金欠を乗り切れ!ルールと習慣の生活のすすめ

金欠の時はルールをまもって暮らそう

一日1400円。

これは、わたしたち夫婦の生活費の目安です。食費だけでなく、食費や交遊費などを含めた金額で、1ヶ月を約30日として約42000円となります。

今回は、一日1400円で過ごすわたしたち夫婦が見つけた、年収300万円以下で楽に暮らす方法をご紹介します。

1400円ルール

前述のとおり、わたしたちの1ヶ月に必要なお金は約42000円ですが、それに夫のお小遣いと予備のお金を入れた合計6万円を、まずお給料日に口座から下ろして行きます。

主婦を始めたばかりの頃は手もとにお金がなくなったらその都度下ろしに行くという方法を取っていたのですが、それでは手間ですし、なによりついつい使ってしまうことがわかり、この方法に変えました。

一度に下ろしてしまえば、1ヶ月、お財布に入っている分だけで生活すればいいだけなので、簡単なのです。

わたしは、1400円という数字を意識し、ルールとしています。

お惣菜は買わない

お惣菜は便利なのでつい買ってしまいそうになりますが、多くは一品で200円を超えてしまうため、1400円生活においては不経済です。

また、お惣菜は材料の産地がわからないことが多く、人工甘味料や保存料を多く含むため健康を考えて購入しないようにしています。

料理は、出来るだけ一度にたくさんつくって小分けにし、冷凍することで手間もお金も省くことが可能です。

よく、手間ひまかけて、と言いますが、主婦も人間です。

料理の時間が長いと疲れてしまい料理が嫌いになってしまうので、なるべく時短で済ませられるメニューにします。

セールでも買い込みは禁止

以前、セールで安くなっているからと安易に買い込んでしまい、思いもよらぬ金額になってしまった経験があります。

人の心理は不思議で、得をしようとして、セールと聞くと財布の紐が緩んでしまうのですね。

実際は、さほど値引きはされていないのですが…。

それからというもの、わたしはセールのときでも、せいぜい1400分×3日分、4200円程度までにとどめるようにしています。

その後2日はお金を使わないことも大切です。

セールでお金を使ったのに、次の日もお金を使ってしまうと赤字になってしまいます。

セールの文字に惑わされず、一日1400円ルールのほうを守っていくと、余計な出費はありません。

ちょっとした外食

いくらお金がないとはいえ、いつも家の食事では飽きてしまいます。

1400円生活でも、ちょっとした外食はしたいもの。

このとき、余分に下ろしておいた予備が活躍します。

1400円を超えた部分を、予備で補うのです。

たとえば二人で2000円分の外食をしたら、600円は予備の中から出す、といった形です。

これなら、一週間に一度は外食ができるので、夫婦の気分転換になります。

移動は自転車で

車を持たないわたしたちは、少し遠いところに行こうというとき、以前はよく電車を使っていました。

しかし、大した金額でないはずなのに、なぜか月末には赤字に…。

電車代は、一見安く見えますが二人分の行き帰りを含めると結構な金額になるのです。

よって、いまは電車ではなく、自転車を使っています。

自転車は運動にもなりますし、夫婦でサイクリングも楽しいですよ。

わたしはそろそろ体脂肪が気になる年齢なので、筋力アップも狙いながら無理のない範囲で自転車移動を楽しんでいます。

わざわざジムに通う必要もありません。

まとめ

主婦となり、一日に1400円しか使えないとわかったとき、これは生活出来るのかと不安になりました。 親元で暮らしていたときには、家計を親に任せきりで楽をしていたためやりくりもわからず、我が家は初め赤字続きでした。 しかし、人間、与えられた境遇の中でなんとか生きようとするものです。 失敗しては学び、次に生かし、初めて1ヶ月42000円で過ごせた時、主婦としてのレベルが上がったような気持ちになりました。 未だに赤字を出してしまう時もあります。けれど、確実に以前よりは減りました。 また、ルールとは、我慢ばかりでなく、楽しみながら生活が出来てこそ成り立つものだと思います。 一日1000円で暮らせたとしても、それで家族が辛い思いばかりではなんの意味もありません。 もっと工夫をし、知恵を凝らし、一日1400円で充分、となったとき、おそらく今より楽しい生活が出来ているはず。 それを楽しみに、これからもお金のない生活を楽しんでいこうとおもいます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

金欠を乗り切れ!ルールと習慣の生活のすすめ
Reader Rating 2 Votes