「お金が無いときの過ごし方」まだ読んでいない本や一度読んだ本を読み返そう」

shutterstock_161188787

 読書好きや漫画好きの人は本棚に結構たくさんの蔵書がありますよね。

実はまだ全部読んでないっていうものや、もう一回読んでみたい本もあるかもしれません。お金が無いときこそ新しい本を買わずにそういう眠っている本にもう一回目を向けるチャンスです。


まだ読んでいない本

面白そうな本をまとめ買いしてしまうと全部読み切る前に忙しくなってしまったりして、読まずに本棚の肥やしになっている本って結構たまってしまうんですよね。引っ張り出してみると途中まで読んだものもあれば全く読んでないものもあったりします。当時の流行りに乗っかった内容で古いものであれば読む必要もなくなってしまっているかもしれません。一方で時代に関わらず面白いものもあります。そういう本を自分の蔵書から再発掘して読んでみるのはおススメですよ。私は度々新書を何冊か買うんですけど、先日、池上彰さんの本をまとめ買いしたヤツが発見されました。ちょっと古かったけど読んでみると今でもニュースを理解する助けになったりするんです。

あの物語をもう一度

小説や漫画みたいな本は物語が頭の中に入ってしまったら読み返すことが無いという人も多いかもしれません。でも、ストーリーが練られているものは何度も読み返すことでより楽しむことができるものです。終盤で明らかになる物語の真相のヒントが序盤からいたるところにちりばめられていたりするんですよ。よっぽど記憶力が高いか、勘が良くて重要な情報だと確信していない限りは一回でその練られたストーリー全体を本当の意味で楽しむことはなかなかできません。結末を知っている物語って私もあんまり読む気は起らないんですけど、お金が無くてやることが無いときこそ読み返すチャンスではないでしょうか。

古い教科書でもう一度勉強

学生時代の教科書がまだ残っているならそれを読んでみるのもものすごくためになりますよ。それを使って勉強していた当時はやる気が起こらなくて、なかなか理解するまで読み込まなかったものでも、大人になって読み直してみると当時よりもずっと分りやすくなっていたりします。もちろん、教科書の中身が書き換わったわけではありません。卒業してからの色々な経験が実は教科書の部分部分と関係があるからです。理系の私は高校の社会なんてほとんど勉強していなかったんですが、教科書を引っ張り出して読んでみたら結構面白かったんです。公民や現代社会なんかは特に成人してからの経験との関わりが深くて、自然と覚えたこともあればよく分らず何となくごまかしていたことがはっきりと書いてあるので本当に役に立ちます。学校の勉強って大切だというのを改めて痛感するきっかけにもなりました。子供ができて、なんで勉強なんかしないといけないのか聞かれたときに自信を持って答えることができます。

HOW TO本でスキルアップ

本屋に行って面白そうなHOW TO本を買ったはいいけど家に帰ってみたらあまり面白くなさそうだったという経験はありませんか。そういうのもやはり忙しさの中で忘れ去ってしまって、読まれずに本棚の中で眠っていたりします。そういう本もお金が無いときに読んでみたらいいんじゃないでしょうか。本当に役に立たないかどうかは読んでみるまで分らないわけですし、一度は目を通してみましょう。
私は仕事でプレゼンテーションをする機会が多くて「TEDトーク 世界最高のプレゼン術」とうい本を買ったんですが、忙しくてしばらく手を付けずにいて忘れていました。ところが部屋の整理をしていたら出てきて、読み始めたら片付けそっちのけで読み切ってしまいました。書いてあること全部を活かすほど読み込んではいませんが、いくつかを実践しただけでプレゼンを褒められるようになりました。HOW TO本がたまっている人はワンランク上のできる奴を目指しましょう。

挫折した資格のために

いつか挑戦したい資格や検定があって参考書は買ったんだけど、やる気がなくなってしまってたりしませんか。お金が無いときこそ再起のチャンスです。他にできることが無いからもう一度やってみようかというのでいいと思います。これをきっかけにお金が入ってからも少しそっちに集中してみませんか。

まとめ

すでに家にある本を読むというのが今回のテーマでした。もう読まない本というのは何か理由があって読んでいないのですから、動機づけが必要です。モチベーションも色々な上げ方がありますけど、何よりせっかくあるものを読まないのはもったいないですよね。そして、いざしっかり読んでみるとどこかしら面白さは見つかるものです。金欠も新しい本を買わずにそういう楽しさを発見するチャンスと捉えればちょっとは前向きに過ごせるんじゃないでしょうか。

編集後記

漫画の読み直しで感動したのは「からくりサーカス」という漫画です。週刊誌連載当時から読んでいて単行本も全巻持っていました。ある時、全43巻と大ボリュームなので2日かけて読み返しました。中盤や終盤の激動の展開を示唆する内容が実は序盤で出ていたのです。さらに読み進めると全体の物語がすごく練って作られていることに気が付きました。初見でも好きな漫画だったんですが、読み返してみて気づいた新たな魅力に感動しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

「お金が無いときの過ごし方」まだ読んでいない本や一度読んだ本を読み返そう」
0.0Overall Score
Reader Rating 4 Votes