お金に愛される人の7つの共通点


お金持ちというのは、お金に愛されている人のことです。

お金に愛されていると、自然とお金が集まってきます。
その結果がお金持ちというものなのです。
お金持ちになりたければ、お金に愛されることが必要です。
お金持ちがどのようにしてお金に愛されているのか、そこにはいくつかの共通点がありました。
その共通点を知ることで、あなたもお金に愛されるお金持ちになれるかもしれません。

1.お金を大切に使っている

お金に愛される人は、お金を大切に使っている人が多いのです。
お金を大切に使うというのは、無駄遣いをしないことでもあります。
必要がないのに買ったり、ギャンブルをしてしまう人は、お金を大切に使っているとはいえません。
お金を使うとき、一瞬でも立ち止まって考えることが出来る人は、お金を大切に使っている人だと言えます。
本当に必要なところにお金を使うことが出来る人は、お金の大切さを知っている人です。
お金を大切に使うことが出来るようになれば、お金に愛される人になることができます。

2.人のためにお金を使う

自分のためにばかりお金を使う人がいますが、人のためにお金を使うことが出来る人はお金に愛されている人です。
人のため、というのは、口で言うよりも難しいものです。
なぜかといえば、人のためにお金を使うことは、自分にお金が戻ってくるか分からないことだからです。
利益ばかりを優先する人は、自分にバックがないお金の使い方をしないでしょう。
ですが、お金持ちほど、寄付をしたり、人のためにお金を使う人が多いのです。
なぜかというと、お金は常に動いていなければいけないものだという意識があるからです。
お金を使ったら、またその分を稼いでいく、そしてまた使う。
人のためにお金を使うことは、めぐり巡って自分のところにそのお金が返ってくることになります。
自分のためだけではなく、人のためにお金を使うことが出来る人は、お金に愛されている人なのです。

3.お金をきちんと使う

お金の使い方を知っていることは、お金に愛されるためにも必要なことです。
お金の使い方とは、必要なところと不必要なところをきちんと分かっているかどうか、ということです。
お金の使い方を知らない人は、不必要なところにお金を使い、必要なところにお金を使うことが出来ません。
一方で、使い方を知っている人は、お金が必要なところにキッチリ使って、不必要なところにお金を使うことをしません。
その結果、自分の利益になること、自分にとって有益なことが回りに増えていくのです。
有益なことが増えれば、それだけ稼ぐ手段も増えていきます。
お金をきちんと使うこと、お金の使い方を知っていることは、お金に愛される秘訣なのです。

4.人と自分を比べずにいる

お金に愛されている人は、不用意に自分と他人を比べたりしません。
自分は自分、と割り切ることが出来ている人ほど、お金に愛されていきます。
他人と比べてしまうと、どうしても妬みや蔑み、または見下してしまうマイナスの感情が出てきます。
そういった感情は、自分にもいい影響を与えません。
人と比べて自分の収入がどうか、というのは、お金に愛されるためには必要のないことなのです。
大切なのは、「今の生活で自分が幸せかどうか」です。
今、幸せな生活をしていると思えている人は、人と比べたりはしていないでしょう。
人と比べない人ほど、お金に愛されている人なのです。

5.自分の好きなことを極めている

自分の好きなことを極めている人ほど、とても稼いでいて、お金に愛されている人です。
好きなこと仕事にしている人は、楽しんで仕事ができるため、仕事を変えようと思ったりはしません。
その結果、地道に努力することができて、最終的にはお金持ちになれているのです。
好きではないことを嫌々仕事でしていると、仕事の効率も悪くなり、売り上げも上がりません。
その結果、いつまで経ってもお金持ちにはなれないのです。
好きなことを極めると言うのは、仕事にも反映されます。
「仕事が好きです」という人は、成功する人が多いのです。
「仕事が嫌い」という人は、成功しないのです。
好きなことを仕事にすること、好きなことを極めて稼ぐことが出来ている人が、お金に愛されている人なのです。

6.自己投資をしている

お金に愛される人は、自己投資をしています。
自分にとって足りないもの、自分のビジネスに足りないものを補う為の投資は、必要なことを知っているからです。
自分に足りないものが多い中でビジネスをしても、成功しません。
ですが、自己投資をして自分の知識を増やしたり、人脈を増やしたりすることは、ビジネスに生かすことができる投資です。
その投資の結果、ビジネスの業績が上がれば、投資した以上の金額を手にすることが出来ます。
つまり、お金に愛される人、ということなのです。
お金に愛される人は、自己投資をして、それをお金を稼ぐ手段に繋げている人です。

7.挫折しても諦めない

お金に愛される人は、挫折しても途中で諦めたりしません。
例えば、事業を起こして失敗してしまっても、お金に愛される要素がある人なら、そこで諦めたりしません。
どうして失敗したのか、どうすればいいのかをきちんと考えます。
成功するまでは苦しくても、成功してからの生活を思い描いて頑張ることを続けられます。
その結果、大きな成功を収めてお金持ちになり、お金に愛される人になるのです。
何をしても長続きしない、諦め癖のある人は、お金に愛される人になることができません。
お金に愛される人になりたいなら、まずは挫折しても諦めないで頑張り続けることが必要なのです。

まとめ

1.お金を大切に使っている
2.人のためにお金を使う
3.お金をきちんと使う
4.人と自分を比べずにいる
5.自分の好きなことを極めている
6.自己投資をしている
7.挫折しても諦めない

編集後記

お金に愛される人の共通点を7つ挙げました。
これは、どんなお金持ちにも共通することです。
特に、今お金持ちと言われているお金に愛されている人は、挫折を経験したりしています。
それでも、好きなことだったから続けられた、という人が多いのです。
好きなことを仕事にして、諦めずに続けることで、お金に愛される人になれるのだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!