いや、SPAMって高級品なんだなとさえ思っていました。しかし、沖縄の友人にその話をしたら、びっくりしていました。とても信じられない、あり得ないと。そう、沖縄ではSPAMはツナ缶みたいに安いというのです。むしろその方が驚きました。沖縄では、節約にSPAMなんていうことも考えることが出来るんだな~と。まず、SPAMはしょっぱいので、ゴーヤチャンプルーを作る時は、肉としてSPAMを使えばそれだけでかなり塩味が付くので、醤油はほんの香り付け程度に入れれば良いでしょう。更には、ピカタが食べたいけどSPAMがあって豚肉がない場合は、SPAMでピカタもなかなかいけました。他には、クックパッド等のレシピでもよく見かけますが、スパム握りもあります。これは、ご飯をにぎり寿司のような形に握って、その上にスライスしてサッと焼いたSPAMを乗せて、玉子のにぎり寿司に使うような海苔のように細く切った海苔で止めるものです。というように、わざわざこれらを揃える必要はないと思いますし、必ずしも節約であったり、あり合わせであったりということでもないのですが、組み合わせ次第で意外な美味しさも楽しめるということで、固定概念に縛られずに色々試していくとより良いでしょう。色々試す中で、より安く美味しく満足感の高いものが出てくるかも知れません。お金がない時こそ、工夫してより満足感を得るようなことを考えたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!