相続した家と土地を維持するため今すぐお金が必要に!

shutterstock_267556253

月1回は草刈りをしなければなりません

実家は長野県だが仕事の都合で女房子供と山梨県に住んでいます。

4年ほど前に親父が亡くなって実家と土地を相続したが、住めないので今は別荘状態です。

でも維持管理が必要。そんな中、2年前に1年半ほど奈良に単身赴任になってしまって困りました。

草刈り

梨畑とリンゴ畑と田んぼ。田んぼとリンゴ畑は借り手がみつかったので、とりあえずは一安心。

でも梨畑と庭と空き地があります。5月から10月頃までは草が生えてきます。

周りの家や農家に迷惑がかかるといけないので手入れは必用です。

長野県と山梨県、直線距離だと60kmくらいなのだが、南アルプスが行く手を遮るので大きく迂回、ちょうど正三角形の頂点から頂点まで、遠い方を通ることになります、で、120km、こうなるとちょっと行ってくるという訳にはいかない距離です、気の利いた交通機関も無いので自動車で通っていました。

奈良からだと遠い

さて、奈良からだとどうなるか・・・

車では5時間以上かかるので、流石に無理です。名古屋から伊那谷までは高速バス。バス停から家までは1,5kmくらい、これなら歩けます。

名古屋から奈良までは近鉄を使います。

単身赴任なので、山梨県までは月2回帰宅旅費をいただいて帰る事ができます、だから特急や新幹線は使えますが、長野の実家はそうはいかないので自腹で往復するしかありません。

早朝に出て、大福駅から名古屋まで鈍行と快速の乗継です、昼頃に名古屋へ到着、1時間ほどの待ちで高速バス、着くのは3時ころになります。

約7.5時間。夕方と次の日の午前中で草刈り、午後2時30分ころにバスに乗って逆に帰って、奈良に着くのは11時ころ。

けっこう大変ですが、なんとか1万円くらいで往復できます。

草刈りだって時間がかかる

草刈りにかかる時間は・・・というと順調にいって3時間くらいです。

草刈り機は乗用は中古でも30万くらいします、今まで使っていた自走のものは老朽化著しく、新品で20万くらいなので意を決して購入しました。

さすがにビーバータイプではでは厳しいものがあります。

草刈り機は鉄のプロペラを回して草を粉砕していきます、草があまり無いと地面を叩くので土ぼこりがすごい、顔は真っ黒、鼻の中も真っ黒になって大変です。

できればしっかり伸びてから刈りたいところだが、通うのも大変なので、あとひと月後を想像して判断します。

あまり伸過ぎると草も丈夫なので、低速でいかないと負けてしまって、刈るのに時間がかかります。

ひどいときは2度刈しないとダメな時があり、その時は本当にまいりました。

食費はどうしよう

なるべくお金をかけたくないのは交通費だけじゃなくて食費もである。

宿泊料は自分ちだから只だけど、一日だけ泊まるのに自炊は大変だ、かといって食材を買い込んでもお金がかかる、このときはいただきもののソーメンがあったので、行く度にソーメンばかり食べていた。

ソーメンと言えば奈良の大福駅は、桜井市の隣なのだが、桜井市は三輪ソーメンの産地で本場だった。お勧めである。

まとめ

一生懸命節約して草刈りをしても、怖いのは固定資産税です。今すぐお金が必要。泣きが入ります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

相続した家と土地を維持するため今すぐお金が必要に!
Reader Rating 1 Vote