財布にもやさしくて料理の腕も上がる!一石二鳥の節約術

shutterstock_156648278

お金がないなら節約料理

 お金がないときにできる楽しみといえば節約料理でしょう。私はお金がない時に節約料理を色々作って楽しんでいました。お金がなくて毎日料理を作っていたので気づけば料理がとてもうまくなりました。財布にもやさしくて、料理の腕も上がるので一石二鳥です。

外食に比べるとかなり安上がり

 自炊をするととても節約になります。

外食中心の生活から自炊中心の生活にするだけで、月に1万から2万円くらい節約になります。私が本当にお金がない時は、最小限の食材を使いまわしていたので、一食200〜300円くらいでそれなりの量を食べることができました。

外食すると安くても500〜600円はかかるので、一食で300円違います。昼と晩だけでも一か月にすると約1万8000円ほどの違いになります。お金がない私にとっては、これはかなり大きな節約です。

 これに加えて出勤時や外出時には飲み物をペットボトルや水筒に入れておけば完璧です。コンビニや自動販売機で飲み物を買うのはすごく無駄遣いです。それに、コンビニに入ると不要な買い物までしてしまいます。

冷蔵庫にあるもので料理

 節約料理の基本というのは、できる限り冷蔵庫にあるものを使って済ませることです。最初は頭を悩ませますが、クックパッドというレシピを公開している便利なサイトを利用していました。

食材からレシピを検索することができるので、冷蔵庫にある食材を検索すれば、食材を有効活用することができます。
 ある程度慣れてくれば、クックパッドを見なくても献立が思いつくようになりますし、自分の好きな味付けや材料を入れてアレンジもできるようになってきます。

自炊は健康にも良い

 外食が多くなると、行くお店も大体同じようなお店になってしまいます。

お金がないと、丼ものかカレーかラーメンが多くなります。そうすると栄養が偏ってしまうので健康にもよくありません。

健康のためには魚や野菜をしっかり摂らなければいけませんが、魚や野菜が豊富に食べられるお店というのはあまり多くありません。あったとしてもかなり割高になってしまう場合がほとんどです。

 自炊ですと栄養バランスを自分で調整することができるので、非常に健康的です。外食では高くなってしまう野菜や魚も、割安で食べることができます。

自分の好きな物が食べられる

 やはり自炊の醍醐味というのは、自分の食べたいものが自由に食べられるということです。その点外食ですと、食べたい料理のお店が近くにないと食べられないですし、どうしても食べたいと思うと、遠くのお店に行かなくてはいけません。
 スーパーに行けば、ある程度の食材は揃っています。東京なんかですと、駅周辺に数店舗スーパーがあるので、食材をそろえるのに困ることはあまりありません。

居酒屋に行かなくても良い

 お金がないとどうしても飲みに行く回数が減ってしまいます。お酒が好きな人はつらいかもしれません。

しかし、料理ができるようになると、わざわざ飲み屋に行かなくても家飲みすることができます。友達を呼んで家で飲めば、飲み代も安く抑えることができます。

 居酒屋のメニューを実際に作ってみると、本当にお金がかからない物ばかりです。自炊してみると居酒屋にどれだけ無駄なお金を払っていたのかがわかります。

 外で飲むとお店によっては時間制限がありますし、終電の時間を気にしながら飲まなくてはいけません。自宅であれば飲みすぎて終電を逃す心配もないですし、タクシーに乗って無駄な出費をすることもありません。酔っぱらってもそのまま眠れば迷惑もかけません。

ボリュームを調整できる

 
 外食でツラいのが、量が少なかったり、逆に多すぎたりすることがあることです。私は結構量を食べる方なので、外食すると物足りないことがよくあります。自炊ですと自分にあった量に調整することができます。少食であまり量を食べないという人も必要な分だけ作れるので、残してもったいないなんてことはありません。

 作りすぎて余ったとしても、冷蔵庫にいれて保存もできます。あえて多めに作っておいて作り置きできるのも自炊の良さです。

節約の基本は料理

 色々な節約術がありますが、一番の節約は自炊をすることでしょう。実際、外食ばかりしていた時期に比べると、自炊するようになってからはかなり出費を抑えられるようになりました。水道・光熱費を節約するよりも顕著に節約できます。  特に一人暮らしだとどうしても外食したくなります。しかし、料理のコツを学んでしまえば短時間で作ることができますし、何より料理をするのが楽しくなります。  節約料理で自炊をした経験は、かならず役に立ちます。ある程度お金ができても節約した分貯金もできますし。面倒くさくて家から出たくなくても、家にあるもので済ませてしまうこともできます。  休みの日などは、友達を招いて手料理を振舞ってみるも楽しいものです。美味しいと言ってもらうのは本当に嬉しいです。  女性・男性に限らず、料理ができると異性からするとポイントアップにもなります。節約もできておいしいごはんが食べられて、しかもモテるなんて一石二鳥どころか、一石三鳥ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

財布にもやさしくて料理の腕も上がる!一石二鳥の節約術
Reader Rating 1 Vote