お金がない生活から抜け出そう!掃除で金欠生活を改善できる?


 お金がないときの生活ってどうしても何もやる気が起こらないものです。

オマケに不安やイライラにさいなまれて余計やる気が失せていきます。でもよく考えてみるとお金が無いからやる気が起きないんじゃなくて、いろんなことに対するやる気がなくなった結果が金欠ってことが結構あるんです。お金が無い方は冷静になって一旦自分の周りに目を向けてみてください。部屋が汚れているって人はこの方法でお金の余裕を生み出すことができるかもしれません。

部屋が汚くなる原因

部屋が汚くなってしまうのは「面倒くさい」という気持ちが根本にあります。干した洗濯物を棚にしまうのが面倒臭い、コンビニ弁当の容器を重ねてそのままにしてしまう、読んだ本をしまわない・・・全部面倒くさがりが根本的な原因です。よくものが捨てられないことが汚部屋の原因だと言われますが、結局ものが増えると片付けの面倒くささが増えるということです。そしてこの面倒くさがりがお金が無くなる原因になっています。そこを改善するためにまずやることは、ズバリ部屋の片付けです。ほとんどお金をかけずに気分をリフレッシュすることができるはずです。

まずは気合いを入れて部屋を片付ける決意を!

床の上に物を置きっぱなしにしていたり、空き缶やペットボトルがテーブルの上でそのままになっていたりしていませんか?もっと悲惨な状況が足元に広がっている人もいるかもしれません。そこまで来るともう自分の部屋の中では何をやるのも億劫になってしまいます。しかし、そのままにしてたらどんどんいろんなことへのやる気がなくなってしまいます。貧乏脱出の気力が湧き出ることはありません。

床からきれいにしよう

しかし、しばらく片付けや掃除をさぼっていると何から手を付けたらいいのかが分からなくなってしまいます。とにかく最優先で片付けるべきは床です。といっても、しばらく掃除をしていない床を一度に完璧に綺麗にすることは難しいものです。だいたい、そこまで部屋が汚くなるような面倒くさがりが完璧を目指すこと自体が間違えなんです。もっと言えば、部屋全体を一度に綺麗にする必要もありません。何日かに分けて少しずつ綺麗にしていくのです。そのためにも作業スペースを確保しないことには大したことはできません。簡単な方法としては、明らかに不要なものをどんどん捨ててしまうことです。古いチラシや買い物袋、買ったものの梱包材などをゴミ袋に入れるだけでもずいぶんスペースが確保できませんか?そこがこれから部屋をきれいにするための拠点になるのです。

仕分、仕分アンド仕分

テレビでよくやっている片付けられないなら捨ててしまうのが次の段階です。先ほどの作業でできたスペースにドカッと座り、横にゴミ袋を置きましょう。後は周りに散らかっている物をどんどん仕分していくのです。本や書類、衣類など捨てたら困るものを種類ごとに同じ場所にまとめていきます。主なものを仕分けた残りに目を移しましょう。そのほとんどが不要な物なはずです。大事なものが紛れていないか注意しながらゴミ袋に放り込んでいきましょう。ここまですればパッと見た部屋の印象はだいぶ綺麗になっているはずです。

台所

部屋が汚れている人は台所も汚れていることでしょう。ひどい場合になると洗っていない食器がシンクに溜まり、排水溝も残飯のヘドロで詰まっているかもしれません。水を出しても流れないから食器を洗うこともできないという悪循環の結果です。こういう時はいったん食器類を全てビニール袋か何かに入れてシンクの外に出しましょう。つまりを解消させることがシンク掃除の第一歩です。つまりがひどい場合には使い古した歯ブラシなどを使ってこびりついたつまりを取り除きましょう。軽いつまりであれば薬局で売っているつまり解消の洗浄剤があるのでそちらを使うのもおススメです。
シンクで水を流せるようになったら次は先ほどどかした食器類や調理器具を一つずつ洗っていきます。全て洗い終わったらひとまず、今回のお片付けの目的は達成できたといえるでしょう。

まとめ

今回はお金が無いときの過ごし方としての片付けでした。目的はあくまで金欠生活の脱出であり、部屋を完全にきれいにすることではありません。部屋が汚いことが金欠の一因になっている場合の応急処置としての片付けなのです。お金がどんどん減っていく原因を取り除く以上のことは載せていません。本格的な片付けがしたい方は、別のサイトにいくらでも片付けテクニックは載っているのでそちらを参考にしてください。床と水回りをきれいにすれば、一番お金が飛んでいきやすい食事を改善する準備は完了です。次回の記事では簡単な自炊を通してお金の管理をしっかりやっていく第一歩を踏み出してみましょう。

編集後記

実は私もこの記事を書く数日前に部屋を片付けたところです。頭ではこうすればお金の支出を抑えられるとわかっていても、どうしても部屋の状況がそれをさせてくれませんでした。実際に部屋をそれなりにきれいにしたら、久しぶりに自炊をする気力が湧き起こってきました。まずは「よっしゃ」という気持ちを持つところからです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!