稼いだお金を健康に投資して元気に暮らす5つの方法

shutterstock_74647537

どんなにお金があったとしても、健康でなければ意味がありません。

一生懸命働いて資産を作った結果体を壊してしまったというのではなんとも寂しい話です。また逆に今はお金がなくても健康でさえいればやり直すことができます。自分の体を考えて健康への投資を行う事もお金を稼ぐ上で大切になってきます。

1.お金は働けば稼ぐ事が出来る

お金は働けば稼ぐ事が出来ます。どんなに金銭的に辛いという状況になってしまっても、副業をしたり仕事を選ばなければ何かしらの仕事をする事は出来ます。健康な方であれば収入が0になってしまうというのはあまり考えられません。もちろん人によってはさまざまな都合というものがあるでしょう。しかし、もし最悪の状況になってしまっても、稼ぐ事自体は出来るのです。
では、健康はどうでしょうか。こちらは誰でもすぐに改善する事は出来ません。大きな病気を抱えてしまえばしばらく入院する事や、最悪命の危険性もあります。病気は乗り越えてもその後の予後不良に悩まされてしまう方もいらっしゃるでしょう。
お金持ちが最後に選ぶ買い物は健康だ、という話があります。どんなにお金があっても健康でなければそれを自由に使う事は出来ません。お金は稼げます。しかし、健康はお金よりも手に入れるのが難しいのです。

2.予防医療にお金を投資する

健康にお金を投資するといっても、治療費にお金を使うという事ではありません。健康な体を作るため、そして守るための予防に投資する事が重要なのです。
ちなみに、病院にあまり行かない人とうのは貧乏な人が多いと言われています。行くだけ金銭的に余裕が無いという事も考えられますが、自己管理の面です。例えば、医師に話を聞いてみると限界になって病院を訪れる方が多いそうです。予め診察を受けていれば通院だけで済んだはずなのに、放置していたから長期入院をする羽目になってしまった患者さんというのは想像以上に多いもの。通院と入院でどちらの方によりお金がかかるかという答えはわかりきっていますね。
まず、全然病院に行っていないという方は検査を受けに行ってみましょう。大きな病気でも、初期の段階であれば通院だけで済むケースもあります。なるべく早めに対策しておく事が大切ですね。

3.お金の見積もりを考える

お金の見積もりを考える事も大切です。しっかり貯金が出来ているご家庭というのは、医療費をしっかり認識して予算に組み込んでいる方が殆ど。あまり余裕の無い方でも、予備費名目で扱っている方も多いですね。
しかし、貯金の出来ない方になると特に医療費を忘れてしまう方が多いそうですが、これは何故でしょうか。そもそもあまり病院に行かないという事も考えられます。まず、貯金をしようと計画を立てた際に最低限の支出しか考えていないというのが大問題です。実際には、何かあった時のためのお金を考えておく事が非常に大切になるからです。
そこで、医療費や健康を保つためには毎月どれくらい備えておくべきなのかを考えて見積もりを出しておきましょう。もし、入院で数十万円というお金が必要になってしまった時に出せる貯金があるかなど、様々な要因を考えて数字を出すようにしてくださいね。

4.生活習慣を変える

病気になるにもお金がかかるというのは皮肉な話です。例えば、生活習慣病です。贅沢病と揶揄されてしまう事もありますね。毎日美味しい物を食べてお酒を飲んで、そんな生活をしていれば少しずつ蓄積されたダメージがいつか爆発してしまうのです。
健康になるためには昔の日本の食事をすれば良いと言われています。もちろん私達の生活や体質も時代が変われば変わってきます。それだけでは不十分な事もあるでしょう。しかし、必要以上に豪華な食事を選ぶ必要は無いのです。
まずは食事に気をつける事です。偏食があればそれを直す事は無理でもサプリメントやジュースなどで栄養素を補うようにしましょう。そして、次に運動です。といっても時間が無ければ出来ません。ほんの少しずつでも良いので歩く習慣を付けるなど、簡単なところから始めていきましょう。

5.お金が無くても健康への投資は出来る

通常、投資をするにはある程度まとまったお金が必要になります。個人投資家も増えた事から、非常に少ない金額でも投資を行う事が出来るようになりました。しかし、利益を出すにはやはりまとまったお金を用意する必要があるのです。
では、健康への投資はどうでしょうか。こちらへの投資は金銭的な事だけではなく、時間も考えられます。少しでも健康について考える時間を用意する、毎朝少しだけ早く起きて1駅だけ歩くなど、お金のかからない方法がたくさんあるのです。
こう考えると実は非常にお得です。一度病気になってしまえば、かかる治療費というのは病気によっては青天井になってしまいます。しかし、予防というのは極端な話タダでも出来ます。逆に節約になる事だってあるのです。
未来の話はわかりません。しかし、莫大な治療費がかかるような病気をしっかり予防出来ていたら、どれだけのお金が浮くのでしょうか。そして、何より健康でいる事で幸せを実感出来るのです。

まとめ

1.お金は働けば稼ぐ事が出来る
2.予防医療にお金を投資する
3.お金の見積もりを考える
4.生活習慣を変える
5.お金が無くても健康への投資は出来る

編集後記

健康であり続けるためには本当に多額のお金が必要なのでしょうか。実際にはそんな事はありません。もちろん、どんなに予防をしても病気になる時はなります。だからといって多額のお金を使えば良いという事でも無いのです。まずは自己管理の徹底から始めましょう。お金と健康の関わりを考えて行動するのがポイントですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!