お金がない苦しみの世界から人の心を救う7つの説法

shutterstock_165801734

お金が沢山ある人は快楽を生む一方で、 お金がない人は実に多くの苦しみを体験しています。

この宇宙に存在する「お金がない苦しみの世界」というのは、一体どうやったら卒業して抜け出せることが出来るでしょうか?

1.「お金がない」=「欲」 暴走してる自分をまず止める必要がある

  • 「欲」に限りも終わりも無い。
  • 「欲」をコントロール出来るかがこの人生を楽しむコツ
  • 「お金」が実際はあるのに「足りない」と思い込んでいないか?
  • 「1億円」手に入れて満足出来るか?

100万円手に入れれば満足と思っていても辿り着けばつぎは1000万円欲しくなります。その1000万円が入れば一億円も欲しくなると思います。この無限連鎖、10億円、100億円、1000億円、そして10兆円まで続きます。なぜお金が欲しいか?? その心の動機が欲であれば結果は得られても永久にまだ求め続ける不幸の輪の中から抜け出せませんよね。お金がないという状況は「欲」の一種です。多くの方が生活費がなくて本当に生命の危機であればサラ金でも借りて繋げば良いでしょうが、多くの人はお金がないという社会の欲の無限連鎖の中で苦しむ事になっているのです。お金がないと言っても、勿論他国から見ればはんぱなくお金があるんですよ。

2.小鳥の歌声を聞く幸せ お金でも技術でも買えない

「お金で買えないものはない」

あなたは小鳥が歌う幸せを感じるでしょうか?まったく感じなければもしよかったら、ハワイにあるお金がない州に行くと良いでしょう。そこには

  • お金のない世界
  • 紙幣のない世界
  • 通貨のない世界
  • 貧富の差がない世界
  • 強盗のいない世界

お金のない世界では「所有」という概念から「共有」という概念に全ての考え方を改め変えていくことが必要。お金がない苦しみから解放されていきます。

3.幸せな人は「理想の自分と現実の自分」の乖離がない

「理想と現実の乖離が怒りに繋がる」

お金がない苦しみから解放を願う人が気をつけたいポイントは「乖離」です。理想の自分だけは愛すことが出来て、現実の自分は愛せないというのは非常に危険なパターンです。

  • 理想の自分
  • 現実の自分

たったこの2つが食い違うだけで本当に苦しみを生み続けます。

  • お金がある自分
  • お金がない自分

この2つも両方愛せてますか? 人生でお金がある時と無い時とその波が無い人はいません。理想の自分はイメージとして持つ事は素晴らしい。しかし、現実の自分を否定してまで抱く理想像というのは憎悪に繋がるので到達しても愛嬌は生まれないであろうと思う。お金がなくても現実の自分を愛す事で心の救いとなる。

4.あなたのお金はいま、輸血と止血どちらかが必要である

「入金<出費」

入金という響きや、銀行通帳に印字される音が好きです。それらは素晴らしいですが、どれだけ大きな大金のお金を手に入れても不幸になる人は不幸になるし、豊かになるお方もおられます。

  • お金が入って来て幸せになれる人
  • お金が入って来ても不幸になる人

この違いはなんでしょうか?入って来たお金以上にお金を使う人がそうです。お金とはサヨウナラすることになっていますね。出費>入金大丈夫ですか?お金がないという状況はまさにこれです。

5.年収や資産目当ての人間とは縁を切り付き合わない

「お金がない苦しみは、永久にお金を稼がなければならないという苦しみ」

  1. あなたには、お金がないのに幸せに生きる人を見抜く洞察力があります。
  2. あなたには、お金がなくても必要以上に責めたりしない人が周りにいるはずです。
  3. あなたには、お金がないのに、何かを与えてくれる人がいるはずです。

お金があって一喜一憂するその先には、永久にお金を稼がなければならないというプレッシャーとの戦いと苦しみがあり働く = お金が入る = お金を使う = お金がなくなる = 働くこのローテーションの構図がやがて、異性に年収や資産を奪うという悪意の意識に変容していき、終わりの無い、欲の連鎖が始まります。誰もお金の苦しみを救って上げる事は出来ません。一時与えてもまた繰り返すからです。人間関係でお金を超越した関係の構築を鍛える必要がある。お金がなくても会ってくれる人いますか?

6.不健康で病気の人はWHOの健康定義を知らない

「健康の定義にお金の要素は1/3以下」

お金がなくても健康で幸せになれます。WHO世界保健機関という、世界最大に健康に関する情報が寄せ集まる場所での「健康の定義」は以下です。

  1. スピリチュアル
  2. 肉体
  3. 社会

この3つが好循環を奏することが健康の定義であって、お金の額面は記載されておりません。健康に対する世界的な定義では、お金がなくても健康に幸せになれることがわかります。WHOによれば・・・

  • 肉体だけ鍛えても、精神が貧しければ幸せになれません。
  • スピリチュアルなことに長けても現実を直視出来なければ不幸になります。
  • 社会で貢献出来る自分、社会に必要とされる自分になれなければ幸せを感じられない

7.不幸な人はお金がない彼氏、お金がない彼女を選べない

「小さな成功を積み重ねよ」

例えいまはお金がなくとも、小さな成功を積み重ねている彼氏・彼女には未来があります。潜在意識に強く焼き込まれる言葉のフレーズとして代表的な強い思いが

  • 「やっぱり俺は・・・」
  • 「やっぱり私は・・・」

というものがあります。その「やっぱり」の先にある想いが自信を持って思っている「傾向」なので、実際の行動が積み重なるにつれ、人格形成が完了していきます。故に「やっぱり・・・」の後に続く言葉は前向きなものが連呼されている人はどんどん明るく幸せを導き輝きます。逆に、毎回宝くじに外れる彼氏・彼女は基本他人任せで、毎回不幸への道「やっぱり俺は外れて貧乏のままだ」という悪い意識の修練を積み重ねます。よって救いの施しようが少なくなります。

  • 宝くじをやらない彼氏・彼女
  • いまは貧乏でも小さな成功を溜め込んでいっている人

将来を見越して恋人を選ぶ必要があるのでは無いでしょうか?あなたの彼氏・彼女は小さな成功を積み重ねていますか?

まとめ

ここまで長文お読み頂き有り難うございました。参考になれば幸いです。 1.お金がないという「欲」で暴走してる自分をまず止める必要がある 2.小鳥が歌う幸せは、お金でも技術でも買えない 3.真に幸せな人は「理想の自分」「現実の自分」との乖離がない 4.あなたのお金はいま、輸血と止血どちらかが必要である 5.年収や資産目当ての人間とは縁を切り付き合わない 6.不健康で病気の人はWHOの健康定義を知らない 7.不幸な人はお金がない彼氏、お金がない彼女を選べない

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金がない苦しみの世界から人の心を救う7つの説法
3.3Overall Score
Reader Rating 3 Votes