お金を必要以上に崇めない「お金の奴隷から抜け出すマインドセットとは?」

shutterstock_294312155

お金を必要以上に崇めてしまうと、お金のための人生になってしまいます。

人の価値とお金の価値を上下で考えると、人が上で、お金は下なのです。

この関係をハッキリさせておかないと、お金だけを中心とした人生になってしまうのです。

お金は道具なのです。その道具を、どのようにより良く使うかということが人の責任であるのです。

お金に振り回されないようにする

ほとんどの人は、お金に振り回されて生きているので、お金を稼ぐことだけが中心になっているのです。もちろんお金を稼ぐことは必要なのですが、お金を貰うために奴隷のようになってしまっている人が多いのです。

それが仕事なのですが、「仕事を何のためにやっているのか」と聞くと、大抵の人は「お金を貰うため」と答えます。お金を貰うために仕事をしているというのは、一見ごく普通のことのように思えるのすが、仕事というのは、社会に貢献するためにやるのが、前提であるべきなのです。

なぜならば、まず社会がなければ、仕事自体が成り立たないからです。同じ仕事をするにしても、会社に勤めているにしても、より大きな目的のために仕事をしているという意識が必要なのです。

それは給料の多い、少ないということではなく、大きな目的のためという意識がない人は、お金の奴隷になってしまうのです。お金の奴隷になると、お金に振り回されてしまう生き方になってしまうのです。

お金を見る角度を変えてみる

お金の価値は、お金としての価値しかないのです。札束は紙であり、小銭はコインであり、通帳の預金は数字でしかないのです。

もちろんそのお金を多く持っていれば、それだけ多くの物やサービスと交換することができるのですが、お金そのものの価値は変わらないのです。

お金というのは、より良く生きるための道具に過ぎないので、道具としての見方ができないとお金に振り回されたり、お金の奴隷になってしますのです。社会というのは人と人で成り立っているのです。

今は資本主義時代であるので、お金で成り立っているようにも思えるのですが、それは錯覚であって、お金を使う人間で成り立っているということなのです。

資本がお金であるので、お金を沢山持っている人が中心の世の中になっていますが、社会の中心はあくまでも人と人のつながりで成り立っているということなのです。

お金は人のために使う道具

お金を自分のために使うか、他の誰かのために使うかの違いはありますが、どちらにしても人のために使うということなのです。お金のために人を使うというのは、人を奴隷に扱っているのと同じことであるのです。

お金に対する考え方というのを明確にしてお.かないと、必要以上にお金を崇めるようになってしまうので、お金に対する感情もネガティブになっていくのです。どんな道具でも使い方によって、その道具の価値を発揮できるか、できないかが決まっていくのです。

お金の使い方も同じで、より大きな目的のために使うことができれば、生きたお金の使い方ができるようになっていくのです。

お金の奴隷から抜け出すマインドセット

お金に対する考え方を変えるだけで、何をするにしても、お金の奴隷から解放されていくのです。お金の奴隷とは、お金のために働く人であり、お金の奴隷ではない人はより大きな目的のために働く人であって、その報酬としてお金を貰う人であるのです。

ただどちらも同じ働くということをしているので、傍から見れば何も変わりません。なので気持ちの持ち方の違いだけなのです。でもこの気持ちの持ち方で、どのように仕事をするのかというのは、後々に大きな差がついてくるのです。

同じ仕事をしているときには、その差はわかりませんが、仕事内容が変わったとき、転職するときに大きく変わってくるのです。どんな人であっても、どんな仕事であっても、お金の奴隷にはなってはいけないのです。

報酬に対する考え方

報酬というのは、与えた価値の10分の1が貰えると考えた方がいいのです。なので報酬が決まっている、あるいは時間での報酬であるのであれば、10倍の価値を提供することを考えた方がいいのです。

例えば、時給1000円であれば、1万円の価値を与えるという意識が必要なのです。

そのような考え方ができる人は、お金の奴隷になることはありません。なぜなら働くときの意識が違うからです。

奴隷になる人は、どれだけ楽をして儲けるかを考える人であるので、いつまで経っても奴隷生活から抜けられないのです。

まとめ

多くの人はお金を必要以上に崇めてしまうので、お金の奴隷になりやすいのです。

お金の奴隷のままでいると、お金に振り回されてしまうので、お金の変動で気持ちまで揺らいでしまうのです。

そうなると、いつもお金のために不安と恐怖を感じてしまうので、お金に気持ちを奪われてしまうのです。

なのでお金がいくらあっても、必要以上にお金を崇めないで、道具としての視点から見るようにすることが、大切なマインドになっていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金を必要以上に崇めない「お金の奴隷から抜け出すマインドセットとは?」
Reader Rating 5 Votes