お財布を失くさない5つのコツ「いつも物を探している人へ」

shutterstock_159315359

お財布を失くしてしまうと大変です。

日本ではお金が入ったまま戻ってくる事も多いのですが、海外に行けば、中身がカラになって戻ってきたり、二度と戻ってこないこともあるのです。
今回は、お金がない!という事態にならないために、お財布を失くさないためのコツを紹介します。

1.置く場所を決めておく

まず、家の中でお財布を失くさないためには、置く場所を決めておく事です。
家の中であれば、お金がないと焦る事もないのですが、出掛けにお財布を捜さなければいけなくなるような事態は避けたいものです。
そのためには、お財布を置いておく場所を決める事が大切になります。
例えば、帰ってきたら鍵と一緒に玄関先に置いておく、など、いつも置く場所は同じにしましょう。
玄関先だと不安というときには、テレビ台などに置いておくと、分かりやすくなります。
何か、必ず失くさないものと一緒に置いておく事も大切です。
例えば鍵や、充電器に差した携帯の近くに置いておけば、お財布を失くしてしまう心配も少なくなります。
家の中でお財布を失くさないようにするためには、置く場所を決めて、いつでもその場所に置いておく習慣をつけましょう。

2.外出中はポケットに入れておく

外出時にお財布を失くさないようにするためには、ポケットの中に入れておくことです。
長財布ではなく、折りたたみ式の財布であれば、ポケットの中に入れておくことが可能です。
ポケットの中に入れておけば、いつでも感触を確かめる事ができます。
そのため、万が一お財布を落としたりして失くしてしまったときでも、すぐに気が付く事ができます。
また、ポケットの中にお財布を入れておくときには、深めのポケットに入れるようにしましょう。
浅いポケットだとお財布が落ちやすくなってしまい、結果的に失くすことになってしまいます。
外出中にお財布を失くしてしまうと、お金がないので焦ってしまうことに繋がります。
そうならないためにも、お財布全体が入るような深めのポケットにお財布を入れて、いつでも感触を確かめておく事で、お財布を失くさないようにすることができます。

3.お札と小銭入れを分けて持っておく

お財布を紛失しないためには、お札と小銭入れを分けて持っておきます。
まず、お財布を2つに分けることは、万が一、どちらかのお財布を失くしてしまったとしても、お金が手元に残ることになります。
お財布を1つにしていると、失くしたときに、一気にお金がない状態になってしまうのです。
お金がないという状態を避けるためにも、お札と小銭入れを分けて持っておくといいでしょう。
お札の方は、ポケットなどに入れず、鞄の中にしまっておくようにします。
小銭入れはすぐに使う事ができるように、ポケットの中に入れておくと便利です。
また、小銭入れには、万が一、お札が入っているお財布を失くしたときのために、千円札を1枚入れておくといいでしょう。
お財布を2つに分ける事で、もし失くしてしまったとしてもお金がない状態にならなくて済むのです。

4.ウォレットチェーンをつけておく

お財布を失くして困らないようにするためには、ウォレットチェーンをつけておくといいでしょう。
長財布などには良くあるウォレットチェーンですが、お財布を失くさないためにはとても有効です。
子どものころ、お使いに行くときに首から提げておくようなお財布を持たされた事があると思います。
あれは、首から外さない限りお財布を失くさないのでお金がないという事態にならず、子どものお使いにはとても重宝されるのです。
とはいえ、大人が首からお財布を提げていては格好悪いので、ウォレットチェーンを使うのです。
ベルトの穴などに引っ掛けておいて、その部分を触らないようにしておけば、お財布を失くす事はなくなります。
万が一、ポケットからお財布が落ちてしまったとしても、お財布が宙にぶら下がるだけなので、失くす事はないのです。
鞄に入れておくときも同様で、手提げなどであれば、その部分を通すようにチェーンをつけておけば、鞄から落としてしまうこともありません。
ウォレットチェーンは、お財布を失くさないための手段として、とても有効なのです。

5.アラームをつける

お財布を失くして困らないためには、、アラームをつけることも有効です。
「離れると音が鳴るアラーム」や「探し物発見器」のようなものをお財布につけておけば、万が一、落としたり、スリにあってしまったときにも、とても便利です。
ペアになっているアラームは、離れると音が鳴るので、1つをお財布につけて、もう一つを身につけておけば、一定の距離が出来たときにすぐに気付く事ができます。
海外旅行などでスリにあったときなどには、いち早く気付く事ができて、とても便利なのです。
「探し物発見器」は、電波を利用してペアリングを行う事で、探し物がどこにあるのかを知ることが出来ます。
家の中などの狭い範囲でお財布をなくしてしまったときに、すぐに見つける事ができる優れものです。
どちらの方法も、2つのストラップ状の受信機と発信機を使っています。
発見器は家の中で、アラームは外出するときに、と使い分ける事も可能です。
お財布を失くさないためには、アラームをつけるなどして、失くしたときにすぐに分かる仕組みを利用しておくことが大切です。

まとめ

1.置く場所を決めておく
2.外出中はポケットに入れておく
3.お札と小銭入れを分けて持っておく
4.ウォレットチェーンをつけておく
5.アラームをつける

編集後記

お財布を失くしてお金がない、困った!という経験がある人も、少なくないと思います。
ですが、少しの工夫をすれば、お財布を失くす事がなくなったり、お金がない状態を回避することができます。
お財布を失くしてしまわないように、しっかり管理をしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!