お金持ちには簡単なようで続けるのが難しい習慣がある

shutterstock_309882386

3つだけでいいので実行するとお金が貯まるものです。

お金持ちはお金を持っている人でしょうか?

これでは表現が足りません。1億円持っていればお金持ちに見えますが、来月それを全部使ってしまったら駄目です。

お金を持ち続けられる人がお金持ちといえるのです。

お金を持ち続けるというのは実は!

一つ目は健康で居ることです。

病気怪我はお金持ちの人が一番嫌うことです。

入院費でいくらかかるのか、手術や治療費に幾らかかるのか。そして薬に幾らかかるのかをすべて心得ています。

何円という具体的な金額ではなく、おおよそどのくらいかかるのかを把握している人もいます。
しかし、無駄なお金がかかるという考えを皆持っているものです。

どうせお金をかけるなら病院で味気ない食事つきの宿泊を余儀なくされるよりも、温泉つきの優雅な夕食を味わいながら宿泊することを望むものです。

彼らは健康のみがその望みをかなえることが出来る、最善の方法であることを知っているのです。

ゆえに、病気や怪我が起きない予防をします。ましてそうした事態になったときには最短で直せる為に任意保険という物にしっかりはいり治療に専念するのです。

そこまで徹底して健康でいることへの情報収集をします。

健康食品や暴飲暴食予防等は初歩中の考えで、睡眠時間や休憩なども効果的になることであれば積極的に取るものです。

最初に考えて実行してみましょう。

無駄は省くという考え方

省エネという考え方は今や世界規模で起こっている話しです。

限りある資源ですから使いたい放題は絶対にゆるされません。

自分さえ良ければ言いという発想は実はお金持ちの考え方から大分逸脱しています。

映画やテレビでそうした人を見るのはせめてそういう作品の中でお金の無い自分達の鬱憤を晴らせればという、さもしい考え方かそうしているとさえいえます。

よくお金の無い人は怒りっぽいといいます。
車でもぶつかると真っ先に文句を言って弁償だけではすまないと全てをふんだくってやろうという剣幕でおこります。

これがもし本当であるならば別の角度、別の世界でお金を持っている人としかいえません。

理由はお金があるのですから踏んだくる必要が無いのです。むしろ当てられて怒るところなのに怪我が無かったか心配までしていまいます。

そして怒る意味が無いことを知っているので、元に戻してくれれば言いとだけ言い残すはずです。

いつの間にか、そうした寛大さをもった人がお金持ちであるのに、まるで間逆の贅沢のきわみのような人種として思い描かせてしまっているのです。

無駄が一番嫌いで、そうした利にならない労力をなるべく回避する考え方が彼らの根底にあります。

お金が無くなっていくことが稼ぐよりも早いことを痛切に考える彼らは、無駄がそれを助長させていることすら十分理解しています。
ですから、家の中もきれいに片付いています。掃除が徹底しています。

冷蔵庫の中身も整理整頓されています。
食材で溢れかえっていると食べきれずに捨てるしかないことを知っているからです。

掃除が行き届かなければ家具も電化製品も寿命を早めることを理解しているのです。

やらないことを前提にして暮すくらいならそれこそいらないとはっきりいえるのが彼らのライフスタイルです。

上手です。非常に上手です。

無駄が嫌いな彼らはとにかく時間の使い方が上手です。
これこそ、今すぐにでも、だれにでも出来て彼らの考え方の踏襲がしやすいものです。

就寝、起床から起きている間のスケジュール、まるで学校の時間割のように過ごすかれらです。

おそらく家庭環境からそうした習慣づけがなされてきたからなのでしょう。
早起きが健康にいいからという理由で行うのは少しずれています。

早起きすることで頭の活性を遅らせないようにしたいだけです。
健康は朝の散歩や通勤時に出来るだけ歩くことで解消させようとします。

早起きしたから出来ることではありますが、頭も同時にスッキリするということで散歩をしているものです。

仮にどうしても時間が作れないときはトイレに入りながら少し体を鍛えるようなことをしているものです。

仕事場に言ってもスケジュールがびっしりです。
当然突発的なスケジュール変化や新たにアポイントを取らなければならない事態も出てきます。

しかし決してあわてませんしあきらめません。

先方が今日だというのならば、わずかな時間であっても隙間をつくり自信をもって「YES]ということでしょう。

時間だけが彼らのお金を生み出す最大の武器なのです。

お金持ちはどこまで行ってもやさしい。

時間の使いかたでお金が無い人を最も違ってくることがあります。

あわてない、あせらない、そしてあたらないです。
時間がぎりぎりでも決してあせったりはしません。

無理な行動で怪我をすることを知っているからです。
あわてることでミスが増えればやり直しを余儀なくされてしまいます。

うまくいかなくなった瞬間本当なら誰かのせいにししてそのふがいない結果に腹を立てながら当たってしまうことでしょう。

しかし絶対にそういうことをしないのが彼らなのです。

しかも、しかもです、彼らとかかわりを持つ人たちは同じような肌をもった人々ですから怒ったりもしません。

現場について二人して怒鳴りあっているお金持ちをみたことがあるでしょうか?

もしそうならば、それは仲間でもない単なるけんか相手なだけです。

お金持ちはそんな大きな遅れでも小さなおくれでも寛大で、次回に何かしてあげるくらいの思いやりすら兼ね備えているものです。

器のでかさが彼らの魅力

全てが余裕とゆとりで活きているのです。

それは時間という限りないものの中で生きている事を常に意識しています。

一生をどのように過ごすのか、ゴールを決めながらすごしているためです。

お金がためられない人は今どのように生きれば辛いことから逃れられるかに目線がいってしまいます。

しかしお金のある人は同じ今をどうするかの答えを出す時には最終目標がそこになるのだから今やるべき事は何なのかという根本的な考え方の違いがあるのです。

頑張ってやっていけば目標に到達できると信じるからこそ、全てに余裕が生まれてくるのです。

もし間に合わないと思うならやり方を全て変えてしまうくらいの器のでかさをもっているものなのです。

お金持ちは何にもまして優しさいの固まりなのです。

結局優しい人をみかけたら気軽に声をかけて友達になって見ましょう。自分以上にお金を持っているはずです。 電車にのって席を譲る人もそうですが、お金もちは自分が座ろうが座らなかろうが気にしません。 むしろ困っている人に情けをかけて対処することの重大さを知っているものです。 それが、そうした行動がやがて彼らを成長させて、売りになるようなことで徳が得として返ってくるとわかっているからなのです。 優しくするという習慣は3つの当たり前の習慣を通じて出てきた態度なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金持ちには簡単なようで続けるのが難しい習慣がある
Reader Rating 2 Votes