シェアハウスでちょっとリッチな暮らし「お金がなくても質の高い生活」

shutterstock_148397882

 人がいることが一番の贅沢

生活費の中で家賃が占める割合って結構大きいですよね。都市部だとそれなりに高い家賃を払っても手狭だったり、設備に不満があったりするものです。もし他の人と一部を共有することに抵抗が無ければシェアハウスに住むことを考えてみてもいいんじゃないでしょうか。都内でも月5万円程度の家賃でいい生活ができますよ。同居人と友達になったり恋人もできたりするシェアハウス。単身の引っ越しを考えてる人は是非ご検討を。

プライバシーも安心

シェアハウスにもいろいろなタイプがあります。一部屋に複数人で住むタイプもあれば、プライバシーを守りたいという人はちゃんと鍵がかかる個人の部屋が付いているところがあります。個人のスペース自体は少し手狭な感じがするところが多いですが、キッチンやリビングなどが別にあることを考えれば十分と言えるでしょう。ここがどうなっているかは一番重要なところだと思うので、検討している方は実際に見せてもらうといいかもしれません。

広いダイニング・キッチンで気持ちはリッチに

私にとって一番の魅力は広いキッチンです。何人もの人がそこで生活をするわけですから、キッチンは結構広めです。場所によっては数セットのキッチンを備えているところもあります。一人暮らし用のワンルームマンションってどうしてもキッチンは最小限の設備しかついていないところが多いんですよね。コンロが1個しかついていなくて同時に加熱できるのが1つまでだと1食で何品も作ることは難しいですし、狭いと効率も悪くなります。料理は好きだけど設備的に難しいという状態ではストレスが溜まります。ワンルーム時代はIHヒーターが一つついてるだけだったので2品作るだけでも一苦労でした。パスタを茹でるのも、一回沸騰したら電子レンジの上に移して余熱で火を通す。その間にフライパンで肉を焼くという有様です。シェアハウスには実家のキッチンよりも大きなものが2セットついていました。ヒーターが3つついているのでパスタを湯でながら、肉を焼くということが可能なうえ、もう一品も同時につくれるのです。効率が上がって料理が楽しいです。

一番贅沢なのは同居人がいること

作った料理をダイニングで食べていたら同居人とも顔を合わせることが出てきます。気が合えば寂しい一人暮らしが一気に楽しくなりますね。ワンルームマンションに住んでいた時に近くに住んでいる友達もおらず、人との交流を求めてバーに飲みに行っていました。それもとても楽しいんですがどうしても一杯が高くつきますし、いい気分になったところで家まで帰るのが面倒だったりします。シェアスペースで食事や晩酌をしていれば誰か話をする相手がいるというのは一番の贅沢かもしれません。一人暮らしをしているときに友達がみんな遠くに引っ越してしまって、誰も話し相手がいなくなってしまった時期がありました。話し相手のいない一人暮らしほど人の心を蝕むものはありません。その時はバーに通うようになって飲み友達がたくさんできたんですが、シェアハウスの中に飲み友達がいる状況というのは理想的です。なんといってもお金があんまりかからないですからね。

友達を呼んでパーティーだってできる


同居人から許可をもらえれば、広いキッチンとダイニングを使って結構豪華なパーティーを開くこともできます。私もまだ空室が多かった時期には年に何度か20人ほどの友人を呼んで豪華なパーティーを開いたりしました。ダイニングも結構広かったのでそれぐらいの人数が来ても全く問題なく、パーティーを楽しむことができました。途中で帰ってきた同居人にもご飯をおすそ分けしたりして話をするきっかけを作ったりもできて良かったです。オマケに場所を提供したということで私は会費タダでした。同居人の理解は不可欠ですので予め許可をもらうのは忘れずに。それから、パーティー中はキッチンが使えなくなるのでそのことにも配慮しましょう。

結婚相手も見つかるかも

これは私の友人の話ですが、シェアハウスの同居人と結婚しました。最初はそのつもりはなかったみたいですが、休みの日が同じだったりして2人で顔を合わせることが多かったみたいです。それから休日一緒に遊ぶようになって、そのままゴールインしてしまいました。シェアハウスに住む若い人が増えてきてからこんな恋愛のスタートも増えてるんじゃないでしょうか。幸せをつかんだ今はシェアハウスを出て二人で暮らしています。

まとめ

最初は同居人と仲良くなれるか不安もあったりしますけど、交流が始まれば楽しいことがたくさん待っています。人がいるというのが一番の贅沢だということを実感しています。ある種の寮生活みたいな中での出会いって連帯感も生まれますしね。シェアハウスというものをよく知らない時期に友人が同居人と結婚したと聞いた時は驚きましたが、そんな出会いも増えているかと思うとちょっと期待してしまいます。ただ、あまりそれ目的というのが強いと期待するような出会いが無かったときにやりきれなくなるので、そんなこともあればいいなあという軽い感じで。男女のトラブルを避けたい方には女性専用、男性専用というところもありますのであしからず。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!