節約生活のコツはいたってシンプルだった

「お金がない」原因

「お金がない」多くの人が抱える問題の1つです。お金がない状況には必ず原因がありますので、それらを、1つ1つ分析し「お金がない」と嘆く日々をなくしていきましょう。

 

収入が少なくお金がないパターン

大方、「お金がない」という場合、このパターンが当てはまることが多いのではないでしょうか。この場合、「お金がない」といわないようにするには、2つの方法しかありません。

1つは、支出を減らす、もう1つは、収入を増やすという事です。すごく、当たり前の様な事ですが、これを意識しているか否かで、お金への考え方、使い方その他諸々が変わっていきます。得てして、「お金がない」というときには、収入が少ないという場合が多いのではないかと感じます。

私自身、「お金がない」と感じて、あくせくしていたのは、まさにこの収入が少なくお金がないパターンのときだったと思います。

毎日の支出を見直して減らす

時々いますよね、あまり稼ぎがあるわけではないのに貯蓄額が結構ある方。投資等によって資産運用している場合も当然あると思いますが、それは後半で述べることとして、いわゆる「節約型」の場合です。

この場合、まずは現状把握、すなわち、毎日・毎週・毎月、何にお金を使っているのかというのを把握することから始めます。何事も、問題解決には、現状把握と原因を探らねばなりません。今回の問題解決のミッションは「お金がない」と感じないようにするという事です。言ってみれば、家計簿を毎日つけるようにすることからスタートすることが、現状把握のはじめの一歩となるのではないでしょうか。

月末にまとめて領収書等を書きこむようなスタイルでは、お金を何にどれくらい使っているかを実感できませんので、毎日続けることが肝要です。

しかし、実際やってみると結構面倒です。交通費○○円、お昼○○円、文房具代○○円等々。そこで、ここは、スマホアプリの『マネーフォアード』を使ってみましょう。感動するくらい楽に家計簿が毎日作れて、グラフ化や割合等も自動計算してくれます。

『マネーフォアード』を使用して、現状把握をしてみると、必ず無駄な部分が見えてきます。私の場合は生命保険料と食費が過剰な部分でした。非常に使いやすいアプリですので、使ってみると簡単に習慣化することが出来ると思います。そして、無駄なところを排除する。まずは、支出を減らすというところから始めてみましょう。
 

収入を増やす

 
収入を増やす、「それが出来れば苦労はしない!」という声が聞こえてきそうですが、ちょっとだけ考えてみてください。

収入を増やす方法はいったいどのようなものがあるのか。一般的には、現在の給与を上げるというのが、正攻法的な回答であると思います。

しかし、実際問題、現在の給与を上げるといった場合、上司に相談したところでおそらく無意味ですから(それで事が解決するなら、上司は自分の上司に同じことをして社長まで行くはずです。)、転職によって給与を上げるというのが現実的な給与の上げ方といえます。それでは、転職サイトに登録をして案件を見てましょう。今まで真面目にやってきた人であれば、意外と転職することが可能であるというのがわかるはずです。

もちろんそこには、年齢の壁や資格等の壁というのがありますが、スキルがあるのであれば、かなりの確率で面接まではこぎつけることが出来ます。また、転職サイトにはエージェントと呼ばれる、転職条件についてのあなたの代理人が専属でつくことが多いです。

私は、1度転職をしたことがありますが、エージェントのスキルもかなり転職条件を左右することになります。ただ、こればかりは運なので、良いエージェントに巡り合うことを祈るしかありません。

転職は「お金がない」から脱出への必須条件か

これは、人それぞれとしか言いようがありません。実際、転職すればかなり大きな確率で収入は上がります。しかしその一方で、今までと環境が変わります。上級職に就くとなれば管理者としての責任が増えますし、新しい職場である以上、職場仲間は一から作らねばなりません。

今までは、ツーカーでやってきたコミュニケーションも通用しないかもしれません。これらの要素を勘案したうえで、転職をするかどうかの比較考量をしてほしいと思います。

私の場合は、スタッフレベルから管理職への転職でしたので、責任感の重みが増したという点で、初めの1ヶ月はお腹が痛くなりました。しかし、仕事やプロジェクトを成功させないと、まさに当時、私を苦しめていた責任が一気に降りかかってくるわけですから、一心不乱に働きました。

そうすると、結局、仕事を通して新しい仕事仲間が出来、環境やコミュニケーションにも慣れていきます。収入が上がる分、責任も増しますが、それは時間と共に適度な責任(転職初めの過度なプレッシャーからの解放)に落ち着くこととなりますので、初めの1ヶ月、耐えればなんてことはないというのが、私見ではあります。

新たな収入源を確保する

これは、通常の仕事とは別の収入源を確保するという意味です。

方法として真っ先に思いつかれるだろうものが資産運用ではないでしょうか。しかし、資産運用だけでなく、他にも異なる収入源を確保する方法はたくさんあります。たとえば、週末起業、フリーランスとして内職をしてみる、印税収入などです。

これらは、自分の時間をお金に換えるというものですので、資産運用のように元本割れのリスクという物がありません。そういった意味では、確実な新たな収入源を確保できるといえるのではないでしょうか。

資産運用を除く新たな収入源の確保については、インターネットで「内職」・「ライティング」・「フリーランス」などと調べてみると、より多くの情報が得られると思います。
 

収入と支出の2点が「お金がない」の原因

 今まで述べてきましたように、つまるところ収入と支出を管理できれば、「お金がない」とあわてることはありません。 ただ、その管理というのを継続するのを怠ってしまうがゆえに、「お金がない」という状況にまた陥ってしまうという悪循環になっているのです。この悪循環を断ち切るため、まずは、支出を把握し、見直す。収入について再考する。この2点の実行を強く勧めます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

節約生活のコツはいたってシンプルだった
Reader Rating 1 Vote