大量に消費をする社会に違和感!「どんなことからでも学ぶ姿勢の大切さとは」

shutterstock_197730584

お金がない時にも学ぶことがある

 お金がないと、どうしてもマイナスのことを考えてしまいます。将来の不安だとか、欲しい物があっても買えないなどと思ってしまいます。お金がないと何もできないのでしょうか。私はそんなことはありませんでした。お金がない生活から学べたこともたくさんあります。

お金の大切さを学んだ

 お金がない生活をしていると、お金の大切さを知ることができます。無駄な物は買わないようにしますし、少ないものでも満足する心が身につきます。買い物をする時も、本当に必要なものなのか、他に買うべきものはないのかと、考えるようになります。

 どんなに金持ちでも、欲望のままに買っていては、生活は破綻してしまいます。実際、大金を手にしたものの、豪遊のあまり破産してしまう人達はいくらでもいます。物欲をコントロールする術を、お金がない中で学んだと思います。

 ウォーレン・バフェットという世界でもトップクラスのお金持ちがいます。彼は非常に質素な生活をしているそうです。家も普通の大きさで、コーラとファーストフードが好物だそうです。感情をコントロールして物欲を抑えることが、どれだけ大切かを体現した、良い見本だと思います。

もったいないの精神

 お金がないと、モノを大切にするようになります。買ったものは壊れないように大切に扱いますし、すぐに捨てたり買い換えたりしません。すぐ壊したり、捨てたりしてしまうことは本当にもったいないことです。

たとえ壊れたとしても、修理に出して長く使うようにします。

 料理をする時もできるだけ食材を無駄にしないようにします。食事は絶対に残さないようにします。日用品も最後まで無駄なく使い切ります。

 資源も食料も無限にあるわけではありません。みんなが無駄遣いをして、好き勝手に消費していると、いつか資源や食糧が足りなくなってしまうかもしれません。それを防ぐためにも、もったいないの精神が必要不可欠になると思います。

小さなことに幸せを感じる

 お金がない生活の中で、写真を撮ったり、絵を描いたり、お金がかからない楽しみもたくさんあります。そういった趣味を持つことで、小さなことでも楽しむことができるようになりました。

 実際、お金をかけずとも幸せになれることはたくさんあります。夕日が綺麗だとか、綺麗な花が咲いたとか、外に出ればいくらでもあります。
 少ない物で満足できるようにのもなりました。小さな贈り物でも嬉しいですし、感謝するようになります。

お金がない人の気持ちを知る

 お金がない人の気持ちは、その経験がないと理解できないものです。お金がない人を無理に誘ったりはしませんし、お金がなくても楽しめることを共有することができます。こんな節約料理を作ったとか、給料日前をこうやって乗り切ったとか、お金がない時の苦労話をして盛り上がることもあります。

 お金にある程度余裕ができた時は、お金がない人の助けになろう思います。お金がない時に他の人に助けてもらった分、同じ苦労をしている人には同じように振舞おうと思います。

時間を大切にする

 お金をたくさん持つ人もいれば、少ないお金で暮らしている人もいます。お金というのは本当に不公平なものです。しかし、時間というのは全ての人の平等に与えられています。お金がないのであれば、その分時間を有効に使うように努力します。

 お金がないからといって、家でダラダラしているのはすごくもったいないことです。他の人が遊んでいる間も、時間を有効に使えば、お金がなくても豊かな生活ができます。

 お金がない生活を一生続けるわけにはいかないと思います。将来家庭を持って、子供の養育費が必要になります。老後の蓄えも必要になります。そのことを考えると少し不安になることもあります。だからこそ、将来のためにも、自己の成長になるように時間を大切に使い、人一倍努力するようになったと思います。

お金では買えないこともたくさんある

 たとえたくさんお金を持ったとしても、買えないものはたくさんあります。

 やはり、家族との絆であったり、友達とのつながりといったものはお金では買うことはできません。それらの大切さを知ることができます。お金のためだけに長時間働いていては、家族との絆や友達とのつながりを得ることができません。

 健康もそうです。お金のために働きすぎて健康を害してしまっては元も子もありません。
 大切な人との絆やつながり、そして健康であることが何よりの幸せです。お金がない中でも、そういったことに目を向けるようになりました。

どんなことからでも学ぶ姿勢が大切

 お金がないからといって、悲観的になってはいけません。お金がない生活からでも、いくらでも学ぶことができます。むしろ、お金がないからこそ学べることもあります。どんなことからでも学ぶ姿勢が大切だと思います。  大量に生産して、大量に消費をする社会に違和感を感じます。お金をいっぱい持っていることが重要視されていますが、お金だけがすべてではないはずです。  小さなことで満足すること、物を大切にする心はなくしてはいけないと思います。お金がない生活を通して多くのことを学ぶことができました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

大量に消費をする社会に違和感!「どんなことからでも学ぶ姿勢の大切さとは」
Reader Rating 1 Vote