寝るだけで痩せる?睡眠だけの超低コストダイエット法

shutterstock_184441376

 お金が無いときって動くとお腹がすくし、お腹がすいたら何もする気が起きなくなりますよね。

仕事も何もする必要が無ければ思い切って一日中寝てしまいましょう。

実際そうやって過ごしてる人も多いんじゃないでしょうか?ただ、仕方がないから寝るっていうだけじゃどうにもネガティブになっていけません。

ここはポジティブに寝てみてはいかがでしょうか?特にお金が無くて太っている人は要チェックです。

おなかがすいた時は痩せるチャンス

最近太り気味だからちょっと運動してみたけど、あんなに動いたのにほとんど痩せなかったって人は多いです。

その一方で食事をちょっと制限すればそれなりに痩せていきます。これは運動のカロリー消費が実はあんまり多くないからです。

体重60キロ、身長160cmの30歳女性が痩せることを考えてみましょう。1キロ走っても80kcalぐらいです。

5キロ走ってようやく370kcalほどの消費になります。

もし食べずに標準的なコンビニ弁当は1食で600kcalぐらいのカロリーがありますから、普通に食べてるとあんまりやせる効果はないんです。

それに対して何もしなくても消費する基礎代謝は1300kcalくらいあります。

走って消費しようと思ったら16キロもの距離になります。

今までろくに運動していなかったような人に走れる距離ではありません。

それだけのカロリー消費があるのに痩せない理由は普段それ以上に食べているからなんです。

どうせお金が無くて食費を抑えたいなら、しかも痩せたいというならいっそのこと何も食べずに一日寝てるだけでちょっとしたダイエットになります。

当然1日じゃ見た目に大きな変化はありませんが、ちょっきつくて動きづらいズボンが次の日には明らかに動きやすくなるくらいの効果はありますよ。

空腹との戦い

よし、今日は何も食べずに過ごすぞ!と決めた後はどうやって時間を使うかが問題です。

テレビを見たりネットをしたり、お金がかからない趣味に使ってもいいのですが、何かやってると結構空腹感がジャマをしてくるものです。

空腹に負けない根性がある人はそれでもいいのかもしれませんが、我慢ができずに結局何か食べてしまうことが多いです。

しかも、食べないと決めていたので食事の準備なんかしていないから近くに食べに行ったり、コンビニやファストフードで済ませたりして余計に高くついてしまいます。

そうなってはそもそものお金が無いときの過ごし方としては完全に失敗ですよね。

そこでおすすめの方法がずっと寝ることです。

しっかり寝ることができたら空腹感と戦うこともなく、目が覚めた時には相当のカロリーを消費してくれていることでしょう。でも、そんな何時間も寝ていられないですよね。

そういう時は布団の中で本などを読んだりするのも空腹感を紛らわすのによい方法です。

横になってればいずれ眠気が襲ってきてくれます。

それでも寝付けない場合でも、退屈せずに空腹に耐えられないことが無ければそのまま過ごすのもいいかもしれません。

すぐに眠りにつく奥の手

でもやっぱり空腹感がしんどいしどうしても眠れないって人もいるかもしれません。

そんな人には奥の手を紹介します。私が夜どうしても眠れないときにも使う方法です。

それはDVDの音だけを聞くんです。音量の調節は小さ目に。

寝返りをうったりして音が鳴ると聞こえなくなるけど、じっとして音を立てなけれ聞こえるぐらいにしましょう。

後はぼんやり音声を聞きながら布団の中で目を閉じます。目が覚めた時にはとっくの昔にDVDは終わっていることでしょう。

物音が気になると眠れなくなったり途中で起きてしまう人は慣れないうちは途中で起きてしまうかもしれませんが、音量をちょっとだけ下げてみてください。びっくりするぐらい眠れるようになると思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2