お金がない!あるある「今思えば貧乏生活も良い経験」

shutterstock_267311033

お金がない時によくあること

 お金がない時には色々な経験をします。今思えば笑い話にできるようなこともいっぱいあります。今だから笑って話せるあるあるをまとめてみました。きっと共感してくれる人もいると思います。
 

食生活がすごい

 究極にお金がなくなると、食生活もすごいことになります。私がよくやっていたのは、大量のパスタをまとめ買いして、パスタのローテーションです。パスタは1キロくらいまとめて買うとすごくお得になります。

お金がない生活を経験したことがあるひとは分かると思いますが、麺類はとても重宝します。

 私の場合ですと、たまねぎとピーマンを常備しておきます。それに加えて、業務スーパーでベーコンをまとめ買いしておきます。

ベーコンは生肉と違い、長持ちします。これだけあれば、ソースや調味料を変化させてカルボナーラやペペロンチーノ、あとはナポリタンの黄金ローテーションができます。たまに、変化をつけたいときはミートソースの缶詰を買ってかけます。

私ではないですが、パスタをソース無しで食べてすごしたという強者もいます。やきそばで1か月すごしている人もいました。麺類は強い味方です。
 他には、大根ばっかり食べたり、豆腐ばっかり食べている時期もありました。

電気などが止められる

 本当にお金がない時なんかだと、電気代が払えなくて電気を止められることもありました。急いでコンビニで支払いを済ませようと思ったのですが、部屋が真っ暗なので、公共料金の支払票が見つかりません。このときは電気料金の回収に直接来てもらって、ことなきをえました。

 ガスを止められた時も大変です。夏場ならまだしも、冬場だとシャワーをあびることすらできません。
 携帯電話が止められて音信不通になることもありました。この時は周りから心配されてしまいます。

スーパーの割引シール

 遅い時間になると、スーパーの惣菜や弁当に割引シールが貼られます。このタイミングを見計らってスーパーに行きます。早めに来てしまって、まだシールが貼られていない場合は、店内をずっとウロウロします。定価で買うことは絶対にしません。

しかし、曜日によってはほとんど残っていないこともあります。そんな時は何件か回って探します。スーパーの割引シールには助けられたという人もいっぱいいると思います。

 その点、コンビニなんてほとんど利用しません。コンビニは誘惑も多い上に、すべて定価で売られているので、弁当も飲物もすべて高くなります。

部屋に引きこもる

 お金がないと、とりあえず家の中に引きこもります。家の中でもできることはいっぱいあるのでツラくはなかったです。飲みに誘われても、とりあえず言い訳を考えます。飲み会は貧乏の敵です。絶対に行きません。

 しかも部屋の電気はとても暗くします。電気代がもったいないからです。電化製品もほとんど動いていません。唯一パソコンだけは開いて、ひたすらYouTubeばかり観ていました。Youtubeは無料で動画や音楽が見れるので、貧乏の強い味方です。

ユニクロですら買い物ができない

 私は服が好きなので、よくブランド物の服屋さんを見て回ります。お金がない時は、ただ見るだけで決して買うことはありません。その足でユニクロにも行くのですが、ユニクロで散々まよったあげくに何も買いません。買ったとしても靴下か下着くらいです。

 結局は激安の古着屋さんで最小限の物だけを買って帰ります。もちろん、目的の物しか買いません。衝動買いも一切しません。というか、できません。それでも古着屋さんには掘り出し物がたくさんあるので、大満足で帰ります。

バイトはまかないが重要

 私は学生時代コンビニでアルバイトをしていました。その理由というのが、廃棄になる弁当がもらえるからです。出勤時に食べるのはもちろんのこと、コンビニの弁当は賞味期限がきれてもなかなか腐りません。家に持って帰って1日分の食料を確保できます。

 あとは飲食店もまかないが出ます。まかない目的で飲食店でアルバイトをしている人もいっぱいいると思います。

意外と太る

 お金がないとやせ細っていくかと思われますが、実は太ります。自炊をすると、外食に比べて結構量を食べられるので、どうしても食べすぎてしまいます。たまに外食をすることがあってもファーストフードばかりなのでカロリーは高くなります。お金がない人の発想は、カロリーが少ない物を選ぶのではなく、安くてカロリーの高い物を選ぼうとします。

 しかも外に出ないで引きこもるので運動不足になります。痩せられません。

今では良い思い出

 今でこそある程度余裕ができましたが、学生の頃なんかはすごくお金がない生活をしていました。その当時は本当に大変な思いをしていましたが、今思えば良い笑い話にもなります。同じような境遇の人は結構いて、貧乏苦労話はとても盛り上げります。  お金がないからといってネガティブにならないで、笑い話にしてやろうと思うと楽しくなります。あれだけお金がなくても、今生きてちゃんと問題なく暮らせています。実際どうにかなります。  あの時の苦労があったから、ある程度お金に困っても動じることはありません。今思えば貧乏生活も良い経験でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金がない!あるある「今思えば貧乏生活も良い経験」
Reader Rating 4 Votes