雑費にかかるお金はどれだけ節約出来る?無駄を減らす5つの方法


雑費にかかるお金はどうやって節約していけば良いのでしょうか?

あまり意識していなくても、気付いたら多くのお金が無駄になっているという事も。こういうお金を意識する事によってしっかり節約していきたいですね。

1.雑費にかかるお金を把握する

雑費にかかるお金を節約するには、まずその内容を把握する事から始めていくのが大切です。いきなり節約しよう!と思ってもうまくはいきません。なぜなら、しっかり節約出来ているところもあれば、無駄になっているところもあるかもしれません。それよりも、駄目なところと良いところをしっかり把握する事で効率良く抑えていく方がストレスもかからずに済みますね。
例えば、中には雑費が数万円かかっているという方もいらっしゃるかと思います。雑費は細かなお金をまとめて集計する為によく使われている項目ですので、改めて見直してみてください。例えば、交通費だけで1万円を超えているという事であればそれは交通費に入るでしょう。
このように、実はそもそもの内訳が出来ていないという事も考えられます。まずは雑費の金額、そして、その用途などを書き出してチェックしてみてくださいね。

2.雑費の引き締めは節約の基本である

実は、雑費にかかるお金を減らすというのは節約の基本でもあります。固定費など毎月かかるお金を減らすというのも大切ですが、雑費も重要な項目なのです。
ある意味精神論になってしまいますが、細かなお金をちまちま使ってしまっている状況というのは、節約を考えるとあまり宜しくありません。逆に、小さなお金だからこそ多くなってしまうという傾向も見られます。実際、家計簿の診断などで中身を見ていると他の項目は非常に優秀なのに雑費だけが宜しくないという事も多いのです。
人によって何を雑費にするのかは異なりますが、実は無駄な使い方をしてしまった物をここに含める方が多いのです。それだけに引き締める事によって、家計全体の引き締めに繋がっていくのです。それをしっかり頭に入れておきたいですね。

3.情報にかかるお金を考える

情報にかかるお金を雑費に入れている方も多いのではないでしょうか。例えば新聞代や雑誌の購入費用などです。新聞に関してはお悔やみの情報もありますので、その為に購読している方もいらっしゃいますよね。
ポイントとなるのはそれ以外です。例えば、節約をしているとついついその情報が掲載された雑誌を購入してしまいがち。では、そういった雑誌は何故毎月ネタが切れないのでしょうか。それは、定番の情報を何度も回して掲載しているからなのです。
例えば、主婦の方の家計簿の診断や実際のやりくりなど。もちろん新しくて真似したいと思うような情報もあるでしょう。しかし、そのほとんどはインターネットでも簡単に調べる事が出来ます。中には質問サイトで丁寧に家計簿診断をしてくれる人がいるほどです。このように、無駄になってしまう事が多いので情報を求める為にという事で利用するのであればインターネットの活用を考えた方が良いですね。

4.他を節約する事で結果に繋がる

雑費だけではなく、他にかかるお金の節約を考える事で結果として雑費が節約出来るケースというのは非常に多いです。例えば、医療費を節約するために健康的な生活を心がけます。すると、つい手がのびてしまっていたお菓子にお金がかからなくなったりしますよね。
他にも、水道費を節約するためにはフライパンやお皿についた汚れを先に拭き取るという方法があります。ハギレなどを確保しておき、汚れを拭きとってから洗う事で水道費も洗剤にかかる費用も節約する事が出来ます。もちろん食器洗いだけではなく掃除の時にも使えますよね。
特にお子様の多い家ですと食べこぼしも多くなりますので、ウェットティッシュを用意したりしているご家庭も多いです。これは日用品や雑費の項目に入るかと思いますが、これも節約出来ますね。このように、他を節約する事で結果として雑費が抑えられるケースがあります。

5.雑費を節約するにはお金の項目も重要である

雑費を節約するにはお金の項目も重要です。そして、これは家計簿の大きな落とし穴とも言われています。例えば、大掃除の際にいくつも掃除道具を買い足したというケース。こういった場合は新たに項目を足して計算した方が良いでしょう。
項目を分けるのがめんどくさいという場合であれば特に問題は無いのですが、それぞれの項目の金額が大きくなってしまい、その結果として雑費にねじ込んでしまう方が実は多いのです。確かに今月はちょっと食費が多すぎる、という時にはついお菓子代などを雑費に入れてしまいたくなってしまいます。
このように、他の項目を雑費で補っている方がわりと多いのです。そして、それだと本当の意味での節約というのはなかなか身に付かないでしょう。雑費が多いと思ったら、ついそちらに入れてごまかしてしまっていないかチェックも必要です。

まとめ

1.雑費にかかるお金を把握する
2.雑費の引き締めは節約の基本である
3.情報にかかるお金を考える
4.他を節約する事で結果に繋がる
5.雑費を節約するにはお金の項目も重要である

編集後記

まずは雑費をどういう項目にするのかを考えていきましょう。もちろんあまり細かくなってしまうと家計簿も面倒になってしまいますが、あまりに大きいという場合には項目を分ける必要もありますね。節約中には、こうして自分に合ったお金の項目を決める事も大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

雑費にかかるお金はどれだけ節約出来る?無駄を減らす5つの方法
3.3Overall Score
Reader Rating 3 Votes