お金が無くてもできる心のリセット法「敢えて思いっきり泣いてみる」

shutterstock_228282631

たまには泣いてもいいんじゃない?

ツライことがあったり、不安を抱えたりして気分が落ち込んだ時に弱音を吐ける人が身近にいればいいですよね。でも、他人にはなかなか弱みを見せられない人も結構多いと思うんです。ましてや、お金が無いことを人に相談するのってより一層恥ずかしい漢字もします。そんなときは一人で思いっきり泣いてみると意外に心がスッキリする物です。別に落ち込む原因に向き合うんじゃなくても、泣ける動画を見たりするだけでも違うものですよ。

男女を問わずひそかなブームの涙活

オフィシャルサイト(http://www.ruikatsu.com/)なるものも存在し、「1か月に2~3分だけでも能動的に涙を流すことによって心のデトックスを図る活動」と書かれています。メディアでも度々取り上げられていますが、男女を問わず涙活をする会なんていうのも開かれているようです。特に人前で涙を見せにくい男性でも、気兼ねなく涙を流してリスレッシュできるということで結構人気みたいです。家でお金をかけずに涙活をすることもできるので、私のおススメを紹介していきます。

泣ける動画を見てみよう

動画サイトなどでも無料で視聴できて、思わず涙があふれてくる動画がたくさんアップロードされています。切ないながらも、どこか心が暖まる動画を見るとホロリときます。「号泣」、「涙腺崩壊」とか「感動」とかをキーワードに検索したら見つかります。ちょっと悲しい曲に乗せて、静止画を背景に文章がスクロールするタイプの動画が多いです。一番印象に残っているのが父子家庭の娘の結婚式の話です。娘が小さい頃に母が他界し、男で一つで育てられた娘が結婚する。そこで生前の母が結婚する娘に残したビデオが再生されたのです。続きが気になる人は見てみてくださいね。Youtubeにアップされている「友人の結婚式、亡き母からのビデオレター」というヤツです。まぁ、実話かどうかは定かではありませんが、野暮なことは言わずに黙って号泣しましょう。

感動する名曲を探してみよう

音楽で涙を流す人もいるかもしれません。過去や現在のつらい状況が歌詞とマッチしてると、これもまた目が勝手に汗をかきます。他にもつらい思いをしてた時にその曲を聞いて元気をもらったとかいうものがあれば、当時を乗り越えた今聞くと涙が出てくるかもしれません。私はどっちかというと後者の方がぐっとくるんですが、人それぞれ琴線に触れる曲は違うと思います。動画と違って泣かせに来てる曲はあんまり泣けないかな、という印象です。一方、冷静に聞いたらなんでもない歌詞が、ふとした拍子に心を動かす物です。手持ちの曲や動画サイトに上がっている曲がそんな涙腺崩壊曲に変わる瞬間があれば、多分あなたの心はリフレッシュを求めてるんじゃないでしょうか。我慢せずに思いっきり涙しましょう。

漫画で泣いてもいい

これはちょっとお金がかかってしまうかもしれませんが、思わず泣いてしまう漫画もいいですね。持ってる漫画に読んでいて泣いてしまったものがあれば読み返してみるのもいかもしれません。でも、やっぱり新鮮な気持ちで流す涙の方がリフレッシュできますよね。ネットで検索すればおすすめの号泣漫画の情報はいくらでも手に入れることができますから、ネットカフェへ行きましょう。最近私が呼んだのは週刊少年マガジンで連載していた「RAVE」です。

のどかな島で暮らす少年が、島外から来た老人を追手から助けるところから物語が始まります。老人は50年前の戦争を終わらせた英雄で、敵が使う兵器「ダークブリング」に対抗できる唯一の武器であるレイブの使い手でした。少年は老人と出会ったことでレイブの後継者となり、世界を救うたびに出ることを決意しました。

というのが大体のプロローグです。旅の中でレイブが作り出されたエピソードや、それにかかわった人物たちのドラマが描かれます。レイブを作った人物の墓を守るエピソードは今年一番泣きました。ただし、全35巻とちょっと長めです。手軽にサクッと泣きたい人はネットで泣ける短編なんかを探してみるのもいいかもしれません。

名作ゲームでも感動できる

他にも映画とか小説とか泣けるコンテンツはイロイロありますが、私にとって外せないのがゲームです。キャラクターを操作してたら感情移入もしやすいし、泣くにはもってこいだと思います。特にRPGは泣くためのストーリーが作りやすいこともあって、種類も豊富です。ファイナルファンタジー�はあまりにも有名ですよね。ここは同シリーズの中から私のおススメを紹介します。ずばりFF㈿です。

バロン王国は飛空艇を発明したことで、世界最強の軍事国家となった。飛空艇団の団長を務める主人公セシルは、育ての親でもあるバロン王の異変を感じていた。優しかったはずの陛下が他国の侵略を命じるようになったのだ。初めは命令に従うだけだったセシルはついに王に意義を唱えるも、国を追放されてしまう。旅する中で、ゴルベーザという男が自分の後継として飛空艇団の団長についたことを知る。

とまぁ、こんな感じで物語が始まっていきます。ゴルベーザやその配下と戦うたびになります。各地で頼れるたくさんの仲間ができますが、ことごとく散っていきます。オリジナルはスーファミですが、その後何度もリメイクされてDS版はフルボイスにもなっています。手軽にプレイするならPSVITAとかで移植版をダウンロードするのがいいでしょう。

まとめ

実は、私は一人暮らしを始めるまでは家族にも涙を見せたくない人間でした。でも実家を出て、20歳を過ぎたあたりからなんだか涙もろくなってしまったんです。それこそセカチューなんかは家族で見てて、感動はするけど涙は出なかったんです。ところが一人で見る感動できるドラマではもうボロボロ涙が出てきて・・・それで気が付いたんですけど、泣きたいときに涙を我慢するとなんか心につっかえるものが残るんです。それに比べて思いっきり泣くとドラマでモヤモヤした気分になったのも晴れるし、普段から抱えてた不安や悩みも少しスッキリします。何日間も気分が沈んでいて元気が出ないときは、思いっきり泣いてみてはいかがでしょうか。お金が無くてもできることはたくさんあるので、心をリセットして明日からまた元気に頑張りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金が無くてもできる心のリセット法「敢えて思いっきり泣いてみる」
3.3Overall Score
Reader Rating 1 Vote