そんなにお金が欲しい理由はなんですか?「お金で幸せは買えない」

shutterstock_161358791

お金が欲しいのはなんのためですか。

お金が欲しいのは、なんのためでしょうか?

生活のために決まっているでしょう、という方が多い世知がない世の中ではありますが、子供のため、老後のため、介護のため、美味しいものを食べるため、遊ぶため、旅行に行くため、洋服やバッグや靴やアクセサリーを買うためetc.いろんな欲望、切望の中、お金が欲しくない人はいないと思います。

いるかもしれませんが。

生活費のため

家賃、食費、水道光熱費。税金。どんなに節約しても、生きている限り、出ていってしまうお金。

切り詰められるところは、ギリギリまで切り詰めて、出ていくお金を最小限にすることが、節約の一歩。

家賃は変わらないので、将来を考えて、もっと安い物件を探してみて、引っ越しをした場合、結果的に節約できることはあります。

食費は、工夫次第です。テレビ番組の1カ月をいくらで暮らす、という企画がありました。

やればできる、こともあります。

食べずには生きていけませんが、食費を切り詰めることは十分にできます。水道光熱費も使い方です。

電気をつけっぱなし、水を出しっぱなし、なんて、まったくのNG行為です。

税金は難しいですが、会社員でなければ自分で調べて、少しでも安くできる努力をしましょう。

生活費も、節約すれば、お金が残る場合もあります。お金が欲しい人は、まず、毎日の生活を見直すことから、習慣づけましょう。

子供のため、老後のため、介護のため

子供がいればお金がかかります。少子化になっている中で、子供を産み育てる人が苦しむことはなくさなければなりません。

老後のためにお金を貯めなければならない、今の貯金だけでは心配でたまらない。

介護は更に難しい問題です。自分で介護を頑張ることが良いわけでなく、お金をかけた分のサービスはあるけれど、介護サービスは老人病人と弱い人のお世話になり、生活に密着していますから、サービスの仕方や、サービスをする人との相性次第で、お金ではない苦労が発生します。

お金があれば、よりよい教育を受けさせることができ、よりよい介護をしてあげることができ、よりよい老後を送ることができます。

家族のこと、老後のことを、真面目に考えている人。心配したらキリがありません。

日ごろから、行政のサービスを確認して、様々なサービスを利用して、自分だけで考えずに、自分の時間を少しでも多く作って、働くにせよ、遊ぶにせよ、広い視野を持ちましょう。

贅沢したいからお金が欲しい

贅沢したくてお金が欲しい人は、ドンドン働いて、ドンドン稼いで、ドンドン贅沢しましょう。

それも人生です。

でも、買い物依存症で、サラ金でお金を借りて、返せなくなる、というのはイケマセン。

買い物依存症は病気ですが、女性に多く、男性の場合はギャンブル依存症が同様の症状です。

ただ贅沢したいというのも、ストレスからくるのか、見栄からくるのか、自分へのご褒美としての贅沢なのか、色々ありますが、自分で稼いだお金をどう使おうと、それは自由です。

使いすぎて、お金がなくなってしまい、お金が欲しいと嘆くのか、また頑張って稼ごうと思えるのか、人それぞれです。

長い人生の一瞬なのか、あっという間の短い人生の一瞬なのか、贅沢したことが、自分の励みになるようなお金の使い方なら、誰も何も言いません。

趣味を楽しみたいからお金が欲しい

人の趣味は千差万別です。物凄くお金がかかる趣味もあれば、お金がかからない趣味もあります。

悪趣味と言われる趣味もあり、理解できないほど、趣味にのめりこんでいる人もいます。

趣味のために破産した人もいます。

趣味がなくて、つまらないという人もいますが、楽しみ方を知らないだけです。

散歩だって趣味ですし、人間観察だって趣味になります。

趣味だけではなく、何事も、行き過ぎやり過ぎは禁物ですが。

趣味のためのお金の使い方は難しいです。

自分で稼いだお金だからと、ご主人が趣味の車にお金を使いすぎて家計がもたないと嘆く奥さまもいます。

自分の趣味でお金が欲しい、ご主人の趣味のためにお金がなくなり、お金が欲しい。

趣味のためですから、稼ぐしかありません。

趣味がお金になれば、そんな素晴らしいことはありませんが。

 

お金が欲しいなら

お金が欲しいなら、お金を稼ぐか、節約するか、お金を借りるか、でしょうか。

お金を拾う。

これは、警察に届けなければなりません。

お金をもらう。

これは、親からか誰かからか、そんなこともあるでしょう。

それは、有難く頂戴したら良いでしょう。

ところで、そのお金は何のために欲しいのでしょうか。

金は天下の回り物と言いますが、そんなに簡単には回ってきません。

頑張って努力して、これでもかって努力して、そうしたら、神様が見ていてくれた、といった感じで、回ってくることはあるのでしょう。

例えば、介護で働く時間も作れない場合は、行政が助けてくれます。

相談しましょう。

お金が欲しい理由がはっきりしていれば、ゲットの仕方も決まってくるのではないでしょうか。

お金は欲しい。

誰もが実はわかっている。本当は、お金ではなく、幸せが欲しい。 お金がないから幸せになれないと思っている人は多くいて、だからお金が欲しいと、思うのです。 満たされた生活が、お金がある生活なのか、大切な家族がいる生活なのか、満たされている基準は何なのでしょうか。 基準は、「幸せ」でしょう。 でも、お金で幸せは買えないのです。 幸せは販売されていませんから。 お金が欲しい。 でも本当は幸せが欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

そんなにお金が欲しい理由はなんですか?「お金で幸せは買えない」
Reader Rating 4 Votes