会社に行っている時の節約ランチ「社員食堂は本当にお得?」

shutterstock_257288737

会社によって、社員食堂のあるところとないところがありますよね?

大きな会社は大概あります。社員食堂は概ね300~400円、高くても500円くらいでそこそこ食べられます。しかし、社員食堂のない会社も結構多く、その場合は、会社の近くにある店で食べるか、弁当持参、仕事に行く途中でコンビニで買って持参のどれかで行かなければなりません。そこで、社員食堂ありのところと、無しのところでの経験について述べてみたいと思います。

社員食堂がある場合の節約

ただでさえも、社員食堂なら、外食よりも安く済むものですが、その中でもなるべく安く上げる為の食事をチョイスしたいところです。他の人はいいものを食べているのに自分はわびしいな~なんて寂しがっている場合ではありません。本当に100円を計算して使うようなお金の厳しさの時は、社員食堂で尚かつ節約の必要もあります。但し、中には、全メニュー均一で450円、但し大盛りも同料金という会社も過去にありましたので、そういったところでの社員食堂にはこの事例は当てはまりません。まずは、そばやうどんは大体どこの社員食堂も安いものです。なので、この場合、一番シンプルな麺を選んで、少しでも満足感を得る為に、揚げ玉やトッピングが掛け放題なら、異常にならない程度にたくさん乗せるとそこそこ満足感が得られます。そうやって、100円台で抑えたこともありました。

社員食堂がない場合の節約

社員食堂がなければ、近くの定食屋かレストラン、ラーメン屋等のいずれかで食事するか、弁当屋やコンビニで弁当を買ってくるかのどれかでしかありません。しかし、これでは高くついてしまいます。もちろん、弁当屋なら500円程度のところもありますが、定食屋等に入る場合は、なるべく安い店を探すことが前提ですが、基本的に1000円くらいみておかなければなりません。全てそれだと、月20日勤務とすれば、一月に昼食代だけで20000円となるのでそれは痛いです。よって、この場合は、少し精を出して、おにぎりか弁当でも作って持っていきます。すると、一日あたりのコストが300円程度に抑えられます。しかし、弁当持参の場合、梅雨時から暑い季節の時は、節約以前に食中毒の問題でやめた方がいいです。食中毒を起こしてしまったら、節約どころの騒ぎではなくなりますので。ちなみに、会社によっては、給食センターの弁当を注文しているところもあって、それなら概ね300~400円程度でやっていますので、そういったものを利用すると良いでしょう。

それでもお金が厳しい時はこんなことも

あまり良くはありませんが、切羽詰まっていた時は、こんなことをやっていた時がありました。それは、あの、「お腹が空いたらスニッカーズ!」です。これは、1本120円程度です。安いところは、100円程度で売っています。スニッカーズは中にピーナッツクリームのようなものが入っていて、ナッツがぎっしりと結構食べ応えがあります。また、糖の含有量の高さで、眠くなった時に、脳へ栄養が送られることで頭がしっかりします。そう、脳はブドウ糖しか栄養として使えず、そのブドウ糖の消費量は半日で100g程度とされています。なので、スニッカーズはそういう時にはもってこいです。あまりの甘みの強さで喉が渇くので、水をたくさん飲んでしまいます。それでお腹が膨れてしかも腹持ちがいいので、周りの目を気にしながらもあまりに貧しい時はそうやって会社でのお昼をしのいでいる時がありました。また、気軽に食べられる利点もあります。

弁当持参は季節と職場によっては不可

ちゃんと食べられるように一番節約するのにいい方法は弁当持参ですが、梅雨時~夏場は危ないです。ちょっとした加減ですぐに食中毒菌が繁殖してしまいます。弁当持参は涼しい時期か寒い時期だけにしておいた方が良いでしょう。いくら節約といっても、食中毒を起こしてしまえばどうにもなりません。医療費が食費よりもはるかに高くついてしまい、その上、何日か仕事を休まなければならなくなるので、その時期は怖いです。また、職場によっては、社員食堂がないのに自分の席で食事を取ることまで出来ない職場もあります。本当は出来るんでしょうけど、周りの目やバランスでやっぱり周りに合わせなければならないような職場もあります。そういう時は諦めて周囲に合わせなければなりません。せめて、弁当代を捻出する為に他のところを節約せざるを得なくなります。

社員食堂と給食センターの弁当は一食あたりの費用が概ね同じくらい

社員食堂はそれでも色々なメニューがあるのに対し、給食センターは、そこで一括して作られたものが来る為に種類は単一ですが、平均すれば社員食堂と給食センターはほぼ同じくらいの価格帯っていう印象でした。社員食堂は、そば・うどんが200円以下、定食が250~500円の間、給食センターの弁当は300~400円(350円のところが多かった)程度でしたので、ほぼ同じくらいと言えるでしょう。但し、どちらかしか選択肢がないところでは、昼食では節約出来ないので、それ以外で無駄遣いしないようにしていました。

まとめ

以上、会社での食事の節約について、経験したことも紹介しながら述べましたが、やはり、弁当持参が一番バランス良く節約出来、弁当持参が出来ないところでは、食費を捻出する為に他のものを節約ということしかないと思います。これらのことをまとめると以下のようになります。

  1. 社員食堂があるところは、そばまたはうどんの最もシンプルなのを選び、少しでも満足度を得る為にトッピングをたっぷり使う。
  2. 社員食堂がないところは、弁当持参が原則。それが出来ない場合は、周りに合わせるしかない。
  3. それでも厳しい時は、水をたくさん飲みながらスニッカーズでしのいでいた時があった。
  4. 弁当持参は、季節によっては食中毒が怖いし、職場によっては不可の場合のあるので、その場合は、弁当代を捻出する為に他のところを節約。
  5. 社員食堂と給食センターは平均すると価格的に同程度。

筆者が経験したところは、こんなところでしょうか? 仕事中眠くなったり疲れたりしない為にも、昼食は費用を抑えながらもなるべく満足いくものにしたいところです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!